スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 高所の徘徊者 (1)
- 2006/06/10(Sat) -
             高所の徘徊者


                1


 素性の知れない謎多き男と晴美が出会ってから、早くも二週間が過ぎ去ろうとしていた。
 晴美は学校の一日の最後のホームルームを終えて、今日学んだ事を確かめるかのように教科書やノートを鞄に詰め込みながら、帰る支度を始めていた。
 すると、クラスメイトの潤子が晴美の所にやって来た。
「は、る、み、うぃっす!」
 右手の人差し指と中指を立てて、軽く敬礼ポーズをする。
「うん。どうしたの?潤子」
「あのね、ひょっと前に、高い所で飛び交ってる幽霊だか、妖怪だかが出没してるって噂話。憶えてる?」
「たしか、ビルからビルへ飛び移りながら移動してる影がちらほら見えるって話でしょ?潤子から聞いたの憶えてるよ」
「そうそう、その話。一昨日、進展があったらしいのよ」
「えっ?」
 晴美は思わず驚いてしまった。何故なら、この噂の原因が、晴美自身、自分の家で匿っている男だと思っていたからで、その男とは無関係で、意外な展開を齎したからである。
 現在も、匿っている男の怪我の完治はしておらず、静養中なのだ。
「潤子、……進展って?」
「一昨日の夜、一人の青年が、ビルを飛び交ってる所を目撃して、原因を突き止めようと、追って行ったっきり戻って来なかったんだって。その青年、昨日も見つかってないし、家にも帰ってないみたい」
「拉致?それとも誘拐?」
「その辺の原因が、はっきりしてないのよね。その青年の家族は、警察に捜索を依頼してるみたいなんだけどね」
「それって、もう噂の範囲超えちゃってるよね」
「うん、もう、実話だし。かなり怖いよー。近況は、この位かな」
 晴美は話をしながらも、帰りの支度を終え、潤子に、ありがとう、っと、言って昇降口に向かう。
 この重大な事実を確認しなくてはいけない人物が、家に居るからである。
 しかし、それよりも速く潤子は晴美の肩を掴んで言葉を放った。
「情報料として、クレープ奢れ!」
 潤子の瞳は輝いていた。


スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<[Necro Boy] 高所の徘徊者 (2) | メイン | [Necro Boy] イラスト>>
コメント
--
こんばんわ、リンズです。
ご報告ありがとうございました

小説の方少しだけですが読ませていただきました。
時間があるときにドバッと読みたいです
お、おもしろい!

形は違うけど、きくらげさんの活躍、見守っております^^
RSではあまりお話できなかったかもしれませんが楽しかったです。
ありがとう、お疲れ様^^

勝手ながらリンク貼らせていただきました
またきます^^ノシ
2006/06/12 00:56  | URL | リンズ #L/6xc2Pk[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは(^O^)-
おもしろすぎです。
また、続きが気になりますです。
この、necro boyのファンになってしまいました。
応援してます。小説がんばってください。
2006/06/12 06:42  | URL | イソギントリオ #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
Kikurageさん、こんばんは。
先日は我がblogに訪問してくださり、ありがとうございました(^o^)
小説面白そうです!
時間がある時に少しずつ読ませてもらいます!


2006/07/27 20:03  | URL | Yuka #gK54MRCE[ 編集] |  ▲ top

--
Yukaさん

ご訪問&コメントを頂きまして、有難う御座います(^0^)とても嬉しく思い感謝しております。

改めて、Yukaさんの所へお伺いしたいと思いますので、よろしくお願い致します(^0^)
2006/07/27 22:18  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
今初めて読みました!
ん~晴美ちゃんは学生なんですね( ´・∀・`)へー

個人的には今のところ潤子ちゃんが好きですww

ではっ失礼しました
2006/07/31 08:49  | URL | 妙 #-[ 編集] |  ▲ top

--
妙さん

始めから読んで頂きまして有難う御座います(^0^)

潤子ちゃんは、晴美ちゃんとは対象的に、楽観的でフレンドリーな性格です。
晴美ちゃんの良き(?)親友でもあります~♪
近々また登場させたいと思います。
2006/07/31 20:48  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-m(_ _)m-
こんばんは m(_ _)m。。
第1話 読みましたよ。。

各個人のキャラクターがハッキリ
していて、面白かったです。。
引き続き読んでいきたいと思います。

私の方も、新作を更新しましたので
遊びに来てくださいね。。ポチっと!
2006/12/09 01:40  | URL | ドダドゥド #-[ 編集] |  ▲ top

--
ゲルドリックさんの姿は、妖怪や幽霊として晴美さんの町や彼女の同級生達の間で噂になってしまったようですね行方不明になってしまった青年が、どこへ消えてしまったのかも気になります。
今後の展開に期待します
2007/02/11 13:31  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/4-b8c923ff
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。