スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 高所の徘徊者 (4)
- 2006/06/18(Sun) -
                2


 時刻は、もう直ぐ、夜の八時を回ろうとしている。二人は、家から自分の通っている学校を通り過ぎて、駅の地下通路を潜り、商店街を抜けて、高層ビルが点々と建ち並ぶオフィス街に足を運んでいた。
 この場所は、晴美の家と晴美が通っている学校側を、駅で挟んだ反対側に位置している。晴美自身、あまり来た事が無いのか、慣れない足取りで、きょろきょろ周りを見回し、観察しながら歩いた。
 季節は秋真っ只中。乾燥した冷たい風が、ビルとビルの間を通り唸る。辺りのビルは、まだ電気が点いていて、さほど暗くは無かった。
 辺りの様子は、至って普通のオフィス街だった。しかし、ゲルドリックの視界に入っている物は、普通では無かった。
「やはりな。予想通りだ」
 ビルとビルの間の高層部を凝視しながら、ゲルドリックは呟いた。
「どうしたの?幽霊でも見つけたの?」
 そう尋ねて、ゲルドリックの見ている方向を、目で追う。
「あれは………、線?」
「ねえ、リック。私には、何も見えないんだけど。何処を見ているの?」
「晴美には見えないだろうが、微かにエネルギーの赤白い残光が、ビルとビルを繋ぐ線の様に見える」
 ゲルドリックはエネルギーの残光を見ていた。普通の人間である晴美には、見えるはずも無く、もはや、術者でしか分からない領域だった。
「晴美。その辺で、隠れてろ」
「え?」
「いいから、早く!」
 いち早く状況の変化に気づいたゲルドリックは、晴美に最善の指示を出した。晴美もゲルドリックの対応に、ただならぬ事態を把握し、素早くビルの物陰に隠れた。
 すると、ビルの間の路地から若い男が、ぬらり、と姿を現した。


スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<[Necro Boy] 高所の徘徊者 (5) | メイン | 最近なんですが・・、>>
コメント
-来ました(^o^)/-
2章(ですよね?)突入しましたね。
何だか、わくわくしてきました。
2006/06/19 04:54  | URL | イソギントリオ #-[ 編集] |  ▲ top

--
うわっ、超気になる。。
2006/06/19 23:25  | URL | 仕 #-[ 編集] |  ▲ top

-どうもです^^-
おふた方様>

そう言って頂けますと、励みになります。
遅いなりに、がんばりたいと思います。
2006/06/20 07:45  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
ゲルドリックさんたちの前に、早速何者かが姿を現しましたね。
今後の展開に期待します
2007/02/14 12:46  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top

--
要さん

こんばんはです(^0^)/

噂話の犯人が等々現れました。
危険を察知したゲルドリックは、晴美に隠れる様に指示。
今後も、ハラハラの展開が続きます!
2007/02/15 04:15  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/10-f851c0d9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。