スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 自然共存を求む者 (35)
- 2006/11/05(Sun) -

リシェットの叫びに反応して、ゲルドリックから距離を取ろうと下がり始める。
 しかし、紫へと色を変えたゲルドリックの放った魔導は、ソードスパイダーの体へと物凄い勢いで、吸収される様に吸い込まれていった。
 ソードスパイダーの体は、微かに濃い紫色の魔導が取り巻いている。が、ソードスパイダー自身、特別、苦しく悶えるとか、何か異変が起きている訳でも無く、至って普通の状態だった。
「………、ゲルドリック、一体、何をした?」
 ゲルドリックは元より、ソードスパイダーにも警戒を張るリシェット。眉を顰め、ゲルドリックに問う。
「…なに、唯、保険を掛けさせてもらっただけだ」
 ゲルドリックは、表情を変えず、そう告げる。そして、右手の拳を握ると、紫色の魔導が蒸発する様に消えた。それは、ゲルドリックの術が完了した事を意味している。
「保険……?」
 リシェットは疑心な表情でゲルドリックを見据え、小さく小声で呟いく。
「……どうする。その大蜘蛛で掛かってくるのか、来ないのか。来ないのなら、直接お前と争うまでだ。リシェット!」
 ゲルドリックは、ハッキリした意志を伝えた。
 ゲルドリックの言葉に、暫く躊躇した素振りを見せたリシェットだったが、直ぐに、ゲルドリックへと、敵意の眼で見返す。
「フン!この私を陽動に駆らせつもりかしら?こざかしい。ソードスパイダー、奴をズタズタにしなさい!」
 リシェットはそう言うと、ソードスパイダーに合図を送る。
 ゲルドリックは、右手から魔導を引き出し、ソードスパイダーの方を向き、構える。
 ソードスパイダーは、動き出し、再びゲルドリックへと攻撃態勢に入った。
 ゲルドリックの右手の魔導は、渦を巻き始め、竜巻の様に上へと激しく広がって行く。
「今度は、こちらからも攻めさせてもらうぞ!」
 そう言うと、ゲルドリックは、ソードスパイダーに対して、魔導を放った。
 ゲルドリックの放った物。それは、セグナと交えた時にも放った事のある黒炎。
 黒炎は、燃えている様に見えるが、そうではなく、死人の憎悪や思念と言った、呪いそのものである。
 まともに受ければ、瞬く間に、その憎悪や思念によって押し潰されてしまう。それは、人間以外でもけして例外ではない。
 しかし、ソードスパイダーは、ゲルドリックの放った黒炎をまともに受ける程単純ではない。
 素早く危険察知をし、蜘蛛特有の機敏な動きで横へ飛び跳ね、難なく避け、何事も無かったかの様に、ゲルドリックへ迫る。
「………」
 ゲルドリックは、何も言わず、そのソードスパイダーの動きを見ていた。そして又、魔導を引き出して、今度は、ソードスパイダーの上空を目掛けて、魔導を放つ。
「堕とされし不敬の流沙(りゅうさ)……」
 ゲルドリックは、短く言葉を呟く。
 すると、ゲルドリックが放った魔導は、ソードスパイダーの上空を雨雲に似た、どんよりとした物が広がり、その淀んだ混沌の中から、光る物が細かくちらつかせる。
 そして、それは、風に舞いながら、ゲルドリックへ攻撃を仕掛けるソードスパイダーへと降り注ぐ。
 ソードスパイダーへ降り注がれる物は、細かい黒光りした砂。それも、砂漠の砂の様にさらさらとした乾いた砂がソードスパイダーの体に徐々に引っ付いて行く。
 まるで、砂が意志を持って、それを望んでいるかの様に―――。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<[Necro Boy] 自然共存を求む者 (36) | メイン | バトンです!!>>
コメント
-お久しぶりです。-
何かと忙しく・・久しぶりに除いてみると、なにやら展開が進んでいるではないですか??
少し置いて行かれてしまったThanatosです。
ソードスパイダーなかなか強そうですね。
ゲルドリックも、本領発揮といったところでしょうか!?
ところで・・バトンのほうも拝見しました。
★あなたのいちおしを教えてください。
PCをシャットダウンする前に、自分がシャットダウンします!
笑っちゃいましたね(笑)
次回も期待している、今日この頃です。
2006/11/05 03:35  | URL | Thanatos #-[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
ゆうべはとても綺麗な月が
浮んでいましたね~(*^^*)
体調はいかがですか?
大丈夫でしょうか?

ソードスパイダーに降り注いだ
砂のようなもの・・・
一体、何でしょうか?

けれども、Kikurageさんの表現で
それが、とても怖いものなんだなと
わかりました。
ちょっと鳥肌が立ちました。

これからソードスパイダーが
どうなっていくのか?!
凄く楽しみです(*^ワ^*)
2006/11/05 08:26  | URL | かんげつ #-[ 編集] |  ▲ top

--
流砂・・・初めて聞きました、そして一発で変換されたことに驚きデス
いつも思うのですがきくらげサマの小説はこう・・・歯切れがよくてアクションがカッコよくて、まるで映画館に居るような感覚に襲われます(  ̄ー ̄)*キラン

なんか難しい表現(というか単語?)も多くてそこがスッゴイ勉強になりますっ

もう期待しまくってます!
てかあの蜘蛛クンはどうやってくっついてるんですか?磁石?それともやっぱり砂が動いてんの?あ、もしや蜘蛛クンの表面がベタベタしてたりして!
・・・・妄想族、妙でした(;・∀・)
2006/11/05 19:19  | URL | 妙 #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは☆-
Kikurageさん、こんばんは☆
いつも有り難う御座いますv-22

“ソードスパイダーへ降り注がれる細かい黒光りした砂”
これが今後の展開のポイントでしょうか。
いつもながらゲルドリックの戦術は奥が深いですね。
それを上手く文章化される
Kikurageさんの発想力がまた素晴らしいです。

3連休も、あっと言う間に終わりました。
また明日から頑張りましょうp(^-^)q
2006/11/05 19:26  | URL | ひめ #0.2709HA[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは、kikurageさん☆-
大蜘蛛君、ピンチですね?!
最初にかけた保険とはいったい・・・。
そして、
「堕とされし不敬の流沙(りゅうさ)」
かっこいいっ♪
やっぱり、リックのほうが、上手なきがします♪
2006/11/05 22:28  | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 編集] |  ▲ top

--
わぉ!Thanatosさん、お久しぶりです!

いえいえ、訪問して頂いて、コメントを頂けるだけで、嬉しく思います(^▽^)

ソードスパイダーは、なかなか手強いです。
今まで、受けの体制でしたが、ゲルドリックも、攻めに転じました。

バトンの方も見て頂きまして、有難う御座います。
私は良く、PCをやりながら、寝てしまう事があります。
通称「寝落ち」と言うものです(^^;)

次回も頑張ります(^▽^)つ


かんげつさん

こんばんはです(^0^)
こちらでも、月が綺麗に照っておりました♪
お気遣い頂きまして、感謝しております。
先日、一日横になっていましたら、大分良くなりました。

ゲルドリックが、新たに出した術、ソードスパイダーに降り注ぎました物は、細かい黒い砂です。
ソードスパイダーの体に引っ付いております。
一体、その術の効果は、どういう物なのか!
今後は、セグナ戦では、使われなかった術が展開されます!
こうご期待下さいませ(^▽^)

次回も頑張ります!


妙さん

こんばんはです(^0^)つ

流砂は主に、砂漠地方の砂が、風に乗って舞う現象や、川辺などの砂が、川の流水と共に流れる様を指しますね(^0^)
お褒めのコメントを頂きまして、感謝しております。
私の小説は、戦うと言うシーンが多い内容ですので、シーンのその場その場を、どう表現出すか、どう臨場感を出すかを考えると共に、目標として、執筆に勤めさせて頂いております。
ですので、妙さんにそう言って頂けまして、大変励みになります!

結構聞きなれない、或いは読み慣れないと言う漢字や表現は、案外、万葉集などの古い言葉の引用が多かったりします。
小説などを読んで、私も勉強させられる毎日です!

ソードスパイダーに付いてしまう黒い砂の理由は、今後の内容のネタバレになってしまいますので、今は控えますが、砂の方から、ソードスパイダーに付いているのは確かです☆

次回も頑張ります(^▽^)つ


ひめさん

こんばんはです(^0^)/

こちらこそ、いつも、ご訪問&コメントを頂きまして、有難う御座います!

セグナ戦では、使われなかった、新しい術です。
ひめさんの仰います通り、次回のキーポイントの一つになってきます!

ゲルドリックは、戦術において、思考をフルに活かします。その為、戦法が複雑になってきます。
内容が複雑になって来ますと、文章の表現がとても難しいです。
読んで頂いていらっしゃる方々に伝わっているのか不安にもなります。
ひめさんに、そう言って頂けますと、大変救われます。有難う御座います♪

3連休、あっという間でしたね。
もう、終わったの?と言う感じが致します。

明日からまた、一週間の始まりですね。お互いに頑張りましょう!


kazu osinoさん

こんばんはです(^0^)

はい!今度は、ゲルドリックから仕掛ける番となりました。

リックの「保険」と言う言葉の意味を持つ、ソードスパイダーに対して始めに掛けた術は、今後の展開するものの一つです!

今回、リックらしい、黒魔導の術を出してきました。
「堕とされし不敬の流沙」
一体どんな効果なのか、こうご期待です☆

リックは、計算された行動をとります。
今後の展開に注目です!!

次回も頑張ります(^▽^)つ
2006/11/06 01:38  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんわ★
おおお、だんだん戦いも佳境!?でしょうか??魔道を使うときの詠唱(・・・というのですか??)もすごくカッコよくて惚れ惚れしてしまいます!保険・・・この保険がこれからの戦いにどんな展開をもたらすのか!
緊張の連続ですが結果を見たいような見たくないような・・・どっちもいいキャラクターなので先が気になってるんですがあああああ・・・(汗)
いろんな動物(?)が召喚されていくので次は何が出てくるのかなあと楽しみにしております★
2006/11/06 19:51  | URL | ひづきまよ #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんはです☆

意志を持った砂…少しずつ少しずつリックの策にはまっていくリシェットさんと蜘蛛さん。リックの保険やリックの攻撃パターンはリシェットさんには読みきれないのですね。
リック、どこまでかっこいいんだ~(T_T)
蜘蛛さんが倒された後は、いよいよリシェットさんと生身の対決でしょうか?
いまからドキドキしております☆
2006/11/06 23:13  | URL | あきらら #-[ 編集] |  ▲ top

--
ひづきまよさん

こんばんはです(^0^)/

そうです!これから、どんどん佳境に入って行きます(^▽^)つ
リックの唱えております物は、ひづきまよさんの仰います通り、詠唱ですね。呪文の様な物です。
リックも、攻めに転じておりまして、この場がヒートアップする事間違い無しです。
リックが、口走った、「保険」の意味は、リシェットも知らないと言う状態です。
下手に行動できないのですが、リシェットは単なる陽動ととらえております。
今後の展開は、リックが最初に放ったものがキーポイントになります!

次回も、頑張ります(^▽^)つ


あきららさん

こんばんはです(^0^)/

リックの戦い方は常に、思考と計算が含まれております。
戦いをより効率的(自分にとって)に展開させて行きます。
リックの最初に放った術は、今後のキーポイントになります!

蜘蛛が倒されたら、リシェット自ら戦法をとります。
しかし、召喚獣以外は、セグナやリックの様に、攻撃を主体とした魔導は持っていないので、攻めの体勢をとるのは、難しいと思いますが、リシェットの周りに文字が回っているのも又事実です!
今後は、ソフト○ンクの様に、予想外な展開になるかも知れません(笑)

次回も頑張ります(^▽^)つ
2006/11/07 01:36  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんわ!!-
仕事始めの一杯も終わり、ええ気分で小説読ませて頂きました!!現在35話でっす!!次に晴美ちゃんが登場していたので、ひとまずここで区切りのコメント残していこうと思います!!
ついにはじまりましたね!ゲルドリックvsリシェット!!相変わらずゲルドリックもクールだ!!セグナといい、何というか渋い!そして強い!かっこええです!!って、なんかもうびっくりマークばっかでごめんなさい。。。笑
最後にゲルドリックが放った技、気になりますねーー!それと、術の詠唱がまたかっちょいい・・・冒険物語でも使わしてもらおうかしらと真剣に考えてみたり♪
2007/01/04 20:43  | URL | 楓 #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

-楓さん、こんばんはです(^▽^)つ♪-
お仕事お疲れ様です。
そして、お越し頂きまして感謝しております(^0^)

次には、晴美ちゃんの視点に一時移りますので、丁度良い区切りかと思います(^0^)
ついに始まりました。本格的な攻防戦です。
この後も、様々な両者の戦い方を見れると思います。
いえいえ、コメントを頂いて、とても嬉しいです。
堕とされし不敬の流沙。その効力とは、如何程にと言う所ですね。
晴美ちゃんの視点を挟みまして、明らかにされます。

さらに、精進いてしまして、小説の方を綴らせて頂ければと思います。

私も、楓さんの小説を楽しみにしております。
2007/01/04 22:46  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
ゲルドリックさんの使った呪文は、動く砂の呪文だったのですね。
果たして彼は、ソードスパイダーを砂の中に引き込み、リシェットさんとの戦いに勝利する事が出来るのでしょうか?!
次回の展開に期待します
2007/04/08 13:09  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/84-15ca36a6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。