スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 自然共存を求む者 (65)
- 2007/02/25(Sun) -

「そうだ。我々の問題の背景には、魔導抗争時代がある。これは、唯の偶然か?いや、偶然なんかではない。グリーグ一族とパーン一族の間で起きた悲劇的な争いは、最初から仕組まれた事だったのだ」
 ゲルドリックは、リシェットの眼を真っ直ぐに見据える。
「仕組まれた……争いですって?如何して、そう言い切れる?その根拠は、一体何?」
 ゲルドリックから告げられた言葉は、眼の仇に思っているリシェットにとって信憑性の薄いもので、当然、疑い深い顔でゲルドリックを見返す。
「先ず、我々の間の争いの前に、魔導抗争が起きた発端の事は知っているとは思うが、順序に沿って話そう。魔導使いは、5大元素色、白、青、黒、赤、緑の5種類で成り立っている。白は、太陽の光や神を敬う聖域をエネルギーとする。青は、水や風から。黒は、闇や呪いから。赤は、火や活力。緑は、森や幻精霊といずれも自然を利用した力を魔導の根源とし、その魔導の力は、古くから生活の為に活用され、効率を求める為に魔導の力を高め繁栄してきた。よって、普通の人間からも重宝され、共存も可能になった。それで自然のバランスが取れていたのだ。しかし、時が経つに連れ世の中の文明が発達し、どの国も生活水準が極端に上がったせいで魔導使い達の利用価値が下がると、普通の人間からは、魔導使い達の不可思議な能力を忌み嫌う様になり、疎外する様にもなった。魔導使いは、魔導使い達だけの孤立の一途を辿る事となったのだ。そして、完全に普通の人間と魔導使いが分裂すると、魔導使い達だけの独自の世界が確立した。だが、魔導使い同士の共存は難しく、各々の魔導色によって、友好色、対抗色がある為に相性が合う合わないが存在する。相性の合わない者同士の他愛の無い言い争いから、お互いが魔導を使った激しい争いにまで発展する様にもなった。その事によって、本来あった、魔導使い達の秩序のバランスが狂い始めた訳だ。それが引金になった後、魔導抗争時代を迎えた。その最中、我々グリーグ一族とパーン一族の争いが起きた………」
 魔導使いの経緯を大まかに途中まで話すと、ゲルドリックは息を吐く。
「魔導使いの経緯に関しては、聞かされずとも熟知しているわ。……けど、今の話、私達の間の争いに直接的な影響を及ぼす要因にならない」
「魔導使いとして常識的で表向きの経緯の話だけでは、お前の言う事は最もだ。だが、問題はそこではない。問題なのは、魔導抗争を意図的に引き起こされたと言う隠された事実だ」
「世界的な魔導抗争は、意図的に引き起こされた!?それは、本当なのかゲルドリック」
 ゲルドリックの言葉にリシェットとセグナは反応を示し、セグナがゲルドリックに問いただす。
「ああ、本当の話だ」
「その魔導抗争を引き起こした人物は、一体誰だと言うの?」
 間髪入れずにリシェットは、疑問をゲルドリックに問う。
「白魔導使い達の仕業だ」
「馬鹿なッ、白魔導使い達は、今でも神を重んじる聖職であり、伊達に白魔導士と呼ばれてはいない。争いとは程遠い立場の者達よ」
 リシェットは、ゲルドリックが言う事を否定する。
「表向きは、そうかも知れない。だが奴らは、当時から密かに魔導界を牛耳ろうとしていた。魔導抗争時代を経て魔導使いの死者数は多く、個々の勢力が衰退している為、派手な争いは無くなったものの、お互いに冷戦状態が現在でも続いている中、白魔導使いの勢力だけは着実に大きくなっているのは何故だ?」
「それは……、そもそも白魔導士は、抗争自体を嫌っていたと言う説明が付くはずよ」
「此処で、我々の間の話に戻るが、本来、お前達エルフも争いを好まない平和主義の一族だよな」
「それが何?」
「ならば何故、唯でさえ白と緑は友好的な色の関係にある筈のお前達エルフと友好関係を結ばなかった?本当に平和を考えるのであれば、友好的な輪を広げる事が効率的で自然な考えであると思わないか?」
 眼を細めてリシェットに問い掛ける。
「………」
 ゲルドリックの問い掛けに、言葉が見つからない様子で、必死にその理由を探そうと考えるリシェット。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
<<[Necro Boy] 自然共存を求む者 (66) | メイン | [Necro Boy] 自然共存を求む者 (64)>>
コメント
-こんばんは☆ですv-
人知れずの、魔道使いの歴史、ですね。
(リック、先生みたいですw)
些細な事から魔道使い同士が争うようになり、それには裏で暗躍する者がいた。それが白魔道使いなのですね。
リシェットさんは「緑」に当たりますよね。
友好関係を結びやすい相手なのに、結ばれなかった。
ぬぬっ。白魔道使い、何を考えているのか、存在が気になります!!
2007/02/26 22:34  | URL | c.p #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
kikurageさん、こんばんは(*^^*)

魔導抗争時代をひもとく話・・
いつもより、より真剣に読んでしまいました。第5章ますます期待です。次回もすごく楽しみです。

ところでご報告ですが、マグカップ諦めました。。
テーマが広すぎて、泣く泣く降参です(>_<)
KikurageさんのカップがNo1になりますよう願ってます☆
2007/02/26 23:49  | URL | Yuka #gK54MRCE[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
どんどん、根元の方へと向っていますね。
実は裏でコソコソと操っているのが
神を重んじる白魔導使いとは
リシェットやセグナもわからなかったのでしょうね。
リシェットも被害者ですよね…

もしかしたら、白魔導使い達は
まだよからぬ事を考えていたりして…

リックの説得でリシェットが早く
きがついてくれることを祈っています(ToT)

2007/02/27 07:11  | URL | 海月 #9xVGaoVI[ 編集] |  ▲ top

--
c.pさん

こんにちはです(^0^)

はい!魔導使いの成り立ちから語っておりますリックです。
リックとリシェットの争いは、影ながら魔導使いの情勢に関わった事なのです。
魔導界を我がものにしようと企む白魔導使いの存在。
未だ不透明な白魔導使い達に、見えて来ない企みの行動。
どれも、リックの作り話とさえ思っていて、一向に疑いを崩さないリシェットです。(大変だ~^^;)

魔導使いは、それぞれ色の属性を持っております。
リシェットならば緑、リックは黒、セグナは赤と言う具合です。
色同士にも相性がありまして、複雑な設定に成っております。

次回もリックの説明です。頑張ります(^▽^)つ


Yukaさん

こんにちはです(^0^)

魔導抗争時代。
現代から約100年前と言う昔の出来事。
かなり古い事のようですが、リシェットとリックに関しては、解決しておらず、進展の無い状態でした。
やっと、今になってリックが和解の手を差し伸べ様と必死です。
リック達の血族同士の問題、その裏では、白魔導使いの企む明るみにならない隠された事実がありました。

次回も、リックの説明です(^▽^)つ♪

マグカップコンテストのテーマは、少しハードだったと私も思います。
実は、私は応募したもののあまり自身が無いです。
ですが、どの様な作品が選ばれるか、楽しみでもあります(^▽^)


海月さん

こんにちはです(^0^)

リックとリシェットにとって、大変重要な部分の話に入ってきております。
海月さんの仰います通り、リシェット(グリーグ)は、一番の被害者と言って良いと思います。
同じく、リック(パーン)も、被害者側です。
事の発端は全て、白魔導使い達の企みによって行われた事実。
この後も、和解へ向けて、リックの話が続きます。

次回も頑張ります(^▽^)つ♪
2007/02/27 16:48  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは、kikurageさん♪-
二人が争うことの発端、魔導抗争時代のあとにおこった、リック一族とリシェットさん一族同士の争い。
一族の恨みを抱いてリックを狙ったリシェットさん。
その争い自体が仕組まれたことだった。
そして仕組んだのが、疑いもしてこなかった白魔導使い達だった。
リシェットさんにとっては、納得も理解もできない、とても苦しい話しですね。
リックの言葉に一生懸命答えを見つけて返していくけれど、最後の問いに答えあぐねて・・・・。
白魔導使いの企み、次回、リック先生の説明待ってます!
2007/02/27 17:10  | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 編集] |  ▲ top

--
kazu osinoさん

こんにちはです(^0^)

事の成り行き上、やはり裏で企む存在、白魔導使いと言う勢力が、ちらほらと浮かび上がってきました。
リック達の争いも、その白魔導使い達によって、仕組まれた事でした。
魔導界の情勢について、次回もリック教諭が語ってくれます(笑)

次回も頑張ります(^▽^)つ
2007/02/27 18:26  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-なるほど・・・-
徐々に詳しい背景が見えてきましたね。
リックは本当に、リシェットとの和解を望んでる・・・
その為にはまず、真実の根底から話を始めないと理解出来ないことも多いでしょうから。
それでもリシェットはまだまだリックを疑ってますが@@;

白魔導師。話を聞く所によると、相当強そうですね><
いつかその白魔導師とも戦う日がくるんでしょうか!?
だ、大丈夫かな、リック・・・。
リシェットも、あの性格だもの。すぐに「そうね」なんて素直に話を受け入れないでしょうが(笑)
それでも、時間をかけてでもわかってくれる時がくることを、私は信じてますよ☆^^
2007/02/27 22:56  | URL | chacha #-[ 編集] |  ▲ top

--
おお!リックじじくさい~(笑
ごほっ・・・失礼。
歴史に詳しいですね。
リシェットの誤解を解くために必死なのでしょうね。
魔導抗争以前からの歴史、興味深く読ませていただきました。かくいう僕も歴史をテーマに物語を書いているので、こうした歴史的背景は非常に重要なんですが、どう巧く説明していくかが難しいんですよね。。。汗
白魔導師達のもくろみ・・・気になりますね。
リックの言い分、
リシェットの言い分・・・
たぶん、どちらも正しく、どちらを否定することもできないのでしょうね。それを分かった上で、互いを認め合い協力する。和解・・・なるか?!
2007/02/28 16:49  | URL | 楓 #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

-毎度遅くなりまして、本当にすみませんです(;;)-
chachaさん

こんばんはです

リシェット(グリーグ)とゲルドリック(パーン)の認識の違いと申しましょうか、リシェット(グリーグ側)の知らない事実へと話が、進んでおります。
その為、キッチリとお浚いする様な切り出し方になっております。
しかし、リシェットは、初めからゲルドリックを疑っておりまして、話自体を信用していない様子で、ゲルドリックは、必死ですね(^^;)
そんな二人に関わってくる、白魔導使いと言う存在は、未だ不透明ではありますが、間違いなく悪の根源と言えるもの達です。
何れ、必ず衝突する相手です。
色々と、刺々しい現状ですが、見守って頂けると、幸いに思います。


楓さん

こんばんはです

詳しくお浚いして、説明を入れているリックは、まさに先生の様な感じで、じじくささを醸し出しております(笑)
楓さんの小説「冒険物語」は、歴史に事細かい設定と過去に密着した、素晴らしいお話だと思います。
私も、楓さんの、しっかりまとまった設定のお話に憧れております。

ゲルドリックとリシェットの背景に見え隠れする白魔導使い達の存在。
それは、とても大きく強力な存在である事は間違いないです。
旨くリシェットと和解が成立すれば、確実に魔導界の動きが変るはずなのです。
次回も、頑張ります(^▽^)つ
2007/03/03 18:33  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/126-48fab887
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。