スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 高所の徘徊者 (3)
- 2006/06/15(Thu) -
「何で、分かるの?」
 晴美は、眼をまんまるにして聞き返す。
「術者の気配って奴だ。おれの様な魔術の使い手が近くに居るとすれば、お互いに魔道の気配を感じ取る事が出来る。それに、此処一週間。微弱ではあるが、数回魔道の気配を感じた」
 怪我した箇所を摩り、動けそうだと、確認して言う。
「え?」
 晴美は、ゲルドリックの言っている事が今一、分からなかった。
「早めに、飯を食べるとするか。夜には、そこに出掛ける」
 そう言いながら、ゲルドリックは起き上がり、出掛ける準備を始めた。
「ちょっと、出掛けるって、あなたは、まだ怪我が治ってないんじゃぁ」
「大丈夫だ。あとはエネルギーの問題なんだ。心配は、無用だ」
「じゃあ、私も一緒に行く。心配だし」
「ダメだ。足手纏いだ。それに、危険すぎる」
「へぇ~。誰があなたを匿ってるんだっけ?」
「何が言いたい?」
「匿る条件として、私も連れてけって言ってるの」
「馬鹿を言うな!お前は自ら危険に赴こうと言うのか」
「それは、あなただって一緒でしょ?」

「…………」

 ゲルドリックは、それっきり黙ってしまった。そして、数分の沈黙の後、渋々了承した。
「その代わり、俺の方からも条件を出すぞ」
「うん。良いよ」
「まず、絶対俺の指示に従う事。それと、俺が何らかの理由でくたばったとしても、俺の事はほっといて、とにかく逃げろ。良いな?」
「………分かった」
「あと、これを、肌身離さず持ってろ」
 ゲルドリックがポケットから何かを取り出すと、晴美の目の前まで腕を突き出して渡した。
 それは、中央に青く色褪せた石が埋め込まれ、いかにも年代物の様な古びたペンダントだった。
「こ、このペンダントは、何?」
「唯のお守りだ」
「うん。分かった。持っとく。じゃ、これでお互いに話しが成立したと言う事で、ご飯の用意して来るね」
「ああ。そうしてくれると、助かる」
 晴美は、ご飯作りをする為、台所に向かい、ゲルドリックは、出掛ける為の準備に取り掛かった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<登場人物紹介 (2) | メイン | 登場人物紹介(1)>>
コメント
--
初めましてKikurageさん。
クロロホルムダンディのバナナチップボーイと申します。
この度は当ブログを訪ねてくださったとのことでご挨拶にまいりました。

小説とイラストの両方を掲載されているとか。
文章しか書けないバナナチップには羨ましい限りです、はい。

こちらでも小説などを掲載しているので、もしも良かったら読みに来てやってくださいな。
↑といっても、やばい内容ですが…;
そして、よろしければ感想などおきかせください。

これからも更新頑張ってください。
また遊びに来ます。
それではこれでご挨拶を終わらせていただきます。
では~。
2006/06/16 01:06  | URL | バナナチップボーイ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ゲルドリックさんは、晴美さんが見た影を追う事を決意しましたね。
危険を承知で彼に付いて行く晴美さんは勇敢ですね。
次回の展開に期待します
2007/02/13 16:06  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top

--
要さん

そうなのです。
心配性で、ほっておけない性格の為、晴美自ら、危険な方へと足を踏み込みます。
ゲルドリックは、渋々同意で、いよいよ次回から現場に赴きます。

果たして!?
2007/02/14 03:58  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/7-3523bca7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。