スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鋼構造的追跡者 (3)
- 2007/04/14(Sat) -
「えぇ。飛び切りの上物ですよ。特にその青のポータルはね。青の魔導使いは、かなりの使い手だった。ヒラリーの協力が無ければ奪う事すら叶わなかったでしょうな恐らく」
カーソンは、人差し指と中指で、自分の額を摩る。
「ほう。カーソン君程の実力ですら、手を焼く事があるとは……。魔導使いの世界もそんな甘くは無いのだな」
 カーソンの言葉が余程意外だったのか、少々不安な表情を見せた。
「全くですよ!我々の仕事は、ポータルを奪うと言う前提で魔導使い達を襲う訳です。だから、こちら側としては、至極真っ当な勝負など体力の消費の激しい形は極力避けたいし、隙あらば、いつでも容赦無く奪う。だが、すんなりポータルを奪われる程、奴らだって馬鹿じゃない。相手側の身構え一つで奪える確率は極端に減る。まあ、我々の仕事は、攻め際で敏感に作用される……」
 カーソンは、そう言うと、座っているソファーに身を任せる様にして背伸びする。
「成る程。私とカーソン君がこの仕事の関係を築いてから2年になるが、君からその様な事を聞かされたのは、初めてだ。よし、支払いは、いつもの通りで良いんだな?」
 小早川は、ソファーに座るカーソンに対して確認する。
「ああ、その方向で頼みます。手で持ち歩くには、少々嵩張るから。………さて、取引の済んだ所で、早々と退散します。我々には、次なる目的地がありますので」
 カーソンは、立ち上がり、小早川の前で軽く頭を下げると、小早川が慌てた様子で、止める。
「まあ、そんな急がずに私の話を聞いてもらいたい!」
「えっ?」
 不思議そうに小早川を見るカーソン。
「実は、此処を去る前に、一つ君にやってもらいたい仕事がある」
 小早川は、そう言うと、大きなデスクの引き出しを開け、その中からクリアーファイルに挟まれた紙をカーソンの前に差し出した。
「これは?」
「まあ、開いてみたまえ」
 カーソンは小早川の言う通り、そのファイルを手に取り、目を通す。
「ンッ!!これは……」
 カーソンは、渡されたファイルの内容を見て、眼を大きく見開いた。
「ああ、そうだ。どうも、この国にいるらしく、最早、命令に近い形で私の所に依頼が来た。組織がマークしている人物らしい。君なら、そいつのポータルを奪えるのではないかと思ってね」
「………これは、偶然か?……ミスター・コバヤカワ。この依頼受ける事にするよ」
「おおっ!そうか!やってくれるかっ!それは助かるし、組織にも顔が立つ。なら、これから滞在する間のホテルを私が手配しよう」
「カーソン?」
 ふと、隣に座るヒラリーが、声を掛ける。
「何、別に俺等は、急いでいる訳ではないだろう。たまには、こう言う飛び込みの仕事もありじゃないかと思っただけさ。別にお前も不満は無いだろ。ヒラリー?」
「フフフッ!相変わらず嘘が下手ね。カーソン。そのファイルを見た時の彼方の反応を私が見過ごすと思う?かなり訳ありと言う感じだわ」
 ヒラリーは、口に手を当てて、半笑いでカーソンに言った。
「やっぱり、お前にはバレてたか。そう、このターゲットは、以前俺が、追っていた者だ!そして、俺がこの仕事で唯一、取り逃がした者でもある………」
 カーソンは、そう言って、小早川から渡されたファイルをヒラリーに手渡す。
「えっ!?彼方が?信じられない」
 ヒラリーは、意外な眼つきでカーソンを見た後、手渡されたファイルを見た。
そこには、写りの悪い写真と名前が記名されていた。
「ゲルドリック・ルナ・パーン………、パーン……何処かで聞いた様な名前なんだけど…思い出さない」
 ヒラリーは、顎に手を当てて考える。
「……パーンって、あれだろ?ほら、世界魔導抗争時代の……」
 カーソンは、ヒラリーに助言をするかの様に呟く。
「あっ!クロスダインを破壊したあの一族って事!?聞いた事ある筈だわ!有名じゃない。じゃあ、カーソンが逃したのも窺えるわね。相当な使い手だったんでしょ?」
「そうか?例え、クロスダインを破壊した一族だとしても、そりゃ、昔の話だろ?今は、関係無ぇ。取り逃がした理由にもならねぇよ!だが、今回は絶対に逃がさねぇ」
 カーソンは、不的な笑みを浮かべる。
「ホテルの部屋を手配した。運転手付きの私の車でそのホテルまで送ろう」
 小早川は、会社の電話の受話器を置いて言う。
「ホテルまで手配して貰っちゃって、すまない。ミスター・コバヤカワ」
「何、依頼を引き受けてくれたんだ。この位させてくれ」
「では、私達はこれで失礼します」
 カーソンとヒラリーの二人は、その場に立ち上がると、部屋の扉の方へ歩き出す。
「くれぐれも、頼んだぞ!」
 カーソン達が扉の前辺りに立つと、小早川が念を押した様な言葉を発する。
「………必ず、奴のポータルを奪って見せますよ!」
 カーソンは、真剣な表情で小早川の言葉に対して自信に満ちた言葉を返し、カーソンとヒラリーは、部屋を後にした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
<<Time of the photograph world (4) ミル | メイン | TVバトンです(^▽^)つ♪>>
コメント
-な、なるほど!-
カーソンとゲルドリック、過去にそんな関係があったとは・・・!
リックは覚えてるんでしょうか??
カーソンが唯一逃した相手、だし、二度目となると前回以上に本気出してきそうですから・・・
リック、かなり危険な状況になりそうですね><

そして、カーソン達はどうやってポータルを奪ってるんでしょう??
そこの所も早く見てみたい所です^^
いえいえ、決してリックのポータルが奪われることを望んでいるわけではないんですよ!(笑)
あぁ~ドキドキが募ります!

小早川に依頼をしてきた人も誰なのか知りたい気もしますが・・・
謎は除除に明らかとなるのが楽しいですしね!ここは我慢ガマン(笑)
続き、楽しみにしています!^^
2007/04/14 19:13  | URL | chacha #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは☆-
リックがロックオンされたぁ!!
ぅわわw 二人がどうやって過去、ポータルを奪ってきたのか、その手法が気になるところです!
2007/04/14 23:23  | URL | c.p #-[ 編集] |  ▲ top

-うおおおお-
これは・・・、これは冒頭に話しがつながったですね!!
晴美ちゃんに見られたあの・・・・
唯一だったんですね、取り逃がした。
リックもセグナもリシェットさんも、一つの目標を決めたのに、強大な敵がリックを目標に定めた・・・。
うらに組織を抱いた・・・・・。
うわわ、リック!
がんばって!!
2007/04/15 10:54  | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
えぇぇぇ!!
リックが危ないです!!(ToT)
もしかしたら、以前出てきた人
逃げちゃった人かな?

一体、何の目的で…
『趣味』ではなくて
何か大きいものが渦巻いてそうで
とっても怖いです!!
そしても晴美ちゃんも、何だか心配…

リック、気をつけて!!(ToT)
2007/04/15 13:32  | URL | 海月 #9xVGaoVI[ 編集] |  ▲ top

--
chachaさん

おはよう御座います(^0^)

何気に2人は、ライバル的な関係にあったのです☆
カーソンにとっても、一度失敗しているターゲットなだけに、リベンジ精神を掻き立てる事になり、脅威と言えると思います。
しかも、今回は2人と言う事で、尚更です☆

後々ではありますが、カーソンとヒラリーの未だ明かされてない能力が公開できらばと思っております☆

「小早川に依頼をしてきた人も誰なのか」chachaさん鋭いです!
小早川に依頼した組織とは、一番肝心な所で、見えそうで見えない部分です(^^;)
こちらも除々に明らかに出来たらと思います。


c.pさん

おはよう御座います(^0^)

リックがロックオンされてしまったとです!
2人が組んでいる所をみると、同じ能力である可能性が高いのですが、未だ見えない部分です!
徐々に明らかにして行きたいと思います☆


kazu osinoさん

おはよう御座います(^0^)
おぉ!kazuさん鋭いッス!その通りでッス!
今までとは、違う方向からの刺客と言った所でしょうか。
リックの知らない所で、確実に狙われております☆
小早川のバックに存在する組織も気になる所ですので、少しずつ明らかにして行きたいと思います☆


海月さん

おはよう御座います(^0^)

今回は、ある組織から直々にポータルのを奪えと、名指しで指定してきました。
ターゲットは、リック!
しかも、カーソンとリックは、以前にもぶつかっている相手。
[Necro Boy]の異端者到来の話しで、登場してはないのですが、繋がっております☆

そう、あくまでコレクションとされ、半ば『趣味』と言う範疇らしいのですが、それ以上の目的が!?
海月さん鋭いです!

こうして、今回の話は進んで行きます☆
2007/04/16 07:04  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-や・・・-
やはり小早川はポータルノコレクターだった!!
そして、リックとカーソンは過去に対峙していた。
・・・あ、確か高所の徘徊者の最初にリックが負傷していたところを晴美ちゃんが助けたとき、リックの負傷の原因がそれじゃなかったでしたっけ??
護るには護ったけど、結構な深手を負ってましたよね。
リック・・・大丈夫か??
おもいっきしねらわれてますが!!!
それにしても裏に潜む組織とは・・・まさか白?!!
2007/04/17 11:46  | URL | 楓 #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

-大分、ご無沙汰してしまいましたm(_ _)m-
楓さん

どっかの会社の社長らしき小早川なる人物は、ポータルのコレクターでした。
裏の組織がリックの知らない所で、大規模に動いています!

そうです!良く気付いてくれました。
晴美ちゃんが、最初にリックとであった時の怪我を負っておりました。
その怪我もカーソンによるものの可能性は大です!
裏の組織を動かす物とは一体?
2007/05/24 21:15  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/142-49172989
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。