スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 自然共存を求む者 (48)
- 2006/12/27(Wed) -

ガガジー達の移動は、とても早い。体の色を無視すれば、本当に影である。
 ゲルドリックが、防衛手段として、左手で一匹のガガジーを対象として黒炎を放ち、放たれた黒炎は、真っ直ぐな軌道でガガジーへと向うが、ガガジーは避け様ともしない。
 当然の如く、ガガジーへヒットするかに見えた黒炎は、ガガジーの体を透き通った。
「チッ!やはり無効かッ……!」
 半分予想していた通りの結果に、舌打ちをするゲルドリック。
 そんな現状を目の当たりにしても、その場から離れようとせずに留まっている。
 そう。彼は動かないのではない。その場から動けない理由があるのだ。
 ゲルドリックは既に、地面に放たれた魔導術を放っている。その場から離れると言う事は、その魔導術を不完全のまま切り捨てると言う事なのである。
 当然ゲルドリックは、限りある魔導エネルギーを、そんな無駄にする事はしない。魔導術を放った以上、有効活用するのが魔導使いの鉄則だからであった。
 そもそも、この現状を切り抜ける上で、ゲルドリックの心配しているのは、直接ガガジーに対してではない。
 ガガジーの何らかの影響を受けて、自分が放った魔導術の失敗する事を、大いに恐れているのだった。
 ガガジーは、2匹ともゲルドリックを通り過ぎる。
 意外なガガジーの行動に、いつ、どの様な形で襲って来るのか分からない不安を抱えながら、顔を顰める。
「恐怖を味わうのは、これからよ。ゲルドリック!」
 リシェットの声に、ガガジーを眼で追っていたゲルドリックが向き直った。
「!!?」
 その瞬間、リシェットは再び、先程ゲルドリックへ向けて放った光眩い閃光を放つ妖精を出現させたのだった。
 咄嗟に腕で、直接妖精の閃光を視界に入れない様に眼を覆うゲルドリック。
「さっきのカビは、彼方には効かなかった様だけど、これはどうかしらね?」
 宙に浮かぶ妖精は、真っ直ぐにゲルドリックへと空間を滑走しだした。
「また、俺に対して眼暗ましのつもりか?もしそうなら、同じ手は……!?」
 話している途中で、肩から刺す様な激痛に駆られるゲルドリック。直ぐにその肩へ触れて見ると、掌に血が付いていた。
 ゲルドリックの肩は、完全に怪我を負っている。しかし、直接ガガジーや妖精からは攻撃を受けた気配や形跡が全く無く、非常に奇怪。
「グァッ!!」
 今度は、脚に激痛が走り、思わず声を上げた。
 激痛のする箇所をを見下ろすと、肩と同じで、既に膝上辺りに怪我を負っていて、ゲルドリックは傷口の形を確認する。
 すると、その傷口は、千切られた様な後が残っていた。
 そして、ゲルドリックは、何かに気付くと、ガガジーの方向へ眼を向ける。
 そこのは、ゲルドリックの頭上に浮く妖精の閃光が、まるでスポットライトを浴びているかの様にくっきりと長く伸びるゲルドリックの影を映し出していた。
 くっきりと地面に映し出されたゲルドリックの影を狙って、ガガジーが噛み付かんばかりの体勢を構えていたのであった。
 リシェットの妖精とガガジー。それぞれの特性を生かした高度な攻撃手法。
 ゲルドリックと同様に、リシェットも又、効率良く計算された魔導術を高度に駆使出来る逸材であった。







なかなか、ゲルドリックの攻めに転じれない展開ですので、そろそろゲルドリックに花を持たせて上げたい私です(>_<;)
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<[Necro Boy] 自然共存を求む者 (49) | メイン | 2006年にByeByeバトンっす!>>
コメント
-おはようございます-
昨日は千葉は凄い雨でした(ToT)
夜中に雷が落ちたみたいで
思わず飛び起きてしまいました。

そちらは大丈夫でしたか?

い・・・
イタタタタタッッッ!!Σ(´Д`;)
まま・まさか「影」を狙ってくるなんて!
しかも千切るって!!
リックがボロボロになっちゃうよ!(ToT)
頑張って、リック!!

バトン、ありがとうございます(*^^*)
バトン好きな私としましては
とても嬉しいです♪
もう1つのブログでやっていいですか?


2006/12/27 08:06  | URL | かんげつ #-[ 編集] |  ▲ top

--
kikurageさん、こんばんは♪
どうやって戦うんだ!と思っていたら、影対影・・・一方的な攻撃が始まってしまいましたね。
驚きの攻撃の数々、ホントにリシェットさん、凄いです。
リック、確かに受け手ばかりなので、そろそろ活躍を読ませていただきたい~!!
花を持たせてあげてください!!kikurageさんv-435
2006/12/27 22:16  | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんわw
こうして見ていると、リシェットさんはかなりの強敵なのではないかと・・・執念って凄いなと思いました・・・ゲルドリックもやられっぱなしでは終わらないタイプかと思いますのでそろそろ決着も見えてくるのでしょうか!?
ここまで強気になれるリシェットさん・・・いろんな技が出てくるのでどう対処するのか楽しみですww考えのつかない技が沢山でてくるので面白いですよ~!!
2006/12/27 23:08  | URL | ひづきまよ #-[ 編集] |  ▲ top

--
かんげつさん

こんばんはです(^0^)/

昨日は、本当に土砂降りの雨でした。
途中で雷も轟かせておりましたね。
近くの川が驚くほどに水位が上がっておりました(^^;)
お近くに落ちたのですか!?
雷の音って、突発的なので、ビックリしてしまいますよね。


ガガジーは、影を狙っております。
直接、リックへではなく、あくまで、影を狙っている点と、直接攻撃出来ない点とで、リックが手出し出来ない様です。
応援有難うございます♪
そろそろ、リックッ!反撃の準備を・・・!

いえいえ、私の方こそバトンを受け取って頂きまして、感謝しております!
どうぞ、もう一つのブログの方で、ご使用くださいませ(^^)


kazu osinoさん

こんばんはです(^0^)/

影への攻撃を開始致しましたガガジーです。
とても、リックからしましたら、やり辛い展開です(>_<;)
リシェットの執念凄しです。

畏まりました。
リック~!そろそろ反撃じゃい!
ラジャーッ!(エッ!?ソンナカンタンデイイノ?


ひづきまよさん

こんばんはです(^0^)/

セグナとも戦って、リックとも戦いそしてリックを苦戦させるリシェットさんは、凄強です。
作者の私もリックが勝てるか心配です(オイ!マテ!

有難うございます。
魔導術は、本当に不可解なワザです。複雑とは思いますが、宜しくお願い致します。
これからも精進させて頂きます!
2006/12/28 01:14  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/28 18:38  | | #[ 編集] |  ▲ top

--
本編に大分遅れての訪問でごめんなさい<m(__)m>

しかし、一気読みの甲斐のある、やっぱりNecro Boyは面白いです!
ナメナメさんから始まって、カビに影、リシェットさんの技のレパートリーは華麗にして多彩です!

千切るで、かまいたちを連想した私;;
リックの反撃、待ってます!
2006/12/28 22:30  | URL | あきらら #-[ 編集] |  ▲ top

--
あきららさん

いえいえ、読んで頂いて、本当に感謝です。有難うございますm(_ _)mペコリ
まるで手品師の様に、次々と出現させるリシェットです。彼女の魔導は、底知れませんね(^0^)
面白いと言って頂けますと、とても綴り甲斐がありますし、大変嬉しいです。
更に精進致しまして、執筆活動に励みたいと思います!

そろそろ、リックの反撃をさせて上げたい所です。
次回、急激な展開を迎えます☆
2006/12/29 00:34  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
ガガジーと妖精の動きはすばやく、攻撃されてばかりでなす術もなくなってしまったゲルドリックさんは、反撃する事が出来るのでしょうか?!
次回の展開に期待します
2007/04/18 09:31  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/105-134d1bf9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。