スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 自然共存を求む者 (27)
- 2006/10/08(Sun) -

シュッ…、ダッダン!
 ケンタウロスの位置から大きく外れ、ケルベロスは、横へ着地する。
 さっきより余計に、低い体勢を取り、睨みを利かせ、唸りながらケンタウロスを見る。足爪を地面にめり込ませて。
 対するケンタウロスは、斧を前に突き出した状態で、静止している。
 この戦いでは、ケンタウロスもケルベロスも、まだダメージを受けてはいない。
 一定の間合いだけを取り、緊迫した空気が続く。
 最初に仕掛けたのは、ケルベロス。犬の体型であるケルベロスは、駆け出すと言った俊敏な行動は、お手の物である。
 なりの大きさとは不釣合いな程の俊敏さで、ケンタウロスに近付き、そのままケンタウロスを噛み付きに掛かったのだ。
 いくら俊敏な動きのケルベロスとは言え、何も出来ないでいるケンタウロスではなかった。
 すぐさま、ケルベロスの動きに対応。
 胸に負った傷の痛みに耐え、ケルベロスがケンタウロスの間合いに入るタイミングに合わせて、斧を素早く右から左へと力強く横へ薙ぎ払ったのだ。
 それに気付いたケルベロスは、普通なら身を引く所だが、回避せずに、なんと、自ら斧へと喰らい付いたのだった。
 ケルベロスが、二つある内の片方の口で斧の刃の部分をしっかりと自前の牙で抑えている状況を予想外な様子で見るケンタウロス。
 もう片方の口で威嚇するが如く、その体勢でもけして、唸り声を止め様とはしないし、斧を放そうともしないケルベロス。
 そんな狂暴さを露にするケルベロスに対して抑えられた斧を力尽くで払い除けようとするが、ケルベロスの歯で固定されている為、斧を震わせる事しか出来なかった。
 しかし、ケルベロスが牙で噛み付く事を得意とするならば、ケンタウロスの得意とする物は、やはり、持ち前の強靭な力である。
 4本の足で、しっかりと地面に固定し、腰を入れ始めたケンタウロスは、力に身を任せ、斧を横へ回す。
 すると、巨体の筈のケルベロスがケンタウロスの引っ張る方向へと引き摺られた。
 これには流石のケルベロスも、踏ん張りが利かないらしく、ケンタウロスに引き摺られる形となった。
 力が自分に分があると判断したケンタウロスは、右手で斧の柄を刃の方へスライドさせ斧自体を広く持ち、更に力を込めるケンタウロスは、遠心力を用いてケルベロスを振り投げたのだった。
 この戦いは、始まったばかり。双方譲らぬ気迫を漂わせる………。
「これで、お前には、一つ借りが出来たな。ポータルの件、礼を言う」
 ゲルドリックは、セグナへそう言葉を掛けた。
「別に、礼を言われる程の事はしてねぇよ。俺が勝手に仕出かした事だしなぁ。それに、あの女の目的は、お前だろ?二人が、どんな関係か知らねぇが、お前の話を聞く限り、直接お前だけを狙って来るなんて、唯事じゃねぇなぁ。まあ、その事に関しては、首突っ込まねぇが、奴には気を付けろよ。相当手強い相手だぜ」
 セグナは、強い目線で、ゲルドリックに忠告する様に言う。
「―――ああ。それは、承知している。……お前、エルフと対峙したのは初めてか?」
 ふと、ゲルドリックは、そんな質問をセグナにする。
「そうだな。何度か、魔導使いのエルフが存在すると、話には聞いていたが、こうして実際に戦ったのは、初めてだ。それに何より、本体へ切り込みづらいぜ。俺の性に合わねぇ」
 懐から、携帯灰皿を出し、吸っていた煙草の火を消して、少々、不貞腐れ気味に答える。
「だろうな。エルフ族は、危機察知能力が非常に高い。それは、長い間山の自然の中で暮らし、人間との関わりを完全に絶っていたからだ。特定の人間と関わりを持つ様になったのは、此処2、300年前位からだ。その生まれ持っての能力は、戦いの上でも同じ事」
「あぁ、そのエルフ族が、普通の人間とは、関わりを持たない事も知ってる。何でも、森の開拓化が進み、問答無用に自然を壊して行く人間達を、忌み嫌ってるとか何とか……。あと、そんな人間嫌いなエルフでも、極一部の魔導使いの人間達とは、何故か関わりを持って、共存共栄を育んで居たらしいな。だが、その関わりも、魔導抗争時代を境に、パッタリと無くなったとか……。有名だが、謎の多い話だぜ!」
 セグナは、自分の知る限りの知識を淡々と語る。
「………ああ、全くだ!」
 ゲルドリックは、少し間を置いて、短く相づちを交わした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<[Necro Boy] 自然共存を求む者 (28) | メイン | 姜 茉莉さんが描いて下さいましたイラストです♪>>
コメント
--
お?
珍しく1ゲット?

前章をあわせれば五十話目ですね^^
おめでとうございます

歯で斧を抑えるケルベロスも凄いですけど、それを振り払うケンタウロスも凄い…

謎が多いというエルフ族ですが、これから明らかになるのでしょうか…
エルフ族の居なくなった理由が特に気になります^^
2006/10/08 10:49  | URL | ☆浪鬼☆ #-[ 編集] |  ▲ top

-五十話目ですか!!-
浪鬼さん・・・・良くきずきましたね!!
kikurage氏おめでとうございます。
白熱した戦い!!因縁!!リシェットはいま!!
続きおねがいします~
2006/10/08 13:32  | URL | Thanatos #-[ 編集] |  ▲ top

--
そっか、ケルちゃんは頭が2つあるからちょっと有利なんですね(ケンタも手足合わせて6本だけど;

しかも環境破壊が最大のテーマ(?)!!
やっぱ自然がイチバンなんでしょうね・・・。

てか懐からちゃんと携帯灰皿を取り出すなんて、環境破壊反対派なんですね・・・
セグちゃんなら潔く捨てタバコかと思いましたが意外と律儀にもみ消すんですね(笑)

そこにまた惚れましたw
2006/10/08 19:08  | URL | 妙 #-[ 編集] |  ▲ top

--
浪鬼さん

一番乗りおめでとう御座います(^0^)/

そうですね!私も今気付きました(オイオイ;

ケンタウロスと、ケルベロスの戦いが始まりました。ケンタウロスは、怪我を負っている割に頑張っております。

そうなのです。そこが今回の話のキーポイントです。まさに。リシェットとゲルドリックの因縁こそその根源です。
果たして、良い方向での和解となるか否かと言うところでしょうかね。


Thanatosさん

本当に良く気付いてくれました。浪鬼さんに感謝です(^0^)
はい(^0^)続きも頑張りたいと思います~☆


妙さん

顔が二つシッポが三本と、いかにもケルベロスと言ったスタイルなワンコです(^^)

そうですね。森=エルフの住居なので、肩身の狭い思いをしているエルフです。

此処に気付いて下さいまして、有難う御座います!セグナは、愛煙家ですので、いつでも携帯灰皿を持っています。
最低限のマナーを守っております(^^)

「惚れました」と言って頂きまして、有難う御座います。

2006/10/08 19:50  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
環境破壊に、魔導抗争・・・本当は、エルフは虐げられてきた被害者の方なんですね。心優しいからこそ、傷つき、そしてリックに向かって怒りの矛先を向けるリシェットさんのバックボーンが、哀しいです。
元の心優しい本来のエルフの姿に戻ってくれますように(>_<)

携帯灰皿のセグナも、リックも、戦いの途中で言葉を交わす二人は、すっかり戦友の雰囲気vかっこいい!
2006/10/09 00:09  | URL | あきらら #-[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
とても綺麗な青空が広がっていますね♪
気持ちいいですね(*^ワ^*)

ケンタウロス君とケルベロス君・・
凄い戦いですね!!
読んでいて、凄さと迫力が伝わってきました。

そうだったのですね・・・
「自然破壊」
リシェットも「被害者」なのですね・・
悲しいです・・(ToT)

でも、セグナが携帯灰皿を持っていたのは
ますます惚れてしまいました(*^ワ^*)
2006/10/09 10:22  | URL | かんげつ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ケルベロス、凄い!!歯で・・・とはいろいろ想像してしまいましたよ~!
このお話はかなり奥が深いですね・・・キャラの背景にあるものとか何故戦いを挑まなければならないのかかなり考えさせられるものかあります・・・
セグナさんの携帯灰皿も素敵です(笑)携帯灰皿って持っている人あまりみたことがないんで、セグナさんのようなマナーのある人って最高ですね★ますます惚れました・・・!
2006/10/09 19:29  | URL | ひづきまよ #-[ 編集] |  ▲ top

--
あきららさん

そうなのです(>_<;)エルフ族は元々、〝平穏〟を好み、〝温厚〟な性格と言われるほど、人々に対して無害でした。
実は、リシェットを含めたエルフ族は、一番被害に遭っております。
こうして、恨みを糧に襲ってくる気持ちは、分からないでもないです。
しかし、唯一、人間を避けていたエルフ族と関わりのあった、人間(パーン一族)と何があったのか、後ほど明らかになってきます。

セグナは、愛煙家ですが、ポイ捨てはしません。愛煙家のマナーを守っているようです。
セグナも、リックと魔導使いの歴史の話を交わせる程の知識がありますね。
ゲルドリックの素性に、気付いていないようですが・・・


かんげつさん

雨が去ってからと言うもの、晴れて良い天気ですね(^0^)

まさに、巨体対巨体の戦いです!
力に関しましては、ケンタウロスの方が勝っているようですね。
果たして、どの様に繰り広げられるのか、今後の展開に注目です(^^)

エルフ族に関しましては、魔導使いだけではなく、人間からも被害に遭っていたと言う、一番の被害者です。パーン一族との事件もリシェットは、恨みと言う形でゲルドリックへとはらそうといております。
でも、それは間違いで、真相はリシェットの思っている事とは別なのです。
ゲルドリックが誤解を解いてあげられると良いですね(^0^)

セグナに惚れて頂きまして、有難う御座います!彼は、愛煙家のマナーを心得ているようです。


ひづきまよさん

序盤から、荒々しい戦いが始まりました~。
巨体同士なので、重量級バトルですね。
馬人間対ワンコ!どちらに勝敗が上がるのか?!

後半、シリアスなお話モードになってしまいました。
リシェットのエルフ族としての誤解。ゲルドリックは、彼女の誤解を解く事が出来るかに掛かってきますね。


セグナ君、携帯灰皿で、高感度UPですね(^0^)愛煙家として、マナーを守る人間みたいです。
話は、変わってしまうのですが、都内は、喫煙に関しまして、厳しいようですね。
喫煙場所が、本当にないようです。
2006/10/10 01:28  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
おはようございます♪
皆さんがおっしゃっていますが、セグナの携帯灰皿!スバラシィv-10
昔煙草すっていたのですが、ある高速PAで「子供は駄目なのよ」と見知らぬおばさんに言われて、自信をなくした、そのころすでに20歳代中盤に差し掛かっていた、kazuです。私も携帯灰皿持ってましたよ。

ケンタウロスも、ゴブリンとの戦いの時の傷をものともしない、戦いぶり。脱帽です。
自然破壊が背景に来て、あぁ、ではリシェットさんがリックに戦いを挑むのも、エルフの人達が大変なのも、元をただせば人間のせいなんだなと、思いました。

環境保護、やれることは実行していきます♪
2006/10/10 09:33  | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 編集] |  ▲ top

--
kazu osinoさん

おはよう御座います(^0^)

わ~♪セグナ君、携帯灰皿持参で、高感度大幅UPですね!
素晴らしいです。そして、有難う御座います(^0^)
わわっ!その時に、20前に見られていたのですね。
あっ、自身を無くされるなんて、しかしですよ、逆に若く見られてる事に成りますから、プラス思考で行きましょう(^▽^)つ
kazuさんも、良マナー愛煙家だったのですね。
愛煙家の方が、kazuさんとセグナの様に、携帯灰皿を持参で、ポイ捨てしないひとが増えてくれましたら、良いと思います。

そうですね。エルフ族を含めた魔導使いの者達からすれば、普通の人達からの影響がありますね。
魔導の力は、そもそも自然界の5大元素で成り立っていますから、自然を蝕む人間は、彼らにとって、敵に等しいですね。

私も、エコロジストを目指したいと思います(^▽^)つ
2006/10/11 09:08  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
リシェットさんが狙っているのは、ゲルドリックさんただ1人だけ、となるとますます彼女に対する謎が深まってきましたね。
そして何故、エルフ族が姿を消したのか、魔導抗争時代とは一体どのような物なのか
次回の展開に期待します
2007/03/31 13:18  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top

--
要さん

こんばんはです(^0^)☆

そうなのですよ☆

リシェットは、最初からゲルドリックだけを狙って、仕掛けてきました。
リシェットは、ゲルドリックに対して、異常とも言える畏敬の念を懐いておりまして、相当なものです。

長編な内容ですが、読んで頂けると、幸いに思います。
2007/04/01 03:32  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/74-b30105c6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。