スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 自然共存を求む者 (50)
- 2007/01/04(Thu) -



              4


 ………静かに漂う空間。

 恐らくそれは、果てしなく広いであろう、光をけして受け付けない本物の闇。
 何所が上で、何所が下なのかさえ把握出来ず、前後左右の方向さえも又、分からない。
 唯、時より冷たく悪寒がする程の異様な空気が流れるだけ、音も一切反響しない無音に近い空間。
 その虚無な空間に、リシェットが狂い悶え、必死に何かを抵抗する様に声を荒げて足掻いていた。
「!!!!!!………、お前らに何が分かるッ…!」
 当然この空間は、周りに誰が居る訳でもなく、リシェット以外の声は聞こえない。
 しかし、リシェットの中の意識は、そうではなかった。
 ゲルドリックの放った暗黒の土地に引き込まれてからずっと、リシェットの意識は、死者の妬みや恨みと言った憎悪と、悲しみや苦しみと言った悲痛を訴える沢山の声に苛まれている。
 この空間では、混沌と彷徨う死者の憎悪や想いが異質なのではない。その者達からすれば、リシェットが余りにも異質なのだ。
 その為に、死者達が異質なリシェットをこの空間と同じ様に取り込んで、死者の憎悪の一部にしようとしている。
「!!!!!!……、黙れッ!私には、果たさねばならない目的があるッ!此処で終わる訳には行かないッ」
 死者達がリシェットの意識の中をうねる様に囁くのを、果たさねばならない頑ななリシェット自身の強い意識で、跳ね除ける。
 しかし、この空間の中は、死者達の憎悪や想いの行き着く溜まり場所。
 リシェットが頑なな意思で跳ね除けても、次から次へと惜しみ無くリシェットの意識へと流れこんで来る。
「!!!!!!…ッ」
 リシェットは両手を握り締め、何も言わず堪える。
 幾ら魔導使いとは言え、普通の精神の持ち主ならば、自分の意思である程度自我を保つ事は出来ても、それはいつまでも続く筈が無い。
 次から次へと絶える事無く入り込んでくる死者達の憎悪の囁きに、いずれ取り込まれてしまう。
 取り込まれてしまえば、憎悪や想いのみが、この空間の一部となり、それ以外は、無に帰すのだ。
 そう。この空間は、行き場の無い死者達の呪いが彷徨う、まさに地獄。
 蜘蛛の巣に掛かった蝶の様に…、螳螂(カマキリ)に捕まった、飛蝗(バッタ)の様に、けして逃れる事は出来ない地獄。
 暫く、堪える為に体全体に入れていた力を抜き、何かを悟ったのか、ダラリと抵抗を止めた。
 身を任せる様に、ダラリとした姿勢のまま眼を瞑るリシェットは、口元だけを小刻みに動かし、何かを自分に対して呟きだした。
 リシェットの意識には、今も死者達の囁きが確実に流れこんで来ている。
 だが、リシェット自身、それに対する抵抗は、既に止めている。
 抵抗を止めて、自我が壊れ、死者達の囁きを受け入れる気になったのか。或いは、完全に無視して平然としているだけなのだろうか。どっちとも取れるリシェットの行動は、実に不可解である。
 しかし、今までこの空間に入れられた者は、前者であっても、後者である事は未だかつて無い。






ゲルドリックによって、暗黒の土地の中に入れられたリシェットの様子からの始まりの第4章です。

遂に、この「自然共存を求む者」も50話を迎えました。
読み返してみると、かなり長くなっている事に気付く私でした(^^;)

後、Kikurage World [outside]の方でも、時々記事をUPしたりしてますので、気が向いた時にでも、覗いてやって下さい。




スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
<<自然共存を求む者・50話突破記念! | メイン | _/_/_/_/_/謹賀新年_/_/_/_/_/>>
コメント
-おはようございます-
おはようございます(*^^*)

50話、おめでとうございます(*^^*)
これからも「Kikurage World」を
楽しみにしていますね(*^^*)

凄いです…

リシェットにしたら
災難なのですが…
Kikurageさんの文章力というか
とにかく、凄いの一言です。

リシェットが暗闇の中を
もがき苦しみ彷徨っている姿が
想像出来て、リシェットの苦しみが
伝わってきました。

この地獄の果てのような場所から
リシェットは動けるのでしょうか…
でも、その時は憎悪がもっと膨らんでいるかも…

リンクありがとうございました(*^^*)
これからもヨシロクお願いいたします(*^^*)
2007/01/04 09:21  | URL | 海月 #-[ 編集] |  ▲ top

--
50話おめでとうございます!!
あああ・・・リシェさんついについに・・・
海月さんも言われているようにいつかリシェさんの逆襲が、そしてもっとパワーアップして帰ってきそうな予感・・・
そ、それとも新キャラが?はわわ、どうなっちゃうんでしょう・・・
あ、それから50話記念イラスト、出来ましたよー!アップしてますのでどうぞー♪
2007/01/04 15:45  | URL | 茉莉 #USanPCEI[ 編集] |  ▲ top

--
海月さん

こんばんはです(^0^)/

おかげさまで、50話目に突入致しました。
お祝いのお言葉を頂きまして、有難う御座いますm(_ _)mペコリ
これからも、精一杯頑張ります!

第4章は、暗黒の土地の中、リシェットの視点でスタートです。
リシェットの意志を明確にする為に、あえてこの様な切り出し方をしてみました。

この先が、大山場を迎えます。

次回も、頑張ります(^▽^)つ

こちらこそ、リンクを貼って頂きまして感謝しております。


茉莉さん

お祝いのお言葉を頂きまして、有難う御座います。
とても嬉しいです。
そうですね。リシェットのリックに対する恨みの凄さをどうにか表現したいと思っております。
この後に、一番の山場を迎えます。

えぇ~!?
[Necro Boy]の記念イラストを描いて頂いたのですか。
嬉しい気持ちで、感激しております。有難う御座いますm(_ _)mペコリ

是非、拝見させて頂きます。
2007/01/04 22:18  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
おはようございます!kikurageさん♪
50話おめでとうございます♪
リシェットさん・・・、沈み込んでいった暗黒の世界は、死よりも辛い場所だったのですね。
わたしだったら・・・と考えると、ぞっとします。
皆さんかいてらっしゃいますが、ここから抜け出すことができたら、リシェさんパワーupしてそうですね。

敵といいつつ・・・、リシェットさんがんばれ☆
2007/01/05 08:27  | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 編集] |  ▲ top

-祝☆50話☆-
おめでとうございますw
え?もう50話?いつの間にって思いますw
同じ憎しみでも、リシェットが抱く憎しみは惰性的なものではなく、燃え盛り続ける炎、そう感じました。そして、そう思わせるkikurageさんの文章力に脱帽っすっ!
しかしそのリシェットさんも最後には?いやいや、リシェットさんの事だから!と、ワクワクしてますっ。
2007/01/05 22:33  | URL | c.p #-[ 編集] |  ▲ top

--
kazu osinoさん

お祝いのコメントを頂きまして有難う御座いますm(_ _)mペコリ

辺りが真っ暗で、自分が何所にいるのかも分からず、地獄の様な場所です。
リシェットに取っては、この空間は、どの様な印象を受けているのか知りたくなってしまいます。
リシェットは、まだ終わらない模様です。
リシェットへの応援を頂いて、感謝です(^0^)

次回も頑張ります☆


c.pさん

こんばんはです(^0^)/

お祝いのコメントを頂きまして、感謝しておりますm(_ _)mペコリ

リシェットは、恨みの感情を糧にしてきておりますので、ケルドリックに取っては、敵以上のものを抱いております。
恨み一つで、此処まで突き動かすリシェット行動は、執念鬼(造語です;)ですね。

リシェットの自我意志とは、どの位のものなのか?
次回、こうご期待です(^▽^)つ
2007/01/06 01:25  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちは m(_ _)m 。。
50話 おめでとうございます。
なかなか読めなくて、この連休で
少し読み貯めしたいと思います。

これからも。。
頑張ってくださいね!!。。
私も負けないように頑張らねば!。

では。。
ランキングポチ!!。。
2007/01/06 17:36  | URL | ドダドゥド #-[ 編集] |  ▲ top

--
ドダドゥドさん

いえいえ、私こそ、ドダドゥドさんからマメにコメントを頂いておりますのに、なかなかご訪問出来なくて、スミマセンです(;;)
私も、頃合を見まして、ご訪問&コメントを差し上げたく思っておりますm(_ _)mペコリ

応援もポチも頂きまして、有難う御座います。感涙のあまりです。
2007/01/08 04:11  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
ゲルドリックさんの作り出した闇に囚われたリシエットさん。彼女の口から出た言葉は、激しい怨念に満ちていますね。
「自然共存を望む者」もここで50回目になるのですね。またここから、新たな展開が見られそうな気がします
今後の展開が気になる所です
2007/04/21 09:36  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/109-334a0883
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。