スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 高所の徘徊者 (2)
- 2006/06/12(Mon) -
 晴美は納得いかない顔をして、家に帰ってきた。
 潤子に旨く言いはぐらかされて、クレープを二つも奢らされたのだ。一介の学生である晴美にとって、一〇〇〇円の出費は大きいのであった。
 自分の部屋に辿り着くと、直ぐに制服から私服に着替え直すと、隣の部屋へと向かう。
 そう、二週間前まで晴美の部屋の隣は、物置小屋のように要らなくなった荷物が、あちらこちらに散乱していた。それを整頓し、現在は匿っている男の部屋になっている。
 晴美は、五年前に両親が離婚し、父親に引き取られ。現在、その父親は単身赴任中で、地方の社宅に住んでいる。
 そのため、家には晴美が一人で住んでいるのだ。時々誕生日とか、イベントなどに、父親が帰って来る。
 晴美が、高校に進学した頃、父親の転勤が決まって、一緒に引っ越す事を告げられたが、晴美はこの街が好きだからと、やんわり拒否した。父親も無理強いせずに、晴美の言い分を尊重して、出て行ったのである。
 片親で離れ離れの家族ではあるが、お互いに思いやりのある良い家族なのだ。
 晴美は、二回ノックをしてから部屋に入った。
「リック、体の具合は、どう?」
「ああ。大丈夫だ。肉体的には、かなり回復したよ」
 この男の名は、ゲルドリック。
 晴美は、呼びづらいとか言って、端折って呼んでいる。
 ゲルドリックは、ネクロマンサーであるが故に、ほとんどの魔術を、使いこなす術者なのであるが、晴美自身、まだはっきり使う所をと見ていない為、あまり信用してなかった。
「他に、悪い所でもあるの?」
「此処暫く、動いてないから、エネルギーの回復が、ほぼ止まっている」
 すると、ゲルドリックは、自分の胸を右手で探るように突き刺した。
 実に異様な光景である。晴美は気味悪がって、少し目を逸らしている。
 ゲルドリックは胸の奥で何かを掴むと、そのまま取り出した。
「これだ!」
「……な、何、それ?」
 ゲルドリックが取り出した物は、丁度、占い師がよく使う水晶玉を薄黒くしたような物だった。
「ネクロポータル。俺のエネルギーの源が、これだ」
「これが、エネルギーの源?」
「そうだ。このネクロポータルがあるおかげで、膨大な不のエネルギーの扱いを可能にする」
「あの、リック。もっと解り易く、説明してくれる?」
「簡単に言うと、エネルギー調整をしてくれるアイテムだ。生物ってのは、生きている以上、常に体からエネルギーを出している。だが、体からエネルギーを出す事は出来ても、貯蓄する事は出来ない。垂れ流し状態だ。それ故に、普通の生物は、運動などエネルギー消耗の激しい事をすると、疲れを感じ、ばててしまう。このポータルは、その問題を解決してくれる。体から作り出されたエネルギーを、外に放出する前に、このポータルの中へ吸収し貯蓄される。貯蓄されたエネルギーは、放出する時には、数倍に増える。言わば、エネルギーの調節と触媒機能が付いたマルチキッドだ。解ったか?」
「今一、解らないわ」
「要するにだ、これが無ければ俺も唯の人間と同じって事だ。魔術者にとって、必需品なんだ」
 ゲルドリックは、ため息混じりに言った。
「じゃあ、とても大事な物なんだ」
「ああ。無くす事は、まず有り得ないが、対等している同じ術者。つまり敵だな。敵の手にこれが渡れば、確実に破壊されるな。そうなったら終わりだ」
「破壊される前に、悪用されるんじゃなくて?私だったらそうするけど」
「それは無い。ポータルは、生まれながらにして、個人が体内に持っている物。もともとの持ち主しか適用され無い」
「へぇ~。そうなんだ」
「だが、裏社会で、このポータルをコレクションにしてる輩が存在している。俺も、よく狙われるがな」
「あっ、リックに話そうとした事があったんだ。忘れてた」
 晴美は、ポン、っと手を叩く。
「ん?なんだ?」
「私の友達から聞いた話なんだけど。ビルとかの高い所で飛び回ってる影、もしくは、幽霊、妖怪が出るって話。心当りあったりする?私はてっきり、リックの仕業かと思ってたんだけどね」
「そいつは、酷い誤解だな。俺は普段、ビルを飛び回ったりしない。ビルなどの大きい建物の死角を利用する事はある。それに、そいつは、世間で言う幽霊とか言う奴なんだろ?周りが、勝手に騒いでるだけだろ」
「それが、そうでも無くて、一昨日、行方不明になった人が出たの」
「行方不明?」
「うん。話では、その幽霊だか妖怪を追って、そのまま居なくなっちゃったんだって」
 ゲルドリックは心当たりがあるのか、難しい顔をしながら顎に手を当て、少し考え出した。
「まあ、よくある怪談話かもしれないし、そんなに気にする必要無いかもね」
 ゲルドリックが真剣に考えるのを見て、この話の信用性が不安になった為、晴美は、無理やりはぐらかした。
  
「―――――晴美。俺の予想だと、そいつは、幽霊や妖怪の類では無いな」



スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<登場人物紹介(1) | メイン | [Necro Boy] 高所の徘徊者 (1)>>
コメント
-い~とこじゃん!!!!-
キクラゲさん憎いね!笑
2006/06/12 23:39  | URL | 仕 #-[ 編集] |  ▲ top

--
晴美さんが見た影は、ゲルドリックさんではなかったようですね。そしてその影は、幽霊や妖怪ではないとなると、また新たな謎が浮かび上がってきましたね。
次回の展開に期待します
2007/02/12 13:23  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top

--
要さん

コメント返しが遅れまして、すみませんです(;;)

ゲルドリックの仕業と思いきや、実は、ゲルドリックとは、違う人物の仕業でした。
ゲルドリックの到来早々に快事件となりました。
その事件を起こしてる人物とは一体?

今後も、展開が続きます~☆
2007/02/14 03:54  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/5-ba88937b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。