スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 自然共存を求む者 (66)
- 2007/03/03(Sat) -

そんなリシェットの様子を見ながら、ゲルドリックは話を続ける。
「我々パーン一族は、忌み嫌われ、疎外される社会から離れ、隠れ蓑としての場所を探していた時、深い森で暮らすグリーグ一族とであったのだ。グリーグ一族の暮らす深い森は、我々パーン一族にとって、都合の良い閉鎖的な場所だった為、森の場所の一部を提供してくれる代わりに、普通の人間が森に入って来れない様、森全体に黒い霧を張り、森を守ると言うグリーグ一族との共存共栄する道を選んだのだ。その事があり、我々パーン一族の住む土地を提供してくれたグリーグ一族に対して、当然、恩を感じていた筈だ。たとえ、黒と緑が対抗色で相性が悪いと言えど、ベストな共存共栄を育んだ相手を、侵略目的でグリーグ一族を襲ったとは、とても考え難い」
 そうゲルドリックが言い終えるとリシェットは直ぐに言葉を発した。
「争いが起きる前、我々グリーグは白魔導士達から、お前達黒魔導使いが森を奪おうとしていると忠告を受け、その事実に気付いた。案の定、目的がばれたとばかりに手の平を返した様に襲って来た。そのお陰で半数以上のグリーグを失った。全て、お前達パーン一族によって殺された事実は変らない」
 リシェットは、ゲルドリックに対して、疑いの眼を崩さない。
「我々パーン一族の存続が危ぶまれたとは言え、グリーグを殺めてしまった事は、俺自身も正しい判断だったとは思えない。非を認めて償おうとも想う。しかし、森を奪おうとパーン一族が企んでいた事に関しては、あり得ない。考えたくは無いが、もし仮に、その様な目的でグリーグ一族に近付いたとしたならば、間違いなくグリーグ一族を一人残らず根絶やしにしていたであろうな。それに、白魔導使いのお前達への忠告は、我々の共存を断ち切り崩す為に吐いた偽りと考えた方が辻褄が合う」
「そこまで言うのなら何故、エルフが森と言う自然が無くては生きられない事を知って置きながら、グリーグの住む森を壊滅したッ!」
 強調する様に、リシェットは言葉を荒げてゲルドリックを直視する。
 すると、一気にその場の空気が張り詰めた。
「やはり、一番重要なのは、その部分の誤解だ。我々パーン一族は、森などを破壊していない……いや、出来ないと言った方が正しい」
 少々取り乱し気味のリシェットに対して、ゲルドリックは、冷静に語る。
「森を壊滅していないとは、どう言う意味?恩があるから、と言い訳するつもり?全く理由にならないわッ」
「違うッ!森を破壊したのも全て白魔導使いの達の……」
「ゲルドリック。私は、代々先祖からの口伝えで、その時に森がどうなったのか話は聞かされている。グリーグの住む場所は、争いが起こってから、そう日が経たない内に起き、見渡す限り木々が腐り果てていたと。白魔導士達が、木々を腐らせたとでも言うの?呪いの力を主体とした黒魔導の方が森を腐らせるのに適した能力だと私は考えてるけど…」
 ゲルドリックが言葉を言い終わる前にリシェットは、正しいと言わんばかりの意見をぶつける。
 だか、ゲルドリックは、半分睨んでいる様に直視するリシェットの眼線を受け止めるが如くリシェットを見る。
「それは、大きな間違いだ。リシェット!エルフであるお前が密接に関係する事だが、木々の一つ一つに精霊が宿っている事は、わざわざ俺が口に出さずとも知っているだろ。精霊は、黒魔導ではとても太刀打ち出来る領域ではない。もし、黒魔導を用いて森を破壊しようと、木の奥底に宿る精霊だけは黒魔導が通用しない。よって、木を何らかの形で外的に破壊したとしても、木に精霊が宿っているならば、お前達エルフの力で直ぐに修復出来た筈だ。だが、グリーグ達は森を修復出来なかった。グリーグ達が森を修復出来なかったとすると、木に宿っている筈の精霊が、既に失われていた可能性が考えられる。となると、考えられる可能性のは一つしかない」
「ッ……!」
 ゲルドリックの言葉を聞いて、何か気付いた様に驚きの表情を浮かべ、眼を見開くリシェット。
「やっと、そこに気付いてくれた様だな。そう、今お前の頭を過った通りだよ、リシェット。精霊を亡き者に出来るのは、唯一、精霊を浄化出来る者の仕業。即ち、白魔導使い以外には到底不可能な事なのだ」
 ゲルドリックの決定的とも言える言葉は、今までパーン一族への復讐をする事だけを願っていたリシェットの思想を、見事に打ち砕いた。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
<<Time of the photograph world (1) 照明 | メイン | [Necro Boy] 自然共存を求む者 (65)>>
コメント
-おはようございます-
そっか…
森を完全に破壊するとしたなら
木々に宿っている精霊達も全て
破壊しなければならない事ですよね~…

リシェットもそこに
やっと気がついてくれたのですね。

今まで「復讐」の為だけに
ここまできたリシェット…

これからどうするのでしょうか・・・
2007/03/03 07:08  | URL | 海月 #9xVGaoVI[ 編集] |  ▲ top

-kikurageさん、おはようございます☆-
精霊が失われていた、森。
精霊がいれば、修復できることを知っているリシェットさん。
修復できなかったということは、精霊がいなくて。
でも、パーン一族は精霊を殺すことはできない。
リシェットさんの中で、きっとつじつまが合ったはず。
そして、事実として受け止めつつあるはず。
でも、今までの復讐にのみ心血を注いできたリシェットさん。
そのショックは計り知れないですよね。
でもきっと、リックとセグナが癒してくれるはず!!
あぁ、リシェットさん、切ないですね・・・・
2007/03/03 09:23  | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 編集] |  ▲ top

-おこんばんはです☆-
やっと、やっと、重要なことに気付いてくれたリシェットさん。。。長い誤解、沢山の犠牲…それでも、もう一度、かつて共存共栄できていた頃のバーン一族とエルフ一族に戻ってもらえたら・・・
でも、リシェットさんのショックを思うと、すぐにはそうはいかないのかな。。。

それにしても、リックの推理が正しければ、白魔導士たち、本当に恐ろしい人たちです。
これからの戦いの行方が気になります(>_<)
2007/03/03 21:04  | URL | あきらら #-[ 編集] |  ▲ top

-度々、コメント返しが遅くなっておりまして、スミマセンです(;;)-
海月さん

こんばんはです

海月さんの仰います通りなのです。
リシェットは、リック(パーン一族)の仕業と最初から決め付けた上での「復讐」でしたので、ゲルドリックの明確に間違いであったと突きつけられたのですから、リシェット自身、今まで糧にしていた物が崩されたのと、自分の間違いで起こした行動に、大きなショックを受けております。
やっと、大方誤解が晴れた所です。
この先の展開は白魔導使いの企みに話を進めて行きたいと思います(^▽^)つ


kazu osinoさん

こんばんはです

グリーグの住む森の壊滅。
それは、木の精霊が失われた事によって起こされた事が、リックの話で明らかになりました。
しかも、黒魔導では不可能であると共に、精霊を浄化できるのは、白魔導使いにしか出来ない事も判明した今、リシェットの今まで復讐する事だけを糧にしてきましたが、それは、崩されました。
リシェット自身、信念をもとに、復讐する事だけを考えていたのに、それ自体が間違いだった事実。
とてもショックだと思います。
大方、誤解の解けた事によって、話の方向性が変って行きます。
次回からは、白魔導使いの企みの話になります☆


あきららさん

こんばんはです

やっと、リシェットに真実を打ち明ける事が出来ました。
しかしそれは、リシェットにとっては、残酷な事です。
今まで信念を持って、復讐を果たすつもりでいたのに、蓋を開けて見れば、実は自分の信念で起こそうとした復讐が、大きな間違いだった事実。
全て、無害とさえ思っていた白魔導使いが、仕組んだ事。
ショックは大きい物です。

次回から、白魔導使いの話に入って行きます☆
2007/03/03 22:08  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-そうだったんだ…-
森を破壊するには、木に宿った精霊を消してしまわないと出来ないことだったんですね。
リック達、黒魔導ではそれが出来ない。
出来るのは、白魔導の力で浄化するしかないとは…
そこまで分かると、リシェットも受け入れるしかないですね。
でも…
リシェット、少し、可哀想ではありますが><
ずっと敵だと思ってきた相手が間違いで、実は仲間だと思っていた方が敵だったなんて…

二人は和解成立なりますかね!?@@;
どうか最強トリオ(セグナ含めて^^)で立ち向かって欲しいです!!
頑張れみんな!
2007/03/04 20:51  | URL | chacha #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは☆-
かつてはグリーグ一族と共存していたパーン一族。
題にある、「自然共存を求む者」とは、
大誤解を解きたいと思うリックなのですね。
背負うものの大きさを感じます……。

木々の精霊を亡き者にし、エルフたちの住まいを奪い、その罪をパーン一族に被せた白魔道使い。
うぬぬっ。次回に明かされる話が楽しみですv
2007/03/04 21:19  | URL | c.p #-[ 編集] |  ▲ top

--
chachaさん

こんばんはです(^0^)/

そうなのです。
グリーグ達が元々住んでおりました森は、木の精霊達が多く存在するので、そう簡単には、破壊出来ないのです。
もし、破壊をするとしたら、木の奥底に宿っております精霊ごと、消さなければならないのです。
当然、パーン一族達には、不可能な事が判明致しました。
その事に、リシェットはショックを隠しきれません。
次回は、白魔導使い達のお話になります☆


c.pさん

こんばんはです(^0^)/

c.pさんの仰います通りでして、題名の「自然共存を求む者」とは、エルフ自体を指しておりますが、エルフにとって、自然=森がどれだけ大事なのかを表しております。

グリーグ(特にリシェット)が、パーンとの争い以降、大よそ100年間忘れずに拘って来たのにはその理由があり、森と密接な関係があるエルフにとって森の壊滅は死活問題なのです。
パーン一族が仕掛けたとされた事全ては、白魔導使いの仕組んだ罠。
その白魔導使いの目的とは如何に!?
2007/03/05 01:26  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-にゃるほど・・・-
そんないきさつが・・・
そして、そんな真実が隠されていたんですね。
白魔導士・・・
白のくせに許せぬやつら!!!←偏見。笑
結局、誰が一番徳をしたのか?
それを思えば、おのずと答えは見えてくる。
ぬおおおお、リックとリシェット・・・
この二人が手を組めば凄いことになるのでは??!
2007/03/06 17:58  | URL | 楓 #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

--
楓さん

こんばんはです

実は、そんな経緯がありました・・・
あああ!そこに気付いて頂いて、とてもうれしいです!
イメージ的なものなのですが、白=正義、黒=悪と言うある種、固定観念見たいな感じに囚われますよね。
実はこの[NecroBoy]では、その概念を崩そうと言う私の考えがありまして、この様な設定にしました。

全ての元凶の白魔導使い達の企みが、次回明かされます!
2007/03/07 21:41  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/127-1496539d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。