スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鋼構造的追跡者(7)
- 2007/06/15(Fri) -
「でもさ、学級委員の早苗ちんが、ホームルームを無いものにしてまで限定クレープの列に並ぶなんて、結構意外な事でビックリだよ!ほら、学校では、いつも何て言うか…」
「真面目で、考え方が固そう?普段のイメージからそう思われるのは仕方が無いわ。立場上は、そうするしかないの。でも、私だって、こうして羽目を外したい時だってあるのよ」
 早苗は、潤子の言おうとした言葉の続きを言い当てると、確かにと、自分で納得した様子でクスクスと口元で笑う。
「確かにそれには、私も同感に思う。でも、良かったと思う。早苗さんが親しみ易い……」
晴美が、早苗と話している途中、晴美の学生制服のスカートのポケットから、携帯電話の着信音が鳴り出した。
「えっ!メール?」
 晴美はそう言うと、ポケットから、携帯電話を取り出して、画面を開く。
「さっきのメールを読んで、思い出した。今日は限定クレープの日だった事をすっかり忘れていた。そこで頼みがあるんだけど、俺の分まで買って来て。ヨロシクって……」
メールの文章を読むなり晴美は、大きな溜め息を吐くと、返事のメールを打ち始めた。
 そうこうしている内に、お店の中から、白いコックコーにエプロンを身に纏った、お店の女性従業員が、何やら手元に紙の切れの束を持って現れる。
「あれ?あの店員さん、列に並んでる人の人数を数えてるみたいだけど……」
 最初にお店の店員の姿に気付いた潤子は、その店員の方を不安げに見つめる。
「あら、本当ね。う~ん、店員さんの手元の紙の束から察すると、整理券ね!多分、あの整理券分までしか限定クレープをお目に掛かれない様子ね…」
 早苗は、険しい表情で眼鏡の縁を人差し指で直す。
だが、直ぐにクレープ屋の店員さんが回って来て、潤子、早苗、晴美の順番で整理券を手渡され、潤子の不安は無きものとなった。
「67番目だ~!結構頑張った方だよね私達!ありゃ!?いつの間にか、列の後方は凄い人の数になってる!」
 潤子が、後を振り返ってそう口走りながら見る方向には、列の最後尾が確認出来ないほどの列が連なっていた。
晴美達が話している間にも後から人が次々に並んでいたのだった。
整理券を配るお店の店員が、最後の130枚目の整理券を列に並んでいるお客さんに手渡すと、それ以上後方に列を成している人達に対して、申し訳なさそうな表情をする。
「本日は、わざわざお並び頂いて有難うございます!ですが、今回ご用意出来ます限定クレープの方は、限りが御座いまして、勝手ながら、整理券を配られたお客様までとさせて頂きます。すみません!」
頭を何度も深々と下げ、お詫びの気持ちを込めながら謝る。
すると、整理券を貰えなかった後方の列の人達は、がっかりと残念そうに落胆の色を隠せない人や、半ばうな垂れながらふて腐れた態度を露にし、段々と連なって列を成していたものは瞬く間に無くなった。
だが、黒いビジネススーツの装いをした、少々背の高めで、金色の後髪を束ねた女性は、クレープ屋の店員の行った事を聞いていたのか、いないのか、周りの人々が去る中、腕を組みながらその場に立ち尽くす。
その女性とは、ヒラリーである。
 その立ち尽くす女性に気が付いた店員は、少し戸惑い、話し掛けようかどうか迷った様子である。それもそのはず。立ち尽くす黒いビジネススーツ姿のヒラリーは、明らかに白人なのである。
「あっ、え~と、エクスキューズミー?」
 店員は、勇気を出して、しどろもどろしながらジェスチャー混じりにヒラリーへ声を掛ける。
すると、声を掛けられたヒラリーは、店員の方を見下ろし言葉を発した。
「クレープ無くなっちゃったのね。残念だわ」
「えっ!?」
店員は、ヒラリーが普通に言葉を話せる事にビックリした様子である。
「あっ!心配しないで。言葉は分かるし、話せるから!ちょっと気になって並んだのよ。でも、売り切れみたいで、残念だわ」
 ヒラリーは、適当に店員に笑顔を見せる。
店員は、安心したのか、言葉が通じた事が分かると、笑顔を返して、お店の方へ戻って行った。
「こんな所で、並んでる所をカーソンに見られたら、彼はきっと怒るでしょうね!」
 口元に手を当てながら、クスクスと笑うと、ヒラリーは、その場を後にした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(5) | ▲ top
<<庭に咲いている花・・・ | メイン | Time of the photograph world (5) 木洩れ陽>>
コメント
-おはようございます-
晴美ちゃん達
買えることになって良かったです^^
そしてリックからのメールを見た
晴美ちゃんが想像できました(笑)
しかし131番目の人は
もうガッカリでしょうね(ToT)

こんなところにヒラリーがいたのですね!!
何ということ…
晴美ちゃん達に何もないといいのですが…(ToT)
2007/06/15 07:15  | URL | 海月 #9xVGaoVI[ 編集] |  ▲ top

--
ヒラリーさんが可愛い件(いただきです!
2007/06/16 00:39  | URL | ぬこ #Tf9aLMeg[ 編集] |  ▲ top

--
海月さん

こんばんはです(^0^)

列の全体で言えば、早い方でした。
潤子ちゃん達頑張りましたね(笑)
リックも、かなり無茶苦茶な頼み事を晴美に頼んでいたのでした(^^;)

本当ですね。
131番目の人は、本当に可哀想です。
並ぶだけ並んで、売り切れですと宣告されると、私も凹んでしまいますねきっと!

そうなのです。
実は、この列に並んでいたヒラリー。
直接、リックとの接点は無いものの、先行き不安な物が感じられます。

次回も、頑張りますです(^▽^)つ


ぬこさん

ヒラリーを可愛いと言って頂きまして有難う御座います☆
2007/06/16 02:26  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-良かった良かった☆-
晴美達はなんとかクレープげっと!なりそうですねん☆(^.^)ホームルームを中止までしたのに買えなかったら…もぉその落ち込みといったら言葉では表せないでしょうね…(;_;)
買えなかった人、本当に残念でした!(>_<)
って、その中にヒラリー!?
あの、ごめんなさい。「敵ながら可愛いぞ!」って思っちゃいました(笑)
でもこんな近くにいるなんて…あぁ、ドキドキです(>_<)
2007/06/17 20:46  | URL | chacha #-[ 編集] |  ▲ top

--
chachaさん

こんばんはです(^^)

何とか、ホームルームを行わずに早めに並んだ甲斐があったようです♪
確かにそうですね。
これで、買えなかったらかなり悲惨な事ですので、潤子が大変な事になっていたかも知れません(笑)
実は、その列にヒラリーが並んでおりました。
ヒラリーと晴美達は、直接の関わりを持っておりませんが、意外にも近くに敵が…と言う一瞬緊迫ムードになりました。
これから、どの様な事件で出来事が絡んで行くのかと言った所ですね(^^)
2007/06/18 02:16  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。