スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 自然共存を求む者 (4)
- 2006/08/11(Fri) -


「ウィップス!良かれと思って書いたんだけどなぁ~」
 仕方なさ気に、ゲルドリックから突っ返された看板を受け取る。
「看板は、書き直し希望でお願いします。私は、自分の持ち場に行きます」
 ゲルドリックは、そう言うと、藤森が指定した部屋に向かう。
 その部屋は、丁度、4畳半位の広さで、薄暗く、部屋の中心に、青い布が掛けられた台と、自分とお客さんが座る為の椅子が二つ、既にセットされている。
「それじゃ、始めるか!」
 すると、ゲルドリックは、徐に自分の胸の中を探りながら、ポータルを取り出し、自分で持ってきたクッションを台の上に置き、更にそのクッションの上にポータルを置いた。
「よし!準備完了!」
 ゲルドリックの言葉と同時に、ドアを二回ほどノックする音が聞こえる。
「中へどうぞ!」
 早速、お客さんと判断して、言葉で招くゲルドリック。
 ドアを開けて、そっと入って来たのは、いかにも、何かを思い詰めていそうな姿の女性だった。
「どうぞ。こちらへお座りください」
 再度、手招きをして、お客さんを誘導する。
「あっ、はい。有難う御座います」
 女性は、そう言うと、静かに椅子へ腰掛けた。
「今日は、どうなさいましたか?あなたのお悩みを私に聞かせて下さい」
 その女性は、ゲルドリックの問い掛けに答える様に話し始めた。
「………実は、除霊をして貰いたいと言いますか、私に霊的な物が取り憑いていないか、見てもらいたいのです」
「ふむ。なるほど」
「原因は、おそらく半年前の夏だと思うのですが、友人とその友達と4人で、肝試しに行くことになりまして、山奥の湖近くにある貯水池へ行きました。そこは、自殺の名所らしいと言う噂を聞いていたのですが、その時の私は、霊的な物を含めて、全く信じていませんでした。森の中を歩いて、途中、祠の様な物が在りましたけど、薄気味悪いだけで、別に何事も無く、肝試しを終えたのです。でも、肝試しを終えて友人とも別れて一人で家に帰ってから、異変が起こり始めたのです。それから時々、寝る始める時に、雨が降っていないにも関わらず、しとしとと、雨音が聞こえたり、子供なのか女性なのか判らない様なすすり泣く声が聞こえたりするのです。今になっても、それは時々聞こえて来ます。友人に相談したのですが、解決の意図が見出せませんでした。それで、2、3日前に、その友人から、必ず解決してくれると噂の除霊師が居ると、聞いて、此処に来ました」
 女性は、手短に今までの事を話し終わると、両手で自分の腕を掴みながら、小刻みに震えている。
「今のお話で、大体の事が分かりました。では、頭を少し前に出して頂けますか?」
「えっ!あっ、はい」
 女性は、ゲルドリックの指示に従う
「これから、あなたの中に霊が取り憑いているか、見てみます」
 ゲルドリックは、片方の手で、ポータルに触れ、もう片方の手で女性の頭に翳し始め、魔導を発動させる。
 当然、女性には魔導が見えない為、普通に頭の上に手を乗せられている様にしか見えない。
「ええ、あなたが、言っていた通りの子供の霊を感じます。これから、それを取り除きますが、宜しいですか?」
 女性の頭に手を翳しながら、確認を取る。
残暑に厳しい今日この頃です。
皆さんは、どうお過ごしでしょうか?

最近、仕事が慌しくなっておりますが、
何とか、合間を見て、小説を書かせて頂いております。

時には、スネオヘアーのワルツを聴きながら気分転換をしたり
して、小説のアイデアを考えたりもしています。

次回から、いよいよ第二部の本題に入って行きます。
[Necro Boy] らしい部分が、増えて行ける様にがんばりたいと思います。

皆さんも、暑さから来る、日射病・熱射病・夏バテには、くれぐれも気を付けてお過ごし下さいませ。


Kikurageでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
<<[Necro Boy] 自然共存を求む者 (5) | メイン | [Necro Boy] 自然共存を求む者 (3)>>
コメント
--
どうも!!普通の生活を営むゲルドリックもなかなか良いですね。ただ・・・・ここから何かが始まりそうなにおいがする今日この頃です。執筆頑張ってください。
2006/08/11 21:36  | URL | Thanatos #-[ 編集] |  ▲ top

--
この人に霊は取り付いているんでしょうかねぇ~
夜中にすすり泣きの声がするって相当怖いですね^^;
2006/08/11 21:43  | URL | ☆浪鬼☆ #-[ 編集] |  ▲ top

--
おおお!仕事してますね(^-^)
看板はダメだったのかぁ・・・残念!今度はどんな看板になるのでしょうか?(笑)
知らない間に取りつくのって怖いですね・・・怖いものを見たり聴いたりするのは割と構わないんですがそういうスポットには死んでも行きたくありません(^-^)遊び半分で行くものではないって言いますからね(笑)
ここからどんな展開になっていくのか楽しみです★
2006/08/12 02:55  | URL | ひづきまよ #-[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
おおおぉぉぉ!!
こ・こわっ!!(ToT)
夜中の水音や、すすり泣く声は
もう怖いですよね(ToT)

でも、だんだんとリックに親近感が
沸いてきています(^▽^)

いよいよ、第二部へと入るのですね!
とても楽しみです(*^ワ^*)

暑いですがKikurageさんも
暑さに負けず気をつけてくださいね(*^ワ^*)

2006/08/12 10:57  | URL | かんげつ #-[ 編集] |  ▲ top

--
お仕事お疲れ様です!
私も甲子園みながら、気分転換しています^^;kikurageさんも、身体大切にしてくださいね。

子どもの霊=水子?
ひ~(>_<)と一瞬で寒くなった私です。
一部の「動」の雰囲気とは違って、日常の「静」の部分からの導入の第二部!

いつも、楽しみにしています☆
2006/08/12 18:17  | URL | あきらら #-[ 編集] |  ▲ top

--
読みましたよ~。
というか、貯水池にほこらというのが…。
実はバナナチップの地元にどんぴしゃな場所が…。
マジデサブイボ立ちました。
というか、内容ではなく、なんか変なシンクロが起きた気がしてしまって…;
にしても、内容はこれからなにかが始まれそうな感じですね~。
はてどんなことが起きるのか期待しながら待つことにしますのです。
2006/08/12 20:53  | URL | バナナチップボーイ #-[ 編集] |  ▲ top

--
どもでっす

なんとなく池がキーワードっぽい?
次の相手は水の魔導使いかッ!?
残る属性で水っぽそうなのは青属性!?
と、相変わらず先読みの悪い癖というか妄想爆発な雪結アキラでした

続き楽しみにしてますね~
2006/08/12 22:32  | URL | 雪結アキラ #n08XGfOg[ 編集] |  ▲ top

-皆さん。コメント有難う御座います。こんばんはです^0^-
Thanatosさん

そうですね。今回のお話の切り出しは、日常からのスタートになっておりまして、その日常から、ちょっとしたきっかけで、話が展開して行くような形にしました。

応援して下さいまして、有難う御座います^0^


浪鬼さん

さっそく、除霊目当てのお客さんがゲルドリックの所へやってまいりました。
女性の、経緯を書いて行く内に、自分まで怖くなってしまいました(^^;)


ひづきまよさん

看板は、藤森俊介(占いの館の店長)のセンス次第ですね(笑)
ゲルドリックは、女性の除霊を行っております。
私も、怖がりなので、心霊スポットを自ら行くのは出来ません(^^;)

ゲルドリック達の日常が、前ふりになりましたが、この後、いよいよドライブが掛かってきます~♪


かんげつさん

心霊的なお話になってしまいまして申し訳ありません(;;)
お話の流れ的に、仕方なくこのような形になってしまいました。

今回のお話は、リックの日常が現れております。本当に普段は、普通の人と変わらない生活を送っているリックですね(^0^)

そうです。いよいよ本題の方に入って行きます。

お心遣い、有難う御座います。とても感謝致しております(*^0^*)


あきららさん

有難う御座います。
あきららさんも、お仕事お疲れ様です^0^

高校野球!私も見れる時は見ますよ!
私は、生まれ育ち共に埼玉県なので、
浦和学院を応援していたのですが、
一回戦で、敗退してしまいました。
と言うことで、第二の実家である沖縄の代表の、
八重山商工を応援しております。

今回は、夏らしく怖い話になってしまいました(^^;)


バナナチップボーイさん

本当ですか!?
そ、それは、違う意味で怖くて、ゾッとしますよね。
私も、その事実を知って、怖くなりました((・д・))ブルブル

これから、本題になって来ます~♪


雪結アキラさん

こんばんはです!

う~んと、今の所、明かせませんが、
雪結アキラさんの発想は、
とても、[Necro Boy]ぽく近い感じが致します(^0^)/

いえいえ、想像力豊かと言うのは、とても素晴らしい事ですよ。羨ましいです~♪

2006/08/13 00:32  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
あぅ~魔導というのをこういう風に使うんですね、ゲルドリックいい人だ(笑)しかも上半身裸ときた!それにマントだけだ!何だこのワクワクするような装備!!
・・・シリアスなのにこんなおふざけですみませんw

あ、リンクですけど、OKですっ嬉しいですね!相互リンクでよろしいでしょうか?
2006/08/13 09:04  | URL | 妙 #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは☆-
Kikurageさん、こんばんは☆

セグナとの戦闘中心だった前回の小説とは一味違った展開ですね。
心霊的なお話になっていくのは
今の時期にピッタリなので
なんだかワクワクしてきました。
…o(;-_-;)oドキドキ♪
本当は私、かなり小心者ですが、
こういうストーリーは好きです♪
2006/08/13 19:46  | URL | ひめ #0.2709HA[ 編集] |  ▲ top

--
妙さん

そうですね!魔導の力があったら、
私も使ってみたいです(^0^)
安全の範囲内で。

当初のゲルドリックのイメージでは、
上半身裸みたいにな格好ですね。
一応、今の格好は、ダイバースーツを薄くした様な、
タイツを装備しています。

リンク、こちらこそ、よろしくお願いします。
さっそく、さらせて頂きます~♪
お互いに、がんばりましょう(^▽^)つ
有難う御座いました~♪


ひめさん

ひめさん。こんばんはです(^0^)/

そうですね。前回のお話の時とは、違った雰囲気で、手掛けられたらと思っております。

この先、[Necro Boy] では、
霊的な要素の設定が、結構出て来ると思います。
主人公のゲルドリック自身、
悪霊を力としておりますので、
必然的にそのような話になって行きますね(^0^)

私も、幽霊とか、結構怖がりだったりします
(^^;)

2006/08/13 20:42  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
早速、ゲルドリックさんの仕事が始まりましたね。そして、女性に取り付いている子供の霊とは一体何者なのでしょうか?!次回の展開に期待します
2007/03/09 15:13  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top

--
要さん

こんばんはです(^▽^)つ

早速、リックの元にお客さんが訪れました。
さあ、リックの仕事はじめです。
どの様な展開になるのか、次回、ご期待下さいませ~!
2007/03/10 01:51  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/38-bcae8d49
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。