スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 自然共存を求む者 (49)
- 2006/12/28(Thu) -

「グォッ…、グッ…!」
 ガガジーの容赦の無い連続した噛み付きが始まった。
 今は、成す術も無く耐えるしかないゲルドリックは、震える程、体に力を入れ構えたままの体制を保っている。
「ソードスパイダーを召喚するのではなく、初めからこの様な効率的な方法で彼方を徹底的に叩くべきだったわ」
 手先を器用に動かし、妖精を操りながらゲルドリックに話し掛けるリシェット。
「!?」
 くらっと、咄嗟に立ちくらみの様な感覚に襲われたリシェット。直ぐに頭を押さえ自分の身に何が起きたのか、周りの状況を見回した。
 そして、自分の足元をみる。するとそれは、リシェットが気付かぬ間に、ゲルドリックが放った黒い地面に沈んでいたのだった。
 即ち、リシェットが立ち眩みを起こしたのではなく、底なし沼よりもゆっくりと沈んで行く状態に足を取られ、バランスを失った為であった。
「なッ、そんな筈は……?」
 リシェットが驚くのも無理はなかった。
 リシェットは、先程からシャーマンと言う特殊な力を発動したいたが、その力は主に外的な要因(魔導をも含む)から、身を守る為の保護術である。
 そのシャーマンの特殊な保護術を身に纏っていた為、ゲルドリックの放った魔導術には、あまり危機感を懐いていなかったのであった。
「シャーマンの力に頼り過ぎたなリシェットッ!この毒された沼地……、いや、暗黒の土地と言っても良いだろう。この地に足を踏み入れたならば、どんな対抗術を持ってしても例外なく無効化するのだ。この地で反映されるのは、黒魔導の性質を持った術のみだ!」
 ゲルドリックは、静かにこの時を待っていたかの様なタイミングで、リシェットに言い放った。
 今まで、圧倒的に有利な展開で運んでいた為に、何処か勝ち誇っていたのだろう。余裕とも言える笑みから一転、ゲルドリックの放った予期せぬ魔導術にまんまと嵌ってしまって、引き攣る顔に変ってしまったリシェットだった。
 自分の足を沼地の様な暗黒の地から引き抜こうとするが、重心を片方に掛けると重心を掛けた方がより深く嵌まって行く。
 完全にリシェットの両足は暗黒の土地に囚われ、身動きさえ困難になっていた。
 おまけに、暗黒の土地に嵌ったリシェットは、当然の事、魔導は暗黒の土地に影響され無効化された為に魔導力供給が途絶え、ゲルドリックへ攻撃を仕掛けているガガジーは、姿を消し、光眩い閃光をスポットライトの様に照らしている妖精もガガジーに合わせる様に、消えて行った。
 ゲルドリックは、ガガジーに所々食い千切られてはいるが、幸い、どの傷も然程深くは無く致命傷には至ら無かった。
「こんな筈では……、この私が、こんな所で終わる筈が……」
 既にリシェットは、腰の辺りまで沈んでしまっている。全て覆されたゲルドリックとリシェットの場の状況に、信じられないと言いたげな顔でリシェットは、唖然とする。
「この様な形で幕を下ろすのは、全く本意ではないが、お前のその異常なまでの俺に対する感情は危険すぎる。よって、暗黒の土地の中で果てしない更に大きな苦しみ、悲しみ、恨み、妬みをその身に受けるが良い。さすれば、いずれ無に返る事が出来よう………」
 そこに笑みは無く、今までリシェットに対して見せた事の無い冷たい表情。
「私は、お前を許さない…。そして、こんな形で終わる事を認めない……。私の懐いて来た恨みは、こんな物では無いぃぃ!」
 半狂乱になりながら、必死で叫び上げるリシェットは、物凄い形相で、恨みの篭った言葉をゲルドリックに言い放って、暗黒の土地へと沈んで行った。
 決着が着いたが、ゲルドリックは安堵の息を吐くことは無く、リシェットの沈む様を無表情で見届けていた。
 辺り一面に広がっていた暗黒の土地は、ゲルドリックの合図と共にゆっくりと閉じて行く―――。 
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<読み切り短編小説 ―――ライラック――― | メイン | [Necro Boy] 自然共存を求む者 (48)>>
コメント
--
来てみてテンプレが新しくなってて吃驚しましたw新しい事が始まりそうな色ですねv

リシェットさん、暗黒の沼に飲まれてしまって。゚(T^T)゚。
そうせざるを得ない、手強い相手だったのですね。ゲドリックは悔しく悲しさもあるのではないでしょうか。
晴美ちゃんの笑顔で癒されたいと思うc.pでした(^^)v
2006/12/29 00:57  | URL | c.p #-[ 編集] |  ▲ top

-お久しぶりです!!-
さよならリシェット(ToT)/~~~
と・・・思う今日この頃ですが・・
さすがゲルドリックと言った感じでしょうかね。
ゲルドリックのダークな一面に、鳥肌が立ちました。この章は、召喚・召喚・召喚・召喚・召喚みたいなテイストでしたね。
次も楽しみにしてます。
2006/12/29 02:21  | URL | Thanatos #-[ 編集] |  ▲ top

--
c.pさん

こんばんはです(^0^)/

気分を変えたいのと、投票ボックスを置きたくて、テンプレートを変えてみました。

リシェットがあまりにも危険と判断したリックが、一気にリシェットを葬る選択を取りました。
ゲルドリック的に、和解を望んでおりました為に非常に不本意です。


thanatosさん

苦肉の策でしたね。
リシェットの憎しみが危険と判断したゲルドリックです。
時には、心を鬼にして、戦わねばならない時もあります。
本当に召喚三昧の内容です。
それだけ、リシェットが強敵なのだと思います。

次回も頑張ります(^▽^)つ
2006/12/29 02:36  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
2話いっぺんに読んできた妙です

・・り、リシェさんが沈んでいく?!
何っこれはリシェさんは生き返らないのか?!いやそうじゃない!必ず、必ず彼女は戻ってくる!そう信じよう!

σ(o・ω・o)的にはリックの『暗黒の土地』の下には別世界があって、そこでまた人生をやり直す、とかだったらいいな~、って思いましたw
それか潤子ちんが自分で作ったクレープをあげたら生き返るとか・・・(←

ま、こんなところでwではでは~

ぴーえす。最後のほうのは本気にしないで下さいw
2006/12/29 08:08  | URL | 妙 #-[ 編集] |  ▲ top

--
おはようございます。
リックの冷静な反撃・・・。
暗黒の土地に沈んでいく、リシェットさん。
リックがかってうれしいけど、あぁ、リシェットさん・・・。
死んじゃうわけではないですよね・・??
無になって、また帰ってくるとか・・・。
でも、リシェットさんの恨みは本当に強いから、リックにしても仕方ない結末なんでしょうね・・。
妙さんのおっしゃる、暗黒の土地の下の別世界、あってほしい~
次回も楽しみにしています!
2006/12/29 08:15  | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
おはようございます(*^^*)
今朝は風が強いですね。
そちらはどうですか?

テンプレ、変えたのですね(*^^*)
とても綺麗な色ですね。

とうとう…
リックは仕掛けたのですね。
この時を待っていたのですね。
暗黒の土地へと沈んでしまった
リシェット…

でも、これだけで終わる気が
しないのは気のせいでしょうか?^^;
何かもっと恐ろしい反撃が
来そうな気が…^^;
2006/12/29 08:53  | URL | かんげつ #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは(^^)-
Kikurageさん、こんにちは(^^)

すっかり遅くなってしまいましたが
クリスマスイラストの完成品を拝見しました。
本当に、お疲れ様でしたm(_ _)m
晴美ちゃん、潤子ちゃんのツーショット
すごく可愛くて素敵でした(≧∇≦)ъ

そして小説の方は、リックの苦肉の判断でしょうか。
暗黒の土地へと沈んでしまったリシェットさん
なんだか可哀相な気もしますが
仕方ない結末だったのかもしれませんね。

そして、そして、今さら気が付いたのですが
バトンを頂いていたのですね(遅)
明日か明後日のうちにブログにUPできそうなら
受け取らせていただきます。
もしも間に合わなければお許しください(謝)
2006/12/29 16:27  | URL | ひめ #0.2709HA[ 編集] |  ▲ top

--
妙ちゃん

こんばんはです(^0^)/

リシェットを暗黒の土地へと葬ったリックです。
本来の魔導使い同士の戦いは、常に死と隣り合わせにある。危険な戦いです。
リシェットの無事を祈って頂いて感謝です(^0^)

あっ!いえ、妙ちゃん良い線ついてますよ~♪


kazu osinoさん

今回は、リックが、リシェットを危険と判断して、暗黒の土地へと葬ると言う苦肉の策で、酷な内容になりました。
魔導使いの戦いは、常に死と隣り合わせの過酷な争いです。

リックは、和解を望んでおりましたので、とても不本意な結果だと思います。

次回も頑張ります(^▽^)つ


かんげつさん

こんばんはです(^0^)/

こちらも、ビュービューに吹いておりました。

有難うございます。
やはり、テンプレートを変更致しますと、ブログの雰囲気が変わりますね。

リシェットは、恨みに執着するがゆえに、ほかの事が見えていない。
リックはそう判断したのですね。
不本意ではありますが、リックはリシェットを暗黒の土地へと葬りました。

やっぱり、そう思います!?
かんげつさん、鋭いです(^▽^)つ

次回も頑張ります♪


ひめさん

こんばんはです(^0^)/

いえいえ、クリスマスのイラストまでいて頂きまして、感謝しておりますm(_ _)mペコリ
ひめさんに、そう言って頂けて光栄に思います。有難うございます。

リシェットの恨み自体が危険と判断致しまして、暗黒の土地にリシェットを葬る形となりました。
リック自身は、和解を求めておりましたので、不本意な選択だったと思います。

いえいえ、ひめさんのご都合に合わせて、ご使用なさって頂ければ、幸いに思います(^0^)
2006/12/29 18:09  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/30 13:04  | | #[ 編集] |  ▲ top

--
お掃除途中でこんにちはです☆

すごい…短い中にも、すごくゾクッとするものがあった(49)話ですね。沈んでいくリシェットさんを見つめるリックの目、今までにないリックの顔を見た気がします。
感情がこもってないからこそ、苦肉の策をとったリックの、もっともっと底の深い孤独とか心の闇が見えた気がしました。

本当に読み応えありました!
リシェットさんに、またいつか会えることを願って…
2006/12/30 16:24  | URL | あきらら #-[ 編集] |  ▲ top

--
あきららさん

こんばんはです(^0^)/

あきららさんの仰います通りに、今回は、意外な急展開を迎えました。
何処か遠慮しがちだったリックが、リシェットの恨みに危機感を感じ、まさに、苦肉の策ですね。
いつもとは違うリックでした。
リックを深読みして頂きまして、有難う御座います♪
本来、魔導使いの戦いとは、常に死と隣り合わせの様な所もありますので、時には酷な描写も必要かなと思いました。

あ、あと、リシェットはまだ…モゴモゴ!!?(ネタバレ禁止と判断させて、強制的に口を押さえられている作者;
2006/12/31 03:05  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
初めは大人しく御淑やかな雰囲気だったリシエットさんですが、苦境に陥れられた今、彼女は怨霊のような雰囲気ですね
この戦いがどのように進んでいくのか
次回の展開に期待します
2007/04/20 08:26  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/106-3d389284
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。