スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 高所の徘徊者 (7)
- 2006/06/26(Mon) -


                +

 ビルとビルの隙間から、ひょっこりと顔をだし、辺りの様子を窺う。
 何が何だか分からなく、状況を把握出来ていない少女がそこに居た。
 ゲルドリックの言うがままに従って、隠れてそれっきりほっとかれていたのだった。
「―――私は、これからどうすれば良いのよ」
 当然、晴美の不満を聞いてくれる者は居なく、自問自答の様に呟く。
 晴美自身、二週間前のゲルドリックを見かけた時と、さっきまでこの場所で繰り広げられた出来事が、余りにも非現実的で、晴美は少し混乱していた。
 両手を広げ、深呼吸をする。

「――――――」

 思考をクリアにして冷静に考える。
 それでも、晴美の中では最初から決まっていた。
 自然に足は、ビルの方に向ける。
 ビルの高層部を見上げ、意を決して歩き出す。
 ビルの正面の入り口から入ろうとしたが、自分の身なりからして、ビルの関係者では無い事は一目瞭然。警備員やビルの関係者に不審に思われて、質問責めに遭うのは明白だった。
 晴美は、ビルの裏手に回り、非常階段を探す事にした。
 暫くビルの裏手を歩くと、それは、簡単に見つかった。しかし、非常階段には、鉄柵の扉があり、外側から開けられない仕組みになっていた。
 扉のノブを回してはみたが、当然、入れる状態になかった。 
 晴美は、困った顔をしながら、辺りを見回す。
 非常階段の横には、鉄柵があるのだが、上の鉄骨との隙間があった。
 晴美の目測で、およそ80センチほど。
 すぐさま近くの塀をよじ登り、塀と非常階段の隙間の距離を目測する。約1メートル弱。
 行けると確信すると、晴美は、屈伸する様に少し屈んで、せーの、の掛け声と共に隙間へ跳び移る。


スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
<<[Necro Boy] 高所の徘徊者 (8) | メイン | 登場人物紹介 (3)>>
コメント
--
今回も拝見させていただきました。箇条書き的というか・・つまり、文章を短く切る事により、より臨場感と緊迫感が出ていて、早く続きが気になるしだいです。
2006/06/27 03:09  | URL | Thanatos #-[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
晴美ちゃん・・・
行ってしまうのですね^^;
でも、見に行きたくなる心境は
とってもわかります^^;
2006/06/27 10:00  | URL | かんげつ #-[ 編集] |  ▲ top

--
Thanatosさん>

こんにちは^^

小出しですみません;;
出来るかぎり、長く文章を掲載できるように精進したいと思います。

かんげつさん>

こんにちは^^

晴美ちゃんは、心につかえがあると、我慢できないのです。
そのため、危険な事にも首を突っ込んでしまうのです^^;
2006/06/27 13:50  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
書き込みありがとうございます^^
出来ればリンクさせてもらえませんか?
2006/06/28 16:38  | URL | ☆浪鬼☆ #-[ 編集] |  ▲ top

--
浪鬼さん!こんにちは^0^

どうぞ、構いません。
リンクを貼っていただけるなんて、うれしいです^0^

私も浪鬼さんのリンク是非貼らせてください。
2006/06/28 16:47  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
コメントありがとう~!
自分のHPのリンクにkikurageさんのHP
張らせてもらいました~。
俺のHPも、もしよければリンクに張ってくださいませ~。
2006/06/28 19:04  | URL | 極剣 #XdZdpQjU[ 編集] |  ▲ top

--
極剣さん。有難うございます^0^
さっそくリンク貼らせていただきます。
2006/06/28 19:12  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちわ^^-
うわ~!
敵との戦いのシーン、この先見れるんでしょうね☆ドキドキ^^
晴美・・・危ないってば!!><
本当に好奇心旺盛というか、首突っ込むの好きだなぁ(笑)

描写上手いですね☆
目の前で実際見ているかの様です^^
また続き読みに来ますね!ポチッ☆

追伸:勝手ながらリンクさせていただきました^^;すぐ読みに来れるように(笑)ご迷惑でしたらお知らせください!
2007/01/08 12:38  | URL | chacha #-[ 編集] |  ▲ top

--
chachaさん

こんばんはです(^0^)/

早速、「高所の徘徊者」編の方を、読んで頂きまして、感謝しておりますm(_ _)mペコリ

そうなのです。この後、いよいよ戦いのシーンに入って行きます!
しかし、なんの能力も無い普通の晴美が、あえて危険な選択を取ってしまいました。
ちょっと、まずい状況に・・・(笑)

chachaさんにそう言って頂きまして、光栄に思いますm(_ _)mペコリ
ポチまで、頂きまして感謝しております。

リンクを貼って頂けて、とても嬉しいです。どうか、私の方からもお願い致しますm(_ _)mペコリ


2007/01/08 19:42  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
晴美さんはじっとして居られず、ビルの方へと向かってしまいましたね。
彼女が今後どのような動きを見せるのか、ゲルドリックさんの前に現れた敵がゲルドリックさんとどう戦うのか、次回の展開に期待します
2007/02/17 13:17  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top

--
要さん

コメント返しが遅れまして、すみません(;;)

リックに忠告された晴美ですが、リックが心配の為、結局リックの忠告に背いて、ビルの上へと向ってしまいました。
ゲルドリックは、敵と遭遇、対峙します。
いよいよ始まる戦いです。
どの様に戦うのか期待して頂けましたら幸いです!
2007/02/19 19:01  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/14-baa7064c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。