スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鋼構造的追跡者(9)
- 2007/07/11(Wed) -

+

3時も、20分程が過ぎようとした頃、晴美、潤子、早苗の3人は、漸く例の限定クレープを買う事が出来た。
晴美達の後には、未だ整理券を握り締めた限定クレープを買い求めた客が、ずらりと並んでいる。
シャンスト・ロッドなるクレープ屋の今日限りの限定クレープは、その大きさ故に、普通のクレープ生地を2枚使用し、中身には、旬な夏をイメージしたバナナ、パイナップル、スターフルーツ、マンゴー、パパイヤ、スイカと、6種類もの南国フルーツ三昧な果肉に、ホイップクリームをふんだんに使用してコーティングし、補強の為に最後3枚目のクレープ生地を更にその外側から巻くと言う何とも豪快なクレープの姿であった。
大きさで言えば、潤子のお気に入り〝店長スペシャル〟と同等の大きさ。
しかし、中身は、南国フルーツのオンパレードと言う魅力的且つ未知な領域に眼が釘付けになる潤子である。
3人は、無事にクレープを買い終えると、クレープ屋の前に広がるテーブルを見渡すが、どの席も開いている様子が無く、仕方が無く3人は、何処か落ち着いて限定クレープを食べられる所を探し始めた。
「流石に限定クレープ販売日だけあって、テーブルが空いてないねぇ~。こんな人が混んでるの初めて見たよぉ!」
 限定クレープを片手に、シャンスト・ロッドのテーブルが満席と言う、普段では絶対に有り得ない光景を異様な表情で見渡す潤子。
晴美と早苗も潤子と同じ様に見渡しながら、その既に満席になっているテーブルの間をすり抜けて、路地から商店街の通りに出る。
「想像以上の混みようだったわねぇ~。口にさえ出さなかったけど、内心ちょっと、もしかしたら買えないかもって、不安だった」
 晴美は、一息吐いて、並んでいた時の本音を二人に明かす。
「あら、意外!潤子さんに大丈夫って説得してた、晴美さんから不安の言葉が出るなんて!」
 眼を大きく広げ、少々驚きの表情を晴美に向ける早苗。
「う、うん。学校を早めに切り上げてまでして、並んだでしょ。あの時は、潤子に不安を煽る言葉はマイナスと思ってたから、あの様な言葉しか潤子に掛けられなかったのよ。でも、もし限定クレープが買えなかった時の潤子のリアクションを想像するだけで、恐くて恐くて仕方なかったの」
「成る程!つまり、晴美さんの不安要素は、限定クレープが買えるか買えないよりも、買えなかった時の潤子さんの態度が気掛かりだったのね」
 早苗は、納得した様に頷くと、眼鏡の淵を人差し指で触れながら、そう答えた。
「子供かっ、私はっ!例え、限定クレープが買えなかったとしても、それを直ぐ態度で表す程幼稚じゃない。酷いよ二人ともぉ~」
 そう言いつつも、若干、剥れる潤子は、晴美の方へと振り向く。
すると、そこには、眼を極端に細め、しらっとした冷たい視線を潤子に送る晴美の姿があった。
「ごめんなさい。言い過ぎました。晴美さんの仰る通りです……。だから、その人を突き放す様な視線だけは止めてぇ~」
 晴美の視線を痛い程に受ける潤子は、堪らずに、先ほど自ら言い放った言葉を撤回し、肯定する。

「あはははは!」

 晴美と潤子のそんなやり取りを見て、腹を抱え、笑い始める早苗だった。
晴美と潤子は、突然笑い出した早苗に対して、呆気に取られる。
「ふふふ…ゴメンゴメン!何か、二人のやり取りを見てると本当に可笑しくて、学校でもそんな感じだもんね。ほんと、良いコンビよ彼方達」
「そうそう。潤子のせいで、いつもペース乱されっぱなしなのよ。早苗さん、潤子がもっと人に気を遣えるように、学級委員として、きつ~く説教して上げて」
「あぁ~、人を売る様な真似を~!晴美許さん!!」
 晴美と潤子の軽い罵り合いに割って入るように早苗も会話に加わり、次第に会話の中で笑い声が多くなり、いつの間にか早苗もこの二人のペースに流されていたのだった。
会話も弾んだまま、本来の目的である座れる場所を探す3人は、商店街を抜け、駅のロータリーに備え付けてあるベンチに座る事にした。
「さぁ!待ちに待った限定クレープを食べよう!いただきま~す」
 ベンチに座ると、早々に限定クレープを豪快に口へ運ぶ潤子は、口を動かしながら、しっかりと味わう。
「どう?限定クレープのお味は?美味しい?」
 最初にクレープを口に運んだ潤子に、感想を求める晴美。
「………さ、最高ですよ晴美さん!南国のフルーツが、ホイップクリームに良く絡んで、絶妙な味が口の中に広がります。並んで良かった。並んだ甲斐がありました」
 眼を輝かせ、メルヘンの世界を堪能しているかの様な、ご満悦と言わんばかりの表現で、晴美に感想を告げる潤子。
潤子の感想を聞いた晴美もクレープを口に運ぶ。そして、晴美もまた潤子と同様に、美味しいと言葉に出さなくても分かる位の表情を浮かべた。
「早苗さんも、早く食べた方が良いよ。本当に、この限定クレープ美味しいから!」
 絶賛しながら晴美は限定クレープを進める様、早苗に声を掛ける。
しかし、本来、待ちに待った限定クレープを手にして、嬉しい筈の早苗は、ある一点をボーっと見つめたままだった
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(7) | ▲ top
<<以前、山梨にて・・・・ | メイン | 鋼構造的追跡者(8)>>
コメント
--
三人ともクレープが買えてよかったね!南国フルーツに生地三枚とは・・・すばらすぃいですな。じゅるる・・・
それにしても残念だったね、リック・・・ジェンカも崩れちゃったし(前回のね)
さてさて。気になりますは早苗ちゃん。いったい何を見つめているの・・・?もしや早苗ちゃんってヒラリーさんたちと何か関係のある今回の章の主要キャラクター?ドキドキが続きます。
クレープ、落とさないようにね~!
2007/07/12 12:02  | URL | 茉莉 #-[ 編集] |  ▲ top

--
茉莉さん

コメント有難う御座います♪

何とか限定クレープの方は3人とも買う事が出来ました☆
限定とは、夏季限定の事で、南国フルーツの特大クレープの事でした。

リック達は、リック達で、ジェンガで遊んでいて、全く緊張感の無い画が広がっている始末(^^;)
しかし、これから先は、話の内容にドライブが掛かって来ます!
茉莉さんのご指摘通り、これからです!
2007/07/12 18:47  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-こここ、これは!!-
絶対美味しい!絶対美味しいよぉ~~~!!このクレープ実際にどっかで食べれないかなぁ??なんて思っちゃいました><(笑)
いいな♪いいな♪こんな風に学校帰りに友達同士で仲良く喋りながら甘い物を食べるひととき・・・最高に幸せですね~^^
またkikurageさん、女性の話す内容を熟知してて(笑)
そうそう、こんな感じなんですよね。わいわい、キャピキャピしながら美味しい物を頬張る。うん。よくやりましたとも(笑)

でも?早苗ちん、どうしたというの??視線の先には何が・・・??
いよいよ物語が動き出しますか!?kikurageさん!><
どきどきしてきました!
2007/07/12 23:18  | URL | chacha #-[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
ご心配をおかけしまして
本当に申し訳ございませんでした。
やっと復活しました(^-^*)/

す・・
凄いクレープですね!!
南国フルーツをオンパレードなんて
もう想像しただけで
食べたくなってしまいました(≧▽≦)

でも…
早苗ちゃんは一体、何を見つめているのでしょうか‥
その視線の先は?
凄くドキドキしています^^;

これからも宜しく
お願いいたします(*^^*)
2007/07/14 06:26  | URL | 海月 #9xVGaoVI[ 編集] |  ▲ top

-Kikurageさん、こんにちは♪-
第9話はクレープネタですね。
私も学生の頃はこんな風に、楽しく寄り道したものです。懐かしい~(^o^)
スターフルーツに、マンゴー パイナップル沖縄に行った時たくさん食べた果物たちです(*^_^*)
このスペシャルクレープは実際にあるんですか?私も是非食べてみたいですね♪♪

今回の物語もかなり好きですよ。
これからも楽しみにしています。

PS カウンター7000ゲットです♪(^o^)ヤッタ
2007/07/14 11:17  | URL | Yuka #gK54MRCE[ 編集] |  ▲ top

--
コンビニでバナナクレープもどきがあったので食べてみたけど、どうもイメージが違う(笑)。
並ぶほどうまいとこのクレープはやはり違うのだろう・・・
2007/07/14 14:42  | URL | ぬこ #Tf9aLMeg[ 編集] |  ▲ top

--
chachaさん

こんばんはです(^^)

実は、限定クレープの具材を何にするか、結構考えておりまして、話の内容が夏と言う事もあり、南国フルーツのクレープはどうだろうと思いまして、南国フルーツクレープになりました(^0^)つ♪

学校の行事から開放され、開放感でウキウキな午後♪
楽しく会話をしながらクレープを食べる★
想像しただけで、楽しい一時です(*^0^*)

さて、此処で早苗ちゃんの表情に異変。
そろそろ話しは、急展開!今までの甘い一時が嘘の様にドライブが掛かって来ます~!


海月さん

こんばんはです(^^)

ご体調が、回復なされたのですね!良かったです(^0^)
いえいえ、こちらこそ暫くINできない状態にありまして、スミマセンでした(^^;)

実は、色々と頭の中で、限定クレープの具材は、何にしようかと、考案しておりました。
今回のお話の季節が丁度、夏季と言うこともありまして、南国フルーツにしました☆

本当に、この具材がそのままクレープとして商品化したら大変なコストでしょうね(笑)

早苗ちゃんだけが、明らかに楽しそうな雰囲気ではありません。
やっとですが、此処らへんから話が進みます♪
お待たせしましたと言う感じでしょうか。

次回も頑張ります(^▽^)つ♪


Yukaさん

こんばんはです(^^)

今回は、思いっきり限定クレープを中心とした話にしました。
限定クレープの正体は、なんと南国フルーツの具材をふんだんに使った、大きいクレープでした☆
もしかしたら沖縄に、似た様な具材のクレープが存在するかも知れませんね!!
自分で作ってみようかと、考えたりもしています(笑)

これから先は、いつもの様に緊迫した話になる予定です☆
次回も頑張ります(^▽^)つ♪


ぬこさん

こんばんはです(^^)

そうですね!
スイーツの商品は特に、先入観が頭にイメージとして入る事がありますので、実際に買って後悔した事は私も良くあります(笑)

今回の限定クレープは、頭の中で味を想像しながら選びました☆
2007/07/15 03:10  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。