スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 高所の徘徊者 (20)
- 2006/07/25(Tue) -



                4


 ―――白く朧げな眩い光。

 ―――鼻が麻痺する様な刺し込んで来る香り。

 ゆっくりと、眼を開け、ベッドから身を起こす。
 男は、自分の身形と周りの状況を交互に眼で追う。
 体には、胸腹部を中心に包帯が巻かれていて、周りは、殺風景だが物が無い為、整っている。
「あ?何でだ?俺は、一体………」
 言葉を呟くと、軽くこめかみあたりに鋭い痛みが奔る。
「ツッ……!」
 男は、手で押さえた。
 そんな時、丁度。白衣を着た女の人が男に気づいたのか、近寄る。
「意識が戻られたのですね。ご気分は如何ですか?」
 看護士と思われる女性の問い掛けに、男は質問で返した。
「俺は、何故此処に居る?答えろ!」
 看護士は、えっ?とビックリして、男の威圧に圧倒されたのか、少し身を引いた。
「あっ、悪りい。怒鳴っちまった」
 男は、看護士の反応を見て、視線を逸らし謝る。
「あっ、いえ、良いんです。ビックリしただけですから」
 看護士は、そう言うと、続けて話し始めた。
「昨日、十時頃だったかしら。彼方を担いで、慌ててこの病院に駆け込んで来た人が来てねぇ。その人がいきなり、こいつを手当てしてやってくれ。何て言い出して、ビックリしましてねぇ」
「それで?」
 男は、相づちを交わす。
「顔には、仮面みたいな物を被ってたし、凄く警戒したんだけど、彼方は関係者ですか?と質問したら、劇団員です。そいつは、舞台から落っこちました。て言ってましたよ。その事を聞いて、舞台の途中で舞台衣装を着たまま慌てて来たんだって思って、ほっとしたんですけどねぇ。でもその人、公演の練習が控えてますので、それじゃ!て、彼方を担架に乗せたまま、足早に出て行ってしまったんです。彼方の身元を聞こうと思ったのに」
 看護士の言葉の最後の方は、不機嫌に文句じみていた。
 看護士は、はっ、と気づいた様に、人差し指を立てて男へ質問した。
「身元不明で、分からなかったので、名前を聞いても宜しいですか?」
 男は終始、頭を押さえながら発する。
「セグナだ!」

スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<[Necro Boy] 高所の徘徊者 (21) | メイン | [Necro Boy] 高所の徘徊者 (19)>>
コメント
--
セグナ入院ですな。
というか、今ふと思いましたが、セグナってどこの人間なんだろ;
日本人ではない気がする。

そんなことを考えるバナナチップでした。
2006/07/25 17:58  | URL | バナナチップボーイ #-[ 編集] |  ▲ top

--
どうもです
リンクのお誘いありがとうございますッ
バカばっかやってるトコロですがよければドンドン貼ってやってくださいなッ
もしよければこちらからも貼らせて戴きますッ

勝負決まっちゃったんですね
マナ・バーンおそるべし、です

命は取り留めたみたいですけど、彼のポータルは無事なのかちょっと心配です
まさかマナ・バーンの際壊れちゃってもう2度と魔術使えなくなっちゃってる、なんてことは…
もっとも、無事なら無事でリックが奪ってそう(もとい預かってそう)だなと思ってみたり

それではッ
続き楽しみにしてます
雪結アキラでした
2006/07/25 20:40  | URL | 雪結アキラ #n08XGfOg[ 編集] |  ▲ top

--
おお!2日訪問できなかった間に、セグナが入院してる!

でも、無茶な技をしても生きていてくれて人安心。
ゲルドリックの「劇団員です」はナイスな誤魔化し方ですね。思わず、ちょっとププッと笑っってしまいました^^

それにしても、昨日のイラスト…上手すぎです!
2006/07/25 20:49  | URL | あきらら #-[ 編集] |  ▲ top

--
助かったのですね、セグナさん(^-^)
でも助かったとしてもまた勝負を挑みに行きそうですね・・・敵だとしてもちゃんと病院に連れて行ったのはやっぱりゲルドリック?お互い素晴らしい好敵手っぽいです(笑)劇団員・・・ほんとに上手いことを考えましたね★納得いきそう・・・
2006/07/25 21:39  | URL | ひづきまよ #-[ 編集] |  ▲ top

--
バナナチップボーイさん

今回は、病院のシーンから書き始めました。
そうですね、セグナは、日本人ではないです。
顔立ちから察すると、日系メキシコ人二世と言ったところでしょうか・・・(^^;)


雪結アキラさん

いえいえ、こちらこそリンクを貼って頂けるなんて、本当に光栄に思います^0^

セグナとの戦いは、終わりました。
マナ・バーンと言う現象で、魔導の扱いの難しさが表現されています。
うまく使いこなすのが、勝利の鍵になるのかもしれません。

ポータルの事は、これから綴りますので、今は、何も言えないです。ごめんなさい(^^;)


あきららさん

セグナが入院しています。

少し、ギャグ的になりましたが、必死で、劇団員と言う言い訳を考えました。
ドサクサ紛れのゲルドリックの精一杯の演技でした。劇団員なだけに(笑)

そう言って頂いて、感謝の気持ちでいっぱいです。有難う御座います!(^0^)
マナ・バーンの威力を表現する為のゲルドリックの描き方に何回も失敗しまして、何とか仕上がりました。
まだ、修行が足りないと、実感させられました。


ひづきまよさん

セグナは無事、病院で療養中で御座います~!

セグナが、病院に居られるのも、ゲルドリックの迫真の演技の賜物かも知れませんね(笑)
看護士さんを欺きました。

2006/07/26 05:22  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
セグナ・・
助かったのですねぇぇ~(ToT)
良かった・・
リックとは敵だけど・・何だかホッとしました。
しかし・・
リックの「劇団員」はナイスです(^▽^)
思わず笑ってしまいました。
この後はぜひ・・リックと和解してもらいたいですね・・
リック、とっても優しいです(ToT)
2006/07/26 07:38  | URL | かんげつ #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/26 09:19  | | #[ 編集] |  ▲ top

--
かんげつさん

一応、病院で療養中と言うことで、助かってます。
セグナは、口は悪いのですが、悪人ではないのですので、和解の方向も無きにしも非ずですね。

リックは、精一杯の名演技でした(笑)

2006/07/26 17:16  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
ゲルドリックさんは劇団員に扮する事で怪しまれる事を防ぎましたね。
彼に助けられたセグナさんがこの後どのような行動に出るのか、次回の展開に期待します
2007/03/02 15:53  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top

--
要さん

激しいバトルから一転、場所が変りまして、病院の一室。
劇団員と言う言い訳は、半分ギャグ的要素も入っております(笑)
セグナとゲルドリックのこの関係は、後にも続きます!

次回からは、現在も執筆中の「自然共存を求む者」です。
大分長めの内容になっておりますが、読んで頂けますと幸いに思います(^^)
2007/03/03 21:38  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/29-63c48cf5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。