スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鋼構造的追跡者 (10)
- 2007/07/21(Sat) -
 早苗の視線の先には、外人らしき男女が2人立っていた。
距離にして12、3メートル程。
2人とも、きちっとした黒っぽい服装で、何かをお互いに話し合っている様である。
そう、この二人とは、他でもないカーソンとヒラリーである。
「早苗さん?」
 不思議そうに、声を掛け直す晴美。
 すると、はっと我に返ったかの様に、晴美の言葉に反応した。
「あっ、うん。ゴメン。何でもない。そうだ、早くクレープ食べちゃわないとだね!」
 晴美の方に笑顔を見せると、早苗は、クレープを頬張った。
結局、その後、3人で笑い話に花を咲かせながら、クレープを食べるが、早苗だけは、たまにカーソンとヒラリーの方向をチラッと視線を移しては、首を傾け何か思いに耽ていた。
そして、3人がクレープを食べ終わる頃には、カーソンとヒラリーの姿もその場から立ち去った後であった。
「あ~美味しかったぁ。南国フルーツは、後引く美味しさだねぇ~。本格的に商品化しないかな?」
 一番最初に、クレープを食べ終えた潤子が早くも、そう言う。
「私は、味、ボリューム共に満足だし、本格的な商品化は、十分可能性あると思う!でも、もし、そうなったら、夏季限定になるだろうけどね」
 晴美もクレープを食べ終わるなり、潤子に対してそう答える。
「特に、マンゴーのあのフルティーな食感と味が最高に良かったわ!初めてココナッツミルクタピオカ入りを食べた時と同じ様な感動を味わえたわ。ふふふ!」
 早苗も、とても満足そうに答えた。
「あの…、もっと一緒にお話したい所なんだけど、この後個人的に用事があるから、行き成りだけど、この辺で失礼するわね」
 そして、そう続けて早苗は2人に対して、申し訳なさそうに答えた。
「そんなに気にしないで早苗さん。私達は、早苗さんのおかげで、限定クレープを買えて、こんな楽しい時間を過ごせたんだから、逆に感謝してるわ。有難う」
 早苗の態度を見て、慌てて手を振りながら、そう返す晴美。
「そうだよ!本当に、早苗ちんには、感謝だよ~!これからも、放課後時間があったら、色々な所を回ろうね!」
 潤子も満面な笑みで、早苗の前に手でピースをした。
「2人とも有難う。そう言ってもらえると、救われた気分だわ。多分、2人とは帰る方角が逆よね。じゃあ、此処でお別れしましょう。また明日、学校で会いましょうね」
「うん。早苗ちん!バイバイ!」
「早苗さん、今日は、有難うね。また明日ね」
 晴美と潤子は、揃って早苗に手を振る。
 早苗は、それに答える様に、後ろ向きで、手を振り返す。
晴美と潤子の2人と別れた早苗は、一人黙々と帰り道を歩き出した。
しかし、表情は、ボーっとして、自分の世界に入っているかの様な状態だった。
当然、クレープを食べる時に、ふと早苗の視界に入った、2人の人物の事が気になって仕方が無いのである。
早苗は、その2人を見て以来、ずっと頭の中で考えていた。
何故なら、早苗自身、その2人組みとは、お互いに面識も無く、知らないのである。
しかし、早苗は、明らかに見覚えのあるその2人組み。
自分とは、全く面識が無いにも拘らず、見覚えのある人物。
この矛盾する事態が、早苗の脳をフル回転させているのだ。
だが、早苗は必死に、何故自分がその二人組みを知っているのか、考えているが、思い出せない状態である。
「あ~、もう何で、思い出せないかな?」
釈然としないもどかしさに苛まれ、早苗は、文句の独り言を言う。
「でも、最近見掛けた筈なのよ多分ね。でも、それが何所だったか思い出せないわねぇ~」
 無意識に眼鏡を手で直しつつ、思考を更に廻らせる。
「ん~~~、ん~~~~~~っ、ダメだぁ。全然思い出せ無い。悔しいけど、後でまた考えましょう。その内、何かの調子に、ふと思い出せるかもしれないし」
 早苗は、埒の明かない考え事に煮詰まると、考える事を止め、スパッと思考を切り替えた。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(5) | ▲ top
以前、山梨にて・・・・
- 2007/07/16(Mon) -
サトウニシキ


以前(1ヶ月半前)、家族揃って山梨のサクランボ狩りへ行って来まして、その時撮った写真です☆

サクランボの王様、サトウニシキです♪
美味しいからと、調子に乗って、食べ過ぎましてお腹をこわした事は、言うまでもありません(^^;)
でも、それぐらい美味しかったんです。

他にも、高砂(たかさご)と、もう一つは名前を忘れてしまったのですが、その3種類を食べました。
この記事のURL | 写真 | CM(5) | ▲ top
鋼構造的追跡者(9)
- 2007/07/11(Wed) -

+

3時も、20分程が過ぎようとした頃、晴美、潤子、早苗の3人は、漸く例の限定クレープを買う事が出来た。
晴美達の後には、未だ整理券を握り締めた限定クレープを買い求めた客が、ずらりと並んでいる。
シャンスト・ロッドなるクレープ屋の今日限りの限定クレープは、その大きさ故に、普通のクレープ生地を2枚使用し、中身には、旬な夏をイメージしたバナナ、パイナップル、スターフルーツ、マンゴー、パパイヤ、スイカと、6種類もの南国フルーツ三昧な果肉に、ホイップクリームをふんだんに使用してコーティングし、補強の為に最後3枚目のクレープ生地を更にその外側から巻くと言う何とも豪快なクレープの姿であった。
大きさで言えば、潤子のお気に入り〝店長スペシャル〟と同等の大きさ。
しかし、中身は、南国フルーツのオンパレードと言う魅力的且つ未知な領域に眼が釘付けになる潤子である。
3人は、無事にクレープを買い終えると、クレープ屋の前に広がるテーブルを見渡すが、どの席も開いている様子が無く、仕方が無く3人は、何処か落ち着いて限定クレープを食べられる所を探し始めた。
「流石に限定クレープ販売日だけあって、テーブルが空いてないねぇ~。こんな人が混んでるの初めて見たよぉ!」
 限定クレープを片手に、シャンスト・ロッドのテーブルが満席と言う、普段では絶対に有り得ない光景を異様な表情で見渡す潤子。
晴美と早苗も潤子と同じ様に見渡しながら、その既に満席になっているテーブルの間をすり抜けて、路地から商店街の通りに出る。
「想像以上の混みようだったわねぇ~。口にさえ出さなかったけど、内心ちょっと、もしかしたら買えないかもって、不安だった」
 晴美は、一息吐いて、並んでいた時の本音を二人に明かす。
「あら、意外!潤子さんに大丈夫って説得してた、晴美さんから不安の言葉が出るなんて!」
 眼を大きく広げ、少々驚きの表情を晴美に向ける早苗。
「う、うん。学校を早めに切り上げてまでして、並んだでしょ。あの時は、潤子に不安を煽る言葉はマイナスと思ってたから、あの様な言葉しか潤子に掛けられなかったのよ。でも、もし限定クレープが買えなかった時の潤子のリアクションを想像するだけで、恐くて恐くて仕方なかったの」
「成る程!つまり、晴美さんの不安要素は、限定クレープが買えるか買えないよりも、買えなかった時の潤子さんの態度が気掛かりだったのね」
 早苗は、納得した様に頷くと、眼鏡の淵を人差し指で触れながら、そう答えた。
「子供かっ、私はっ!例え、限定クレープが買えなかったとしても、それを直ぐ態度で表す程幼稚じゃない。酷いよ二人ともぉ~」
 そう言いつつも、若干、剥れる潤子は、晴美の方へと振り向く。
すると、そこには、眼を極端に細め、しらっとした冷たい視線を潤子に送る晴美の姿があった。
「ごめんなさい。言い過ぎました。晴美さんの仰る通りです……。だから、その人を突き放す様な視線だけは止めてぇ~」
 晴美の視線を痛い程に受ける潤子は、堪らずに、先ほど自ら言い放った言葉を撤回し、肯定する。

「あはははは!」

 晴美と潤子のそんなやり取りを見て、腹を抱え、笑い始める早苗だった。
晴美と潤子は、突然笑い出した早苗に対して、呆気に取られる。
「ふふふ…ゴメンゴメン!何か、二人のやり取りを見てると本当に可笑しくて、学校でもそんな感じだもんね。ほんと、良いコンビよ彼方達」
「そうそう。潤子のせいで、いつもペース乱されっぱなしなのよ。早苗さん、潤子がもっと人に気を遣えるように、学級委員として、きつ~く説教して上げて」
「あぁ~、人を売る様な真似を~!晴美許さん!!」
 晴美と潤子の軽い罵り合いに割って入るように早苗も会話に加わり、次第に会話の中で笑い声が多くなり、いつの間にか早苗もこの二人のペースに流されていたのだった。
会話も弾んだまま、本来の目的である座れる場所を探す3人は、商店街を抜け、駅のロータリーに備え付けてあるベンチに座る事にした。
「さぁ!待ちに待った限定クレープを食べよう!いただきま~す」
 ベンチに座ると、早々に限定クレープを豪快に口へ運ぶ潤子は、口を動かしながら、しっかりと味わう。
「どう?限定クレープのお味は?美味しい?」
 最初にクレープを口に運んだ潤子に、感想を求める晴美。
「………さ、最高ですよ晴美さん!南国のフルーツが、ホイップクリームに良く絡んで、絶妙な味が口の中に広がります。並んで良かった。並んだ甲斐がありました」
 眼を輝かせ、メルヘンの世界を堪能しているかの様な、ご満悦と言わんばかりの表現で、晴美に感想を告げる潤子。
潤子の感想を聞いた晴美もクレープを口に運ぶ。そして、晴美もまた潤子と同様に、美味しいと言葉に出さなくても分かる位の表情を浮かべた。
「早苗さんも、早く食べた方が良いよ。本当に、この限定クレープ美味しいから!」
 絶賛しながら晴美は限定クレープを進める様、早苗に声を掛ける。
しかし、本来、待ちに待った限定クレープを手にして、嬉しい筈の早苗は、ある一点をボーっと見つめたままだった
この記事のURL | 自作小説 | CM(7) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。