スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 自然共存を求む者 (22)
- 2006/09/24(Sun) -
「あ~、嫌だねぇ~。自分の魔導を使って、取り除く破目になるんてよう」
 そんな事をぼやきつつ、慣れた手つきで足を確りと糸で、結んで行く。
 と、セグナは不意に、ドワーフゴブリンとケンタウロスが気になってその方向へ目をやる。
 すると、セグナの位置からでもハッキリと分かるほど、ドワーフゴブリンの体が薄く透けているのが確認できる。
「あいつ……、相当にヤバイなぁ。ケンタウロスを相手にさせるのは、ちと、無理があったか………」
 ドワーフゴブリンの姿を見て、反省するセグナだった。
 回転しながら大きく左から旋回してくる、ケンタウロスの放った斧を、軽く身を引き、かわすドワーフゴブリン。
 斧を投げて、武器を持っていないケンタウロスの隙を狙い、大きく前へ切り込みに入った。
 ドワーフゴブリンがかわした斧は、依然と回転させながら旋回を続け、まるでブーメランの様な軌道で、再び、ドワーフゴブリンの方向へ向かう。
 ドワーフゴブリンには、もう残された時間は僅。ケンタウロスの放った斧などに、気を取られている暇は無い。とにかく、前に出て、直接ケンタウロスに近付き、確実なダメージを与える他、無かった。
 ケンタウロスは、素早く右横へ移動。自分の投げた斧とドワーフゴブリンを挟んで一直線になる位置で待ち構える。
 ドワーフゴブリンは、ケンタウロスの動きに合わせ、体を左へ切り返し、斧を振り上げ、ケンタウロスの近くまで踏み込む。
 そして、ケンタウロスの首に目掛けて、大きく斧を縦に振り下ろした。
 だが、振り下ろした斧は、ケンタウロスによって、ドワーフゴブリンの腕ごと簡単に、受け止められた。しかも、ケンタウロスの逆の手で首を捕まれたまま、持ち上げられる。
 押さえられたドワーフゴブリンの後方には、一周の旋回を経た、ケンタウロスの回転した斧が迫っていた。
 当然、これは、ケンタウロスの狙い。ドワーフゴブリンにとって、わざと避け易い攻撃を放ち、無防備を装って自分へ攻撃のチャンスを見せ掛けた罠。
 今までの一連の戦いで、ドワーフゴブリンが、戦いを熟知している事は、ケンタウロス自身、承知している。ならば、普通に武器で交えるよりも、直接、相手を捕らえてしまう方が、ドワーフゴブリンよりも力のあるケンタウロスとって、効率的だったのだ。
 一度、体を取り押さえてしまえば、いかに、ドワーフゴブリンが戦いに優れていようとも、テクニックなど問題ではなく、力だけが物を言う。
 ケンタウロスは、そう考えての行動だった。
 この土壇場で、旨くケンタウロスの策略に嵌まってしまったドワーフゴブリンは、必死に自分の力で足掻いても、満足に回避する事も侭ならない。
 風を切る音が聞こえる程に、ケンタウロスの斧は、直ぐそこまで迫っている。
 圧倒的なケンタウロスの力の前では、なすすべが無く、ドワーフゴブリンは、咄嗟に、ケンタウロスに対して抵抗していた力を抜いた。
 すると、ドワーフゴブリンは、赤い気体と化し、そのまま消えてしまった。
 元々魔導の効果が消え掛けていたドワーフゴブリンは、自ら早めに消える事を選んだのだ。
 取り押さえていた、ドワーフゴブリンが完全に消えてしまった事に、呆気に取られていたケンタウロスは、ドワーフゴブリンを倒す為に仕掛けた自分の斧に対応を忘れ、その勢い良く回転した斧を体に受けた。
 ドワーフゴブリンが、自ら早く消えたのは、この事を計算しての事だった。
 結局、ケンタウロスを倒す事は出来なかったが、消える最後まで、計算された彼の行動は、戦いにおいて、全く無駄が無かったと言えよう。 
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
<<[Necro Boy] 自然共存を求む者 (23) | メイン | [Necro Boy] パロる!>>
コメント
--
あ、判ってたんですね、ゴブゴブちゃんは!
頭いーですねー
自分でも消えるって判ってて、それを利用?して相手にダメージを与える。
んースゴイですねv( ̄Д ̄)v
やっぱ頭も大事ですね、こういうのは
妙も見習わなきゃなーと思う今日でした!
2006/09/24 08:37  | URL | 妙 #-[ 編集] |  ▲ top

-▼o・_・o▼コンニチワンワン♪-
Kikurageさん、こんにちは♪
後ほどコメントに。。。と言いながら
ずいぶん遅くなってしまいました。
(*- -)(*_ _)ペコリ

ゴブリンVSケンタウロスの戦闘は
自ら早めに消えることを選んだゴブリンの勝利と言えるのでしょうか。
最後の最後に大逆転という結末で
計算し尽くされたKikurageさんの描かれるストーリーには
いつもながら感動してしまいます。
(☆o☆)キラキラ(尊敬の眼差し)
2006/09/24 10:10  | URL | ひめ #0.2709HA[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
台風が去ったせいか
とても綺麗な青空が見えていますね(*^^*)
そちらも見えていますか?

ゴブリン・・
お疲れ様でした(ToT)
ちゃんと色々と計算をしていたのですね。
とても立派です・・・

ゴブリンが消えちゃうのは
とても寂しいけれど
よく頑張ったね!と言いたいです(ToT)
2006/09/24 11:35  | URL | かんげつ #-[ 編集] |  ▲ top

-ドワーフゴブリン!!-
良く頑張った!!
しかし、この寂しい終わり方にすこしジ~ンと来てしまいました。
ところで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゲルドリッックは~????????????????
次に期待です!?
2006/09/24 18:44  | URL | Thanatos #-[ 編集] |  ▲ top

--
ゴブちゃんの勝利に落涙(T_T)

計算した戦い方、でもゴブちゃんが自分を犠牲(消えること承知で)にした逆転勝利に、ちょっとウルウルしてしまいました。

リシェさんセグナの隣で戦っていたこの二人にも、よく頑張ったね!のエールを送りたいです。
2006/09/24 21:09  | URL | あきらら #-[ 編集] |  ▲ top

--
ゴブ!見事な戦略勝ちですね^^
自分を消してまで相手を倒すとは…
スゴイ作戦です!
何と言うか…ゴブには軍人魂があるんですね^^
2006/09/24 22:29  | URL | ☆浪鬼☆ #-[ 編集] |  ▲ top

--
妙さん

最後の最後で、自分が消える事を逆に利用しました。流石のケンタウロスも、それは予想していなかった事です。
大きな爪あとを残して自分の使命を突き通しました。
戦いのおいての彼の功績は素晴らしい物ですね(^0^)


ひめさん

ひめさん、こんばんワンワンです(^0^)/
いえいえ、コメントや、掲示板などを利用して頂きまして、有難う御座います。感謝致します。

ゴブリンは、行動可能な残り時間と引き換えに、ケンタウロスに対して、致命打を与える事を選びました。消えてしまうのが少々寂しくもありますが、彼の行動は、あの状況での判断は、一番有効的だったと思います。

いえいえ、大まかなストーリは、ある程度頭にあるのですが、細かい部分で、行き当たりばったりの発想で綴らせて頂いております。ディスプレイとにらめっこしながら悩んで書いてゆく毎日な私です(^^;)


かんげつさん

こんばんはです(^0^)/
はい(^^)こちらも、すっきりと晴れ晴れとした綺麗な青空が広がっておりました(^▽^)つ

ゴブリンは、最後まで、戦いに徹しておりましたね。自分を犠牲にして、致命打を与える。彼の功績は、素晴らしいものですね。

かんげつさんに、「頑張ったね!」と言って頂けて、ゴブリンも喜んでいると思います(^0^)


Thanatosさん

ゴブリンは、最後まで良く頑張りました~☆
感動して頂いて、有難う御座います。
これから、3章の本筋の方へ、段々話が進んでいきます。
やっと、と言った所でしょうか(^^;)

次回も、頑張ります!


あきららさん

ゴブちゃんの最後の場面で涙して頂きまして、有難う御座います。そのあきららさんの姿に、私は、感涙です(>_<)

あきららさんに、神社エールじゃなかった、エールを頂きました、この二人の戦いは、価値あるものになったと思います。有難う御座います(^▽^)つ


浪鬼さん

有難う御座います(^0^)
ゴブリンは、苦肉の策でしたが、最後の状況で、とても冷静な判断だったと思います。
軍人魂。
もし、ゴブリンが、軍人にいたら、相手側にとって、脅威になるでしょう。
2006/09/24 23:34  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
遅くなりました。
そういえば、ケンタウロスやドワーフゴブリンってどんな感じなんでしょうね。
この作品的な両者のイラストなんかを見てみたい気がするのはわたしだけでしょうか??
Kikurageさんのイラストの展開にちょっと期待しているバナナチップでした。
2006/09/25 10:32  | URL | バナナチップボーイ #-[ 編集] |  ▲ top

--
バナナチップボーイさん

私こそ、返事が遅くなりました。すみませんm(_ _)mペコリ

そうですね。皆様も、ケンタウロスや、ドワーフゴブリンの大体のイメージをお持ちとは思いますが、この二人の挿絵を用意出来なかったのは、私自身も勿体無く思います。
近々、私のイラストで公表出来たらと、思います。
2006/09/27 02:27  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
セグナさんが魔導を使い、自らに取り付いたカビを取り除いている間にも、ドワーフゴブリンとケンタウロスの戦いが続いていますね。
2体の魔物がぶつかっている場面が迫力があると思いました
2007/03/26 15:35  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top

--
要さん

こんばんはです(^0^)

2体の魔物は、依然、激しい戦いを繰り広げておりまして、遂に決着が着きました。
そして、セグナのカビ除去作戦は、成功するのか否か、見所の一つです☆
2007/03/26 22:36  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/66-c506e90a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。