スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
珍しい現象が起きました!
- 2016/10/06(Thu) -


何気なく空を見上げるとスポットライトが照らされてるかの様に雲があり得ない程、スパッと切れてました。
最初、太陽光が射してるのかと思っていたんですけど、画像の通りあり得ない状況でビックリ∑(゚Д゚)⁈

翌日、関東で地震が発生したので、地震雲の現象だったんだと1人で納得しております(笑)
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | ▲ top
ご無沙汰しております「Kikurage」ですm(_ _)mペコリ!
- 2012/08/02(Thu) -
夏の癒し食べ物

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

前回のブログ更新が滞ってから2年以上が経過してしまいました。

それでも私のブログへ訪問して下さった皆さんにお詫びとお礼を申し上げます。

ブログの更新出来なかった間、私事で色々ありましてPCから離れておりました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



今年も大変暑い季節がやって参りました。

私は、ダイエットを考えて今年は体の「基礎代謝」を上げる為

スーパー銭湯の岩盤浴に入ったり、ホットヨガ的なものをやったり

代謝を上げる飲み物(烏龍茶・浅煎りコーヒー)などを飲んで体質改善を

図っております。

代謝を上げると体が熱くなって大量の汗を掻くのでたまには冷たい癒しデザート

が食べたくなります。

写真は、行きつけのスーパー銭湯のカキ氷アイスです~♪

安くて美味しいんです(^^)b



前回のブログ(2年前)に貴重なコメントを頂いたのですが

間違えて不要なコメントと一緒に削除してしまいました。

コメントを頂いた方にこの場をかりましてお詫び申し上げます。

Kikurage

この記事のURL | 日記 | CM(2) | ▲ top
Wiiの間で…
- 2010/04/17(Sat) -
ご無沙汰です!

現在も何とか健在のKikurageですm(_ _)m

皆さんは、Wiiというゲーム機はご存知でしょうか?

任天堂から発売している体を使ったゲームなどアクション的な要素に特化した

ゲーム機です。

Wii自体、家族皆で楽しめるというのがコンセプトにあるらしく

コンテンツは豊富なようです。

Wiiをインターネットに繋ぐと、無料&有料の色々なコンテンツが

ダウンロードできます。

その中で、Wiiの間という無料のチャンネルがあるのですが

Wiiの間チャンネルも色々コンテンツが豊富で生活で役立つ

情報が沢山配信されてます。

Wiiの間で、3月~4月の期間限定で「新しい事を始めよう」という懸賞がありまして

私は「家庭菜園を始めよう」という物に応募しました。

そして半月後…

景品1

なんと、その懸賞に当選して、景品が届きました!!

中は、家庭菜園栽培セット

景品2

懸賞って応募すれば結構な割合で当たるもんだなぁ~なんて思います(笑)

セットの中にあったのは、ガーデンベビーの種!

これから日の当たるベランダで菜園を始めようと思います。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | ▲ top
インド料理……
- 2008/02/04(Mon) -
知り合いに連れられて、インド料理のお店に行った。

西武新宿線沼袋駅南口を出て直ぐの所。

「新・インド料理たんどーる」と言うお店。

料理は店主一人で作る為、お店は然程広くは無いけど、注文した料理のどれもが絶品。

新・インド料理とは、インド料理に和風の食材をミックスさせた「たんどーる」のご主人オリジナル料理なので、とても食べ易くて美味しかった。

まだ制覇していない他のメニューもあるので、是非また来ようと心で誓う私だった。


食したリスト

噂の!鶏肉の梅カレー、極上梅干しマサラ、チーズナン、たんどーる自慢のタンドリーチキン、スパイスライス、ラッシー。
この記事のURL | 日記 | CM(3) | ▲ top
物語紹介
- 2008/01/22(Tue) -
BBステーションCMサイトと言う所でUPされている「木蓮の香り」と言うスライドショーアニメを紹介します。


「木蓮の香り」

久しぶりの田舎で母・娘と水入らずのひと時。

夫が亡くなってもう2年。

娘の成長を見守りながら時の流れの早さを感じる沙織。

沙織の苦労をくみ取り、祖母の残した着物を持ち帰るようにと勧める母。

衣装箪笥をそっと開けてみると、いつも私を包んでくれたあの懐かしくも優しい香りが部屋一
面に広がったのだった…。

(本サイトのあらすじから抜粋)


「木蓮の香り」本編はこちら
この記事のURL | 日記 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。