スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 高所の徘徊者 (8)
- 2006/06/28(Wed) -


「――――――ッ!」

 ゴトン、バン。旨く隙間に入れたものの、跳び移った瞬間に、左足のつま先を鉄柵にぶつけてバランスを崩し、足場の悪い階段で転げてしまった。
「いったぁ~~~い」
 ぶつけた所を手で押さえて、思わず、涙眼になってしまう。主に右肘と左膝を強打したのだった。
 幸い、怪我と言う怪我ではないので、ゆっくりと立ち上がり、階段を上り始める。
「こんな事までして、上に行こうだなんて、何考えてるんだろう?私って」
 頭を抑えながら、そんな事を口走った時、外に出る前に、ゲルドリックと交わした約束を思い出した。
「まず、絶対俺の指示に従う事。それと、何らかの理由でくたばったとしても、俺の事はほっといて、とにかく逃げろ。良いな?」
 晴美の動きが一瞬止まった。しかし、再度、階段を上り始める。
「あの時、リックの条件を断ったら、止められるって分かってたから頷いちゃったけど。家に匿って、怪我の手当てまでして、自分が死んだらほっといて逃げろだなんて、そんな事出来るわけ無いじゃない。冗談じゃ無いわ!」
 怒りの感情からか、階段を上る足が一歩ずつ力強くなっていく。
「私を置き去りにした、リックが悪いんだから。もう!」
 晴美は、心の中で、リックに会ったら一発ひっぱたいてやりたいと思っていた。
 
 非常階段の3分の1を上り終えた頃、遠くで賑やかな音と掛け声が聞こえて来る。
 晴美は、直ぐ音の聞こえる方向に顔を向けた。そして、気が付く。
 隣町のお祭りの日。年に一度二日間だけ行われる物だった。
「そういえば、今日。お祭りの日だったわね」
 無意識に、時間を確認しようと、ポケットから携帯電話を取り出す。
 携帯のランプが光っているのに気付き、晴美は、慌てて確認する。
 一件の着信メールが届いていた。メール内容を確認すると、潤子からのメールで、お祭りのお誘いの内容。このメールが着てから、軽く一時間半が経過していた。
 その場で、酷く肩を落とす。
「―――気が付かなかった。どうしょう。後で、潤子に何言われるか。言い訳考えないと~~って、こんな事してる場合じゃない」
 結局は、リックと一刻も早く会う為に、階段を上り始める晴美だった。


スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<[Necro Boy] 高所の徘徊者 (9) | メイン | [Necro Boy] 高所の徘徊者 (7)>>
コメント
-おはようございます(^_^)-
あぁ・・、晴美ちゃんが活躍してるに、怪我をしてしまいましたね。大丈夫なのでしょうか?
つい、小説にのめり込んでいるイソギントリオでした。
次回の更新が楽しみです。頑張ってください。応援してます(o^-')b
2006/06/29 06:23  | URL | イソギントリオ #-[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
思わず
「イタタタ…」
と言ってしまいました^^;
Kikurageさんの文章は本当に引き込まれます。
その時の風景や晴美ちゃんがメールを見て
ガッカリ肩を落としている様子が目に浮かんで
「潤子ちゃんにどんな突っ込みされるんだ?」
なんて思いました(^▽^)
もうすっかりとKikurageさんの小説にはまっています(^▽^)
2006/06/29 09:50  | URL | かんげつ #-[ 編集] |  ▲ top

-ありがとうございます^^-
リンク貼りどうもです^^
お互い頑張っていきましょう(笑)
2006/06/29 17:45  | URL | ☆浪鬼☆ #-[ 編集] |  ▲ top

--
イソギントリオさん

応援してくださって、有難うございます。そう言って頂けると、大変励みになります。がんばります。

かんげつさん

有難うございます。私の小説を読んで頂いて、かんげつさんには感謝してます。(^0^)
私も、実際に頭の中でその状況を浮かべながら手掛けてます。
けっこう書き直しが、多かったりしますけど^^;
読んでくださっている人の為にがんばります。

浪鬼さん

そうですね。
お互いに、精一杯がんばりましょう^0^/
私も、浪鬼さんを応援しています。
がんばってください!
2006/06/30 00:51  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
どうも~。
お久しぶりにコメントします。

晴美は元気がいいですね。
たくましいというか、なんというか。
こんな状況にも関わらず、友達のメールのことを気にするとは。
こういう演出いいですね。
その場にいない人でも参加したことになりますし、エピソードに厚みが出ると思います。
これからも掲載頑張ってくださいな。
それでは失礼します。
2006/06/30 17:54  | URL | バナナチップボーイ #-[ 編集] |  ▲ top

--
バナナチップボーイさん

コメント有難うございます^0^/

麦僊とした設定は、ある程度頭の中にあるのですが、細かな状況設定になると、いつも自分でいっぱいいっぱいになってしまいます(^^;)
そのため、やり直しが多いです。
なので、バナナチップさんの感想が大変嬉しいです(^^)

また、バナナチップボーイさんの所に遊びに行きます。
2006/07/01 00:32  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
思わぬ怪我をしてしまった晴美さんですが、ゲルドリックさんに会うために、歩き続ける事を決意しましたね。
次回の展開に期待します
2007/02/18 13:07  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top

--
要さん

リックとは違って、普通の人間である晴美は、少々無理をしてしまっておりますが、リックのところへ向かう為に必死です。
次回も成り行きを見守って頂けますと幸いです☆
2007/02/19 19:06  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/15-35bc6931
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。