スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 高所の徘徊者 (6)
- 2006/06/21(Wed) -
 さっきまで、ゲルドリックを襲った男は、もう一人の男によって、糸を抜き取られていた。
「まさかこんな所で、同じ術使いに遭遇してしまうとはな。しかも、一撃で糸を通じて送っていた信号を遮断するとはな。かなりの使い手か」
 糸を使って操っていた男は、半分驚きながら呟き、確認を終えると、迎え撃つ準備を整え始めた。
 男は、その時既に悟っていた。今、相手にしようとしている人物が言葉通り一筋縄ではいかない、かなりの魔導の使い手という事を。それは、最初のアクションでの事。操られていた男に刺さっていた糸を、切断もしくは引き抜くといった行動はせずに、むしろ、操られていた男の体を介して糸で電気信号の様に送って操っていた魔導を遮断し逆に魔導を送り込まれたのだった。
 男の右手の皮膚がまるで火傷のように赤く、少し腫あがっていた。多少の火傷からくる痛みあるものの、男は気にした様子もなく黙々と作業に集中していた。
 作業を終えた頃、大きな魔獣に悠々と跨ったゲルドリックが高層ビルの屋上に到着した。
「ご苦労だったな。ケルベロス。もう休んで良いぞ」
 ゲルドリックは、そう言いながらマントをケルベロスに覆い被せる。すると、まるで最初からいなかったかの様にケルベロスは、消えて行った。
 直後、ゲルドリックと糸使いの男は、様子を伺いながら互いに向き合う。
「………〝クレックフォジェルク〟(召喚魔術)?………おかしい。確かに黒い魔導をこの右手で感じた」
 右手を何度も握ったり開いたりして、確認するように糸使いの男は呟く。
 ゲルドリックの表情は、変わらない。
「そう言うお前は……、燃える様に熱く赤い魔導を放っている。―――〝ラフェリッド〟(物理強化)か!」
 ゲルドリックも相手を観察し、発した言葉だった。
長髪で、額には、バンダナ。肩と手首には、甲冑らしき物を糸使いの男は纏っていた。


20060621223545.jpg



 「フン!魔導属性がばれた所で、別に弱点になるわけではない。まあ、お互いの相性の良し悪しがあるけどな」
 糸使いの男は、初見で自分の魔導属性を見破られたのが癇に障ったのか、たんかを切る様に言い放つ。
「―――名は?」
 ふいに、ゲルドリックは、自分と対峙している相手の名前を尋ねた。そう、これは、武士道とも言える彼自身の流儀だった。
 ゲルドリックは、必ず戦う前に相手の名前を聞いて、自分の名も名乗り、戦いそのものを心に刻み付けるのだ。今までもずっと、彼なりのこの流儀を崩した事がなかった。
「はぁ?何言ってんだ?俺は、これからてめぇーを殺すかも知れない相手だぜ」
 糸使いの男は、半分呆れ返った様な口ぶり。
「俺は、ゲルドリック。訳あってこの土地に来た。―――お前は、こんな所で何をしている?」
 先に名乗ったのは、ゲルドリックの方だった。話しながらも、慎重に相手がどの様な行動に出ても直ぐに反応出来る体勢を取る。
「おっと、勝手に名乗ったうえに、今度は説教かよ。よく分からん奴だなまったく。―――いいぜ。そんなに知りたきゃ、教えてやるよ。俺の名は、セグナだ。いい加減しらける前に、始めようぜ!」
 ゲルドリックは、そうかと、ゆっくり溜め息混じりに呟く。それは、安心したからなのか、何かを確認したからなのか、ゲルドリックは体勢をやや低く構える。
 セグナも尋常では無いほどの殺気を放つ。自分の武器である糸を右手の甲から引き出し、左腕に巻き、構える。

 場の空気が変わる。

 嵐の前の静けさの様に―――。


スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
<<登場人物紹介 (3) | メイン | [Necro Boy] 高所の徘徊者 (5)>>
コメント
--
よう、がんばってんね~、この調子でガンバリや~。
2006/06/21 23:53  | URL | リリス #-[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
やはり絵がとっても上手いです!
登場人物が書いてあると
頭の中で想像がいっぱい広がりますね(^▽^)

セグナとゲルドリック‥
対決が楽しみであり怖いです(ToT)
2006/06/22 07:52  | URL | かんげつ #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちはです^0^

リリスさん>

コメント有難うございます^0^
まだまだ、未熟者ではありますが、がんばって最後まで書き上げたいと思っております。

かんげつさん>

そう言って頂けると、とても安心します^0^

実は、挿絵やイラストを掲載した時が、一番緊張しています(^^;)

本当にイメージ通りに描けてるのか?とか、場面にマッチしているのか?とか、色々です。


2006/06/22 12:17  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
やはり、おいしいね。
こういうイラストは。
わたしも何か考えるかなーと心に誓うバナナチップボーイでした。
続きガンバレー!
2006/06/22 16:00  | URL | バナナチップボーイ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ご訪問いただきまことにありがとうございます!
絵が上手ですねぇ~。俺も絵が上手く描きたいですorz
REDSTONEしてたんですか~w
友達がしているので俺もしようかなぁーとか(どうでもいい
小説も読んでいただきありがとうございます!
コメントまで残してくれて光栄です!
kikurageさんの小説をどんどん読んでいきたいっすb
2006/06/22 16:14  | URL | 極剣 #XdZdpQjU[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは!-
ご訪問&コメントありがとうございました!
小説とイラスト、両方ご自分の作品なのですね!
すごいです!^^
続けるのは大変だけど、これからもマイペースで頑張ってくださいね!!
ランキング応援しま~す☆
2006/06/22 19:46  | URL | himawari #YXfnopBU[ 編集] |  ▲ top

-はじめまして^^-
はじめまして^^
同じくネットで小説を書いている☆浪鬼☆というものです
絵入りで頑張ってるなんて尊敬しなくちゃ^^;
コメントたくさん入って良いですねぇ
僕のところにはコメントが無くて良いのか悪いのかわからなくて相当困ってます(笑)
では、また来ますノシ
2006/06/23 20:51  | URL | ☆浪鬼☆ #-[ 編集] |  ▲ top

-数多くのコメント本当に有難うございますm(_ _)mペコリ-
バナナチップボーイさん>

応援してくださって有難うございます^0^
まだ、はじめたばかりで、自分のスタイルで何処まで、雰囲気を出せるか分かりませんが、精一杯がんばりたいと思います^0^

極剣さん>

訪問して頂いて有難うございます^0^
私のブログのリンク先に、現役でRED STONEをプレイなさってる、リンズさんという方が、ブログを綴っております(チキンライフ)。訪問なさっては、いかがでしょうか?

未熟者ながら、小説の方がんばります。

himawariさん>

コメント頂いきまして、有難うございます。
更新するペースは、遅いのですが、小説、イラスト共に面白くしていきたいと、自分の中で目標を立てております。
また、himawariさんの所へ遊びに行きます^0^

浪鬼さん>

浪鬼さん!はじめまして。
訪問とコメントして頂き、有難うございます。
是非、浪鬼さんの小説を読ませて頂きたいです。ので、遊びに行きます^0^
2006/06/23 21:48  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
姿を現した敵、セグナさんは強敵のようですね。次回のゲルドリックさんとの戦いがどんな物になるのか、展開に期待します
2007/02/16 15:35  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/12-061347f7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。