スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 自然共存を求む者 (58)
- 2007/01/31(Wed) -

ゲルドリックは、それでも、悪路と化した地面を難なくかわしながら走る。
 その間にも右手に魔導を発動させ、エネルギーを蓄えている。
 ゲルドリックの後方、バジリスクは、その巨体さゆえ、地面に転がっている石など気にするに値しないと言う感じで、ゲルドリックへと縦横無尽に突進を続ける。
 ドシーン!ドシーンッ!
 バジリスクの体は巨大な為、移動する度に大きな振動となって、大地が揺らぐ。
 最初にゲルドリックは、50体近くの死者をクリーチャーとして出現させて、魔導を消費している。
 その後に、すぐさま魔導を発動させているが、中途半端な魔導術では、まともに、バジリスク相手に太刀打ち出来ない事は理解している。
 バジリスクに対抗するには、より強力な魔導エネルギーを用いて、魔導術を放たなければならないのだが、そうするには、開放させた魔導をある一定のエネルギー量まで蓄えなければならないのである。
 それは、リシェットも同様の話ではあるが、リシェットの場合、ゲルドリックと対峙する前から魔導エネルギーをエルフ文字と言う形に変え、途中、召喚魔術を行いながらも、少しずつ魔導エネルギーを蓄積していた事により、レジェンドと言う最強の召喚術を放つ事が出来たのである。
 そもそも強力な魔導術を行うには、それなりの魔導エネルギーを蓄える為の待機時間が必要。
 しかし、ゲルドリックに至っては、リシェットが、それだけの膨大な魔導エネルギーを蓄えるだけの余裕を与えるはずがない。
 出来るだけの時間稼ぎをして、魔導を蓄えるゲルドリックに対して、既に出現させた最強の召喚獣を操るリシェット。
 力の差は歴然としていて、どう考えてもゲルドリックに不利な状況である事は、明白であった。
 シュタッッッ!
 そして、ゲルドリックの後方から、容赦なくバジリスクの長く鞭の様に撓る舌の攻撃が始まる。
「…ンッ!?」
 走る事を止め、咄嗟に、180度振り返り、バジリスクの回転の軌道で迫る舌を、持ち前の優れた洞察力で、舌に触れるか触れないかと言うギリギリの危ないかわし方をするゲルドリック。
 そんなリスクを負っても、ギリギリにかわすのには、訳がある。
 バジリスクの舌は、まるで鞭の様な軌道で自在に操る為、余裕を持って中途半端に避けてしまうと、軌道を変えられて、返って攻撃の餌食に成り易いと言う理由である。
 ゲルドリックがそのままかわすと、バジリスクの舌は、捻りながら方向転換。続けて2回目の攻撃へと変えた。
 バジリスクの舌だけは、最も注意を払わなければならなく、その刹那、ゲルドリックに緊張が走る。
「クッ!!」
 そんなゲルドリックを嘲笑うかの様に、ゲルドリックの横から瞬時に地面を抉る勢いで2回目の攻撃が襲う。
 ドゴッ!!
 バジリスクの舌は、地面ごと削り、削った一塊の泥を持ち上げ辺りに撒き散らし、抛る。
 だがそこには、ゲルドリックの姿は無く、がらんとしたバジリスクが大きく抉った地面だけだった。
 バシリスクは、標的を失ったのか、キョロキョロと目を動かし、ゆっくりと首を左右に振り、辺りを見回す。
「フン!小賢しい真似を…。そんなクリーチャーまで使うとは……」
 バジリスクの背中に平然と立つリシェットがそう呟く視線の先には、魔導で出現させたであろう大きく羽を羽ばたかせる鳥形クリ―チャーの足に摑まるゲルドリックの姿があった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<激闘・デスマッチ(中編) | メイン | [Necro Boy] 自然共存を求む者 (57)>>
コメント
-おはようございます-
ギリギリのところで戦っているのですね、リック…

もうバジリスクが怖すぎで
舌が当たってしまうんではないか?と
読んでいてハラハラします(ToT)

でも、リックも鳥形クリ―チャーを召還したのですね!
どんな攻撃をするのか?
どんな戦いになるのか?
凄く楽しみです!!(≧▽≦)
2007/02/01 07:05  | URL | 海月 #-[ 編集] |  ▲ top

--
海月さん

おはよう御座います(^0^)/

緊張の走る、本当にギリギリの戦いが繰り広げられております。

バジリスクの舌は、軌道の変化させながらの攻撃!
かなり厄介なものの様です。
寸での所で魔導を使い、鳥形の飛ぶタイプのクリーチャーを出現させました。
大きいバジリスクに対して、空中と言う領域を駆使したリックです。

まだまだ、激しい戦いが続きます!
2007/02/02 05:14  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
kikurageさん、こんにちは♪
ドキドキハラハラ、やっぱりkikurageさんのバトルシーンは素敵ですね☆
いや、リックの状況を考えるとあれなんですが・・・←なんなんだ(笑
バジリスクの攻撃、めっさ恐いですね。
軌道を変化することができるとは。
鳥型クリーチャーを召喚したリック!!
どんな戦いになるのか、ハラハラしながら待っています♪
2007/02/02 10:28  | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 編集] |  ▲ top

--
kazu osinoさん

おはよう御座いますです(^0^)/

バトルシーンが素敵と言って頂きまして、とても嬉しいです。
有難う御座いますm(_ _)mペコリ
リシェットの切り札とも言える最強の召喚獣バジリスクの攻撃を前に、慎重に対応するゲルドリックです。
石化だけは、絶対に避けなければならない状況。
間一髪で、クリーチャーを使い難を逃れたリックですが、勝算は如何に…?

次回も頑張ります(^▽^)つ
2007/02/03 05:29  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます☆-
やっと最新まで追いつきました!^^
ゲルドリックはかなり魔導を使いまくりで心配ですが…@@;
もう、ここまでの道のりハラハラドキドキで大変でしたよ!
リシェットに勝ったと思ったのに…そんなにゲルドリックが憎いの!?><戻ってくるなんて凄すぎです!
しかも何だこの巨大な生き物は!?
ゲルドリック大ピンチですね!!><
魔導もかなり消費してるはずだし…と思ったら!?
クリーチャーを呼び出しましたね!
もう様々どんでん返しの展開に、楽しくて仕方ありません!!^^
ゲルドリック頑張れ!
2007/02/03 06:42  | URL | chacha #-[ 編集] |  ▲ top

--
お久しぶりです~妙ですこんにちわw

う~、前も言ったような気もするんですが、ちょっと見ない間にメッチャ進んでますね~;;
てことで!今さっき光速で読んできました!しかも2回も読み直しして!
バジリスク(以下バジリン)は・・・舌を使うんですね~、強敵です;

あぁ!そうよきっとそうなのよ!バジリンはいつでも相手を舐めまわせるように、毎日食後3分以内の歯磨きは欠かせないんでしょね!

む?!いやでも歯磨きせずにとてつもなく激しい刺激臭を口から漂わせるという手も?!(暴走中


イラスト見たらバジリンはカッコいい怪獣(召喚獣)ですね~
あたしはてっきりむっちむちの深緑の怪獣かと思いましたよ(何でw


まぁそんなところで。
最近少し時間が許すようになったのでまたコメも書きますね!ではでは~w
2007/02/03 12:47  | URL | 妙 #-[ 編集] |  ▲ top

-ご無沙汰しました(^^ゞ-
潤子ちゃん、友達想いで一直線の優しい子ですね(>_<)晴美ちゃんもだろうに、リックの言葉を信じて待つ。く~っ。高所の徘徊者で意外と行動的な面を見てきた所為か、待っている今の姿が健気でっす(>_<)

魔道は無限ではないのですね。限られた量、時間を考え、いかに最大限の効果を成せるか、なのですね。
打倒が困難に思えるバジリスク。空に逃げたリック。戦いの行方が気になりまっす!!
2007/02/03 20:50  | URL | c.p #-[ 編集] |  ▲ top

-き、厳しい!-
余裕を持って交わすと軌道修正されるため、ぎりぎりの見切りでかわしていくリック・・・
これ、簡単ではないですよね。すさまじい集中力と洞察力、そして俊敏さがないと絶対にできない戦法。。。それを難なくこなし、さらにクリーチャーまで。そしてじわじわと魔導をためていく・・・目には目を、歯には歯を!・・・そうすんなりは行かないでしょうが、やはりバシリスクを倒すには相当の術を放たないと厳しいでしょうから、その術が放たれる日を楽しみにしています♪
2007/02/04 00:51  | URL | 楓 #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

--
リシェットさんとの戦いは、本当にお互い全てを出し尽くすまで終わらない、そんな切迫した状況の中でも、次から次に繰り出される術の数々にもうすっかりトリコです^^

バジリスクと鳥型のクリーチャー、まだまだこの戦い、目が離せません!
2007/02/04 14:32  | URL | あきらら #-[ 編集] |  ▲ top

--
chachaさん

おはよう御座います(^0^)/

最新の方まで、読んで下さいまして、有難う御座います(^0^)
とても嬉しいです!
私も、頑張って、chachaさんの小説を、最新の所まで追い着きたいと思います!

リシェットの考えられない行動を衝き動かすものは、執念のみです。
とても恐ろしいです!
そして、とうとうバジリスクと言う桁外れの召喚獣を出してきました。
そんな、バジリスクを前に、苦戦を強いられていますゲルドリックです。
果たして、この先どう戦うのか?と言う所でしょうか(笑)
ゲルドリックの応援感謝です(^▽^)つ


妙ちゃん

おはよう御座います(^0^)/

に、2回も私の出来損ない小説を読んでくれたのですか!?
本当に感謝の限りですm(_ _)mペコリ

そうなのです!バジリンは、触れれば石化になってしまう特殊な舌の持ち主です!
その為、リックは、不用意に手出しできない状態にあります!

確かに、バジリスクの口臭は、即死級かも知れませんね(笑)
普段は、何を食しているのだろう?と考える私です。

お忙しい中、お越し頂きまして、感謝です(^0^)
私も、後ほど、お伺い致します~☆


c.pさん

おはよう御座います(^0^)/

おお!確かに、高所の徘徊者では、自分から火の海に突っ込む位の勢いで、危険な眼に遭いました。
今回は、リックを待つ側の立場。
しかし、心配性の晴美ちゃんの気持ちは、高所の徘徊者の時と、変っていない様で、心配が絶えない様子です。

魔導エネルギーは、限りあるものでして、どの様に使うかは、魔導使いの戦略次第です。
魔導エネルギーの使い手は、なにげに思考と計算と配分が要求されるので、複雑です。
リシェットは、全ての力を、バジリスクに注ぎました。
一方のリックは、どの様な戦略に出るのかと言う所ですね。

次回も、頑張ります(^▽^)つ♪


楓さん

おはよう御座います(^0^)/

本当に厳しく、ゲルドリックにとって、とても難儀な戦いで、展開しております(><;)
魔導使いとして、幾度と無く修羅場を潜り抜けて、熟達したゲルドリックだからこそ、バジリスクとギリギリに渡り合えていると思います!

ゲルドリックも戦いながら、どの様にしたら、相手を倒す事が出来るのかを頭で考えている事でしょう。

次回も、頑張ります(^▽^)つ♪


あきららさん

おはよう御座います(^0^)/

リシェットのゲルドリックに対する執念の大きさが、このお話の長さを示している様な気が致します。
もう、最終局面に突入しております。
お互いに、けして引く事の許されない舞台に立っております。
お互いの擦れ違う思いが、どの様な結末になるのか、見届けて頂けましたら、幸いに思います☆

2007/02/05 09:18  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/118-6891d920
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。