スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[Necro Boy] 自然共存を求む者 (36)
- 2006/11/07(Tue) -


             +

 学校の教科書、ルーズリーフのノート、そして、無造作な位置に置かれているマスコット付きの筆記具と消しゴムが、机一面に広げられている。
 教材を鞄から引っ張り出したは良いが、全部広げただけで、学校の宿題が手が付けられていない。
 机のライトを点けっぱなしにも拘らず、晴美は唯、ベッドへ身を任せる形で横になっていた。
 ゲルドリックを信じて見送った晴美。だが、信じて待つと言う事が、一人残された者にとって、不安と孤独との戦いであった。
 ゲルドリックの事を気にすれば、気にする程、それは、大きい物になる。
 その為、晴美の頭の中はその事で、いっぱいになっており、どうしてもほかの事に対して、注意が散漫になってしまうのだ。
 ゲルドリックを見送った後というもの、すべての事に、身が入らないのだった。
 横にはなっているものの、眼を開け、ボーっと、何処かを見詰める訳でも無く、放心さながらの状態である。
 晴美は、ゆっくりと窓の方に顔を向ける。
 窓ガラスは、外気の気温と、部屋のエアコンの暖房の影響で、曇っている。
 碌に、外の様子が見れない窓ガラスを唯、呆然と眺めるだけだった。
 そんな時、突然と晴美の聴き慣れたメロディーが、部屋に鳴り響く。
「………ん?あれ?メールだ!」
 晴美は、ベッドがら、ゆっくりと身を起こし、机の上に置いてある自分の携帯電話へと手を伸ばした。
 折り畳み式の携帯電話を開き、今、届いたばかりの着信メールを確認する。
 メールの送り主は、晴美の親友、椎凪潤子だった。
「潤子から…。何だろう?」
 そう言いながら、晴美は、メールの本文を開いて、それを眼で追う。
 その潤子からのメールの文章を読みながら、晴美は、奇怪な表情を浮かべる。
「え?何でそうなるの?」
 潤子からのメールの内容は、両親が、どこぞのパーティーにお呼ばれされて、家に居ない為、夕ご飯の用意がされていないから、晴美の家に食べに来ると言う物だった。
 晴美は、咄嗟に考える。潤子とは仲が良いが、ゲルドリックと一緒に同居している事、いや、ゲルドリックの存在を潤子がまだ知らないと言う事を………。
 もし、潤子にその事がばれたら、言い訳は元より、学校でネタにでもされたら、自分の立場が危うくなる。
 潤子を自分の家に迎え入れるのは、非常に危険と判断した晴美は、直ぐ、潤子の携帯に電話を掛ける事にした。
 トゥルルルル!トゥルルルル!
 暫くすると、コール音が止んで、電話が繋がる。
「……もしもし?」
「あっ、晴美ィ~~!メール見てくれた?」
 いつも、明るいテンションの潤子の声が晴美の耳に入って来る。
「あっ、うん!メールを見たから電話したんだよ!あのね潤子。本当に悪いんだけど、今日は、とてもそんな気分に……」
「却下ぁ~~!」
 晴美が用件を言い終わらない内に、潤子が間髪入れずに即答する。
「えっ!?」
 自分の言い分を、潤子に、あっさりと断られた事で、思考が追いついていない晴美。
「もう、遅いのだぁ!とっくに家を出たしね!」
「家を出たって…、もう!潤子は、いつも行き成りなんだからー」
「テヘリ!照れますよ、晴美さぁ~ん!」
「褒めてないし…」
「あのね、食材の心配は、しなくても大丈夫だよ!親が書置きと一緒に、お金を置いてってくれたから、それで何か適当に買う。だから、私が食材を持って晴美ちゃんの家に向うから、晴美ちゃんはその材料で、料理の方をお願いします!では又、後でぇ~」
「あっ、潤子!勝手に話を…」
 晴美は、必死に話そうとしたが、電話は既に切られた後。結局、晴美は、潤子の独特なペースに流されただけだった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自作小説 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
<<一日ぶりにこんばんはです(^0^)/ | メイン | [Necro Boy] 自然共存を求む者 (35)>>
コメント
-久しぶりですね★潤子ちゃんw-
ありゃりゃ・・・相変わらず振り回してしまう潤子ちゃんwwいつも元気そうですね(^-^)
こっちは心配でそんな気分ではないのに~~といいたいのを却下ぁ!!で止めるとは、さすがです(笑)
待つのってかなりきついですよね・・・結果がすごく気になるのにその結果が見られずにひたすら待っている・・・う~ん、潤子ちゃんがそんな気持ちを吹っ飛ばしてくれれば言うことないですが・・・どうなるんでしょうか★ゲルドリックの存在を知ったら彼女はどんな反応をするのかも気になります★
2006/11/07 23:30  | URL | ひづきまよ #-[ 編集] |  ▲ top

-潤子ちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!-
やった!やった!潤子ちゃんっっ
やっぱ可愛いです~e-266言葉遣いもホント可愛くて、もう・・・!
その強烈な(?)キャラがスキです(人´∨`)vV

さてさて、すっかり落ちてる晴美ちゃんですが・・・・潤子チンにリックのことを話すのか?!デス
潤子ちゃんがでてきたので次回も目が離せないっ
2006/11/08 07:21  | URL | 妙 #-[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
昨日は凄い風でしたねー!!
そちらは大丈夫でしたか?

久しぶりの登場ですね!!
晴美ちゃんの気持ち、凄くわかります。
待っている者は辛いですよね。
相手がどうしているのか?
見えないから不安になりますよね・・(ToT)

潤子ちゃん、マイペースですね~♪
晴美ちゃんに元気を分けてあげてください(^▽^)
2006/11/08 08:01  | URL | かんげつ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ひづきまよさん

こんばんはです(^0^)/

晴美ちゃんと潤子ちゃんを書くのは、番外編ぶりでしょうか、久しく書いておりませんでした。

リックの事を一途に待っている晴美ちゃんを書いてみようと思いまして、潤子ちゃんも一緒に登場させました。

相変わらずの潤子ちゃんのペースに呑まれてしまっております晴美。断りの話は、あっさりと却下され、潤子ちゃんが来る事に・・・。
ひづきまよさんの仰られた通りです(^0^)
今の晴美ちゃんは、一人で居るよりも、誰か話し相手がいた方が、良いと思いますので、潤子ちゃんの登場のタイミングは、助け舟になっていたりします。

もし、潤子ちゃんにゲルドリックが居候している事がばれたら、晴美ちゃん・・・、いえ、潤子ちゃんを含めた友達全体の一大事です。
何とかしなければ晴美ちゃん!

次回も、頑張ります(^▽^)つ


妙さん

先日は、忘れ去られようとしかかっておりました、潤子ちゃんのイラストを描いて頂きまして、有難う御座いました(^0^)
再登場させるキッカケを私に与えてくださいまして、感謝しております~☆

妙さんは、潤子ちゃんを気に入って下さって頂いているのですね。
重ね重ね感謝しております(^0^)♪

次回からは、また戦闘のシーンに移り変わってしまうのですが、晴美ちゃん側の流れも合間を見て、載せられたらと思っております♪

次回も頑張ります(^▽^)つ


かんげつさん

こんばんはです♪

昨日は、一時的に凄い突風が吹きましたね。
こちらの方は、木が少し揺らいだ位で済みました。
そちらは、大丈夫でしたでしょうか?

久々に、晴美ちゃんと潤子ちゃんの2人を、登場させて頂きました(^0^)
やはり、こういう時は、何をしても、集中でしませんね。
晴美ちゃんは、一人で気に留めてしまうと、リックを信じていない訳ではないのですが、悪い方へと、考えてしまうタイプですので、潤子ちゃんの登場のタイミングは、今の晴美ちゃんにとって、助け舟になりそうです。

リックの心配も然る事ながら、リックとの生活がばれてしまうかもしれないと言う状況に、晴美ちゃんの悩みが増えてしまいました(^^;)

次回も頑張ります(^▽^)つ
2006/11/08 20:49  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは☆-
Kikurageさん、こんばんは☆
いつも有り難う御座います。

晴美ちゃんと潤子ちゃんが登場すると
リックたちの戦闘シーンとは、また全然違う雰囲気ですね。
なんだかTVの学園ドラマのようで
ほのぼのしてしまいます(^^)

「信じて待つと言う事は不安と孤独との戦い」という言葉から、
晴美ちゃんの切ない心境が感じられましたが
潤子ちゃんの登場で、もしかして救われたりするのかな
って思ったり。。。(*^_^*)
リックとの同居がばれるのはマズイかもしれないけど。

次回も頑張ってくださいね(≧∇≦)ъ


2006/11/09 19:57  | URL | ひめ #0.2709HA[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは、kikurageさん。
潤子ちゃん登場しましたね。
掲示板で再登場要請が出ていたので、いつ登場するのかなと、とても楽しみにしていました。
一気に学園コメディーのような、雰囲気☆
潤子ちゃんのその明るさで、少しでも晴美ちゃんの心配が薄れればいいですが。
次回、楽しみにしています♪
2006/11/10 01:46  | URL | kazu osino #7av6LuR2[ 編集] |  ▲ top

--
ひめさん

ひめさん、こんばんはです(^0^)/
こちらこそ、有難う御座います~☆

今の所、晴美ちゃん、潤子ちゃんは、魔導使い達の世界とは、離れた普通の世界で過ごしております。
特に、晴美ちゃんと言うキャラクターの設定は、学生ですので、その視点で描ければと、気を付けながら、綴らせて頂いております。

今回の晴美ちゃんは、現場には行かず、待機と言うアウトサイド的なポジションにありまして、信じて待つと言う晴美ちゃんの重み、孤独さから来る切なさを出せたらと思っておりました。
展開的に、親友の潤子ちゃんの登場により、学生と言う一般的な生活の部分と、潤子ちゃんが、タイミングの良い助け舟になればと思いました。

唯一ネックなのは、潤子ちゃんに、リックの事がばれてしまう可能性がある事です!
果たして、どんな展開になるのかと言うところですね(^0^)

次回も頑張ります(^▽^)つ


kazu osinoさん

kazu osinoさん、こんばんはです(^0^)/

久しぶりの潤子ちゃんの登場です。
番外編ぶりでしょうか。

掲示板の方へ目を通して頂いてくれて、有難う御座います(^0^)
妙さんのイラストまで描いて頂きまして、再登場の案が浮かびました。

普段、魔導の戦いの多い小説の内容なので、こう言った、落ち着いた、現実味のある雰囲気も、大切にしたいと思いました(^0^)
相変わらずの潤子ちゃんのテンションに流されております晴美ちゃんですが、晴美ちゃんは、けして一人ではないと言う事を表す事が出来ればと思いました。

次回も頑張ります(^▽^)つ
2006/11/10 19:54  | URL | 匿名 #-[ 編集] |  ▲ top

--
すみません、匿名になってしまいました(^^;)
2006/11/10 19:55  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

-潤子ちゃん-
来ましたね。さすが押しがつよい!
こんな友達が一人はほしい!!
リックの心配した気持ちが潤子ちゃんが来ることで少しは落ち着くのかなぁっておもうといいタイミング☆でも家に来るのはちょっとドキドキですね!!
2006/11/11 14:23  | URL | アポロ #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは♪-
Kikurageさん、こんばんは♪
少しご無沙汰しました。

こちらもひさしぶりに、晴美ちゃんと潤子ちゃんの登場ですね!こういうインターバルがあるとなぜかホッとします。
晴美ちゃんに助け船を出すことになる潤子ちゃん、もしかしたら、以心伝心で晴美ちゃんは潤子ちゃんにヘルプの信号を送っていたのかも。なんて~、でも、私事、へこんでいる時、偶然、友達から電話やメールがあり、心が晴れることがあるのですね。

次回も楽しみにしてますv-254
今日もポチポチしまくって帰ります(*^_^*)
2006/11/11 18:08  | URL | Yuka #gK54MRCE[ 編集] |  ▲ top

--
アポロさん

アポロさん、こんばんはです(^0^)/

相変わらすの潤子ちゃんの強引なまでの性格です!
晴美ちゃんは、大人しい方なので、潤子ちゃんとは、丁度良い釣り合いの取れた関係と言えますね(^0^)

元気印の潤子ちゃん☆
晴美ちゃんの凹んだ気持ちに助け船と言うタイミングです~♪

そうなのです。唯一ネックなのは、リックの存在が露呈してしまう可能性がある事です。
一体、晴美ちゃんは、どうするのでしょうか!?

次回も頑張ります(^▽^)つ


Yukaさん

Yukaさん、こんばんはです(^0^)/
ご訪問&コメントを頂きまして、有難う御座います(^▽^)つ

張り詰めた戦いの多い内容の中、一時の癒しと申しましょうか、ほっと出来る場面です(^0^)

久しぶりの晴美ちゃんと潤子ちゃんの登場です♪
特に、潤子ちゃんは、番外編ぶりですね。
私も、仲の良い友達の間では、以心伝心、意思疎通が出来てしまう様な気が致します。
何となく、友達と会いたいなと思っていたら、その友達から連絡があったりと言う経験が多々あります。
不思議な物ですね(^0^)
やはり、持つべきものは、友ですね♪

次回も頑張ります(^▽^)つ
2006/11/12 00:27  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top

--
ゲルドリックさんたちの戦いと平行して、晴美さんの日常も続いていますね。
果たして彼女は、ゲルドリックさん達の戦いを如何にして知るのでしょうか?
次回の展開に期待します
2007/04/09 17:45  | URL | 要 #-[ 編集] |  ▲ top

--
要さん

おはよう御座います(^0^)

リックとリシェットの激しいバトルシーンから一転、リックが戦いに赴いた事を不安に感じており、勉強も身に入らない状態の晴美に潤子からの突然の電話で、普段の生活との狭間を体験している晴美は、少々辛い感じですね。
晴美のためにも、リックには頑張って欲しいものです☆
2007/04/10 08:22  | URL | Kikurage #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://title07.blog70.fc2.com/tb.php/85-34824f3a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。