スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鋼構造的追跡者(12)
- 2008/11/27(Thu) -
      +

 街の中心地から、南西の方角へ少し離れた所に、確りと綺麗に区画整備された住宅が並んでいる。
 駅から少々離れているものの、中心地から離れている分、道路の車の交通量は少なく比較的静かで、連なる住宅の間に木々などが植えられており、自然との調和をイメージした、見るからに住み易そうなこの住宅街は、一般よりもややランクが高い人達が住んでいる。
 その住宅街の中でも、小早川と書かれた一際大きい豪邸と言える程の家が建っている。
庭も広く、一面芝が植わっており、手入れされている。
 そんな豪邸の門を手慣れた動作で静かに開けようとする者が一人。
 ――早苗であった。
 早苗は、晴美達と別れた後、シャンスト・ロッドから、そのまま徒歩で移動して来た。
 そう。この豪邸の家は、早苗の家なのだ。
 門から家の玄関口まで綺麗に煉瓦で舗装された通路を早苗は足早に進む。
「ただいま!」
 早苗は、玄関のドアノブを回し、ドアを開けると、家の奥まで届く様に大きめの声で言いながら、靴を脱ぎ家に入る。
 早苗が、自分の部屋まで移動しようとした時、出会い頭に早苗を出迎えてる女性が姿を現せる。
「おかえり!早苗」
 女性は、返事をしながら早苗の姿を見るなり安心した表情をする。
「夕御飯を作ってるなら、私も手伝うわよ。お母さん」
 早苗がお母さんと呼ぶ女性は、エプロン姿で早苗を出迎えていた。
「良いのよ。大丈夫、もう直ぐ支度が終わるから。だから、ゆっくり着替えてらっしゃい」
 早苗の母親は、早苗に気を使わせない様に言う。
「じゃあ、取り敢えず先に着替えてくるね。食器とか、まだセットしてなかったら、手伝うから」
 早苗は、そう言って自分の部屋に向う。

トゥルルルル!

 丁度その時、家の電話が鳴り響く。
 早苗の母親は、直ぐに電話の受話器を取る。
「はいっ!小早川ですが?……、あら!いつも主人が……、えっ?そうなんですか?それは、わざわざ有難う御座います。新井山さんもお元気そうで……、ええ。分かりました。では…」
 両手で受話器を持ち、会話に合わせながら、所々頭を小さく上下に振る動作をしながら、電話の対応し、話が終わると受話器を静かに戻す。
 早苗の母親は、眼を瞑り、小さい溜め息を吐いた。
 暫くすると、制服から私服に着替えを済ました早苗が、姿を現した。
「……どうしたの?おかあさん?」
 早苗は、母親の様子を窺いながら話し掛ける。
「さっきね、お父さんの会社の新井山さんから電話が掛かって来て、お父さんに急な仕事が入ったから、帰って来れないそうよ。お父さんは、お客さんと一緒に大事な会議をしてる所らしくて、代わりに新井山さんが、それを伝える為、自分の事でもないのに、わざわざ電話くれたのよ。本当に申し訳ないわね」
 電話で話した事を早苗に話すと、また、溜め息を吐いた。
「新井山さんは、人が良い上に、お父さんとは古くから一緒に仕事してるでしょ?だから、お父さんも新井山さんに、ついつい頼っちゃうじゃないの?」
 母親に対して、早苗も父親と新井山の関係を考えながら意見する。
 早苗自身も新井山を幼少の頃から知っていて、家族ぐるみの付き合いをいている為、新井山とは親しかった。
「それもそうだけど、お父さんが頼り過ぎて、新井山さんが迷惑に思わなければ良いのだけれど…。そこが一番心配なのよ」
 早苗の母親は、少々困った様な表情で呟いた。
「でも…、ほら!もし、新井山さんが、お父さんの扱いが酷と思っていたとしたら、流石に新井山さんだって、お父さんとは、一緒にいないと思うし…、その辺は、そんなに心配しなくても良いと思う。それより、私が気になるのは、いつも決まった時間に帰ってくるお父さんが、今日に限って急な仕事が入って帰ってこない事の方。珍しいと思わない?」
 早苗は、ふと、思った事を口にしてみた。
「お母さんも、詳しく内容を新井山さんから聞かされた訳じゃないから分からないけど、お父さんは、外人の方と一緒に会議しいてるそうよ」
「外人……!?」
 早苗は、母親の言葉に反応を示した。
「そう。お父さんの会社は大きいから、世界的に仕事をしてるのよ。きっと」
 早苗の母親が話をしている最中、早苗は、頭の中の記憶を回らせていた。
早苗の母親の発した言葉が、キーワードになり、今まで考えても思い出せないでいた早苗の中の記憶が、次々と頭の中で蘇る。
「昼間の人……、何処かで見た事あると思ったら…、お父さんと一緒にいる所を見掛けたのを思い出した…」
 早苗は、誰に話し掛けている訳でもなく、ぼそっと呟いた。
「早苗……?」
 早苗の母親は、不思議そうに名前を呼んだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(2) | ▲ top
<<イルミネーション | メイン | 鋼構造的追跡者(11)>>
コメント
-こんばんは-
早苗ちゃんのお父さんは一体…
いやな予感がします…

早苗ちゃんとお母さんの関係も
少し気になります。
2008/11/27 02:43  | URL | 海月 #9xVGaoVI[ 編集] |  ▲ top

--
海月さん

こんばんはですm(_ _)m


段々と人間の関係が明かされて、これから、お話の本筋の方へ入って行きます☆
これからの展開をお楽しみに(^^)

早苗ちゃんもお母さんとうまくやって行って欲しいですね♪
2008/12/03 01:51  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。